取り敢えず、電子レンジを撤去してみた

XE1S2564.jpg
Before (炊飯器がなくても、写真の鍋で米を炊くことが出来る)

XE1S2566.jpg
After

普段のIHクッキングヒーター調理場所はBefore写真の通り。IHの電源は換気扇のところにぶら下げてあり、使う時に接続する形。

左側の棚の上に置くのは、鍋敷きぐらいにしておいて、まな板とフライパン蓋は使わないときは閉まっておくのが好ましいかも。ただし、フライパン蓋は拭いてしまえるが、まな板は乾燥させる必要性があるので、まな板立てに頼らない良い置き場を検討したいところ。調理中の具材を一時寄せることもできるので、使用時はここに出しておくほうが使い勝手は良さそうです。

電子レンジを撤去してみた (取り敢えずしまってみた) ものの、まだ温めが鍋類で代用できるかは確かめていないが、きっと問題は出ないと思う。電子レンジがなかった時代は蒸し器で代用していたらしいし、今まで頻度が少なかったから影響は限りなく少なそう。ゼロから最小限を見極めるうえで、最初から便利な道具を設置してしまってはその便利さを掴むことは出来ない。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ