宮島観光 後編 - りらっくま茶房 / 厳島神社 (広島)

DSCF9539.jpg

宮島には、りらっくま茶房があります。ブログには、最近書かなくなりましたけど、昔はリラックマが大好きで、実家には110cmのリラックマがいます。現在は新キャラわからずな感じですが、それでもかわいいなーと思います。

DSCF9540.jpg

お店奥のほうに、飲食スペースがあります。

DSCF9543.jpg
リラックマの穴子丼 (1,280円)。

DSCF9544.jpg

それっぽい雰囲気あるんだけど、メニューとはちょっと雰囲気違うかも? 量は女性向き少なめという感じだけど、想定していたよりは美味しい。

DSCF9545.jpg

宮島といえば厳島神社。

DSCF9549.jpg

大鳥居が大改修中ということをまったく知らず、この鳥居を楽しみにしていただけにちょっとビックリしましたね。。。

DSCF9547.jpg

DSCF9548.jpg

DSCF9550_201911182058422fe.jpg

歴史的なことにはあまり興味がないので、どこに鳥居が見えるのかな? と歩きまわっていたら、すぐに有料区域を出てしまうということに。

まあ、鹿も見れたことですし、良いでしょう。

DSCF9552.jpg

DSCF9553.jpg

温泉天国秋田が恵まれているのですが、源泉かけ流し・カランからもお湯が出る・350円程度で入浴できるという環境を他県で求めるのはかなり難しいです。

循環あり・加水あり・加温ありという厳しい条件ですが、日帰りで温泉に入れるところもあるので、旅のスケジュールに組み入れると、移動のスケジュールを自由に組むことが出来ます。宿を取らなくても、案外なんとかなるものです。

DSCF9554.jpg

帰りは、広電宮島口から広島駅方面へ。フェリー乗り場からすぐのところにあるので、JRを乗り継ぐよりも観光客にはこちらのほうが良いかも。

DSCF9555.jpg

広島ドラゴンフライズはバスケットボールチームのことらしい。

DSCF9556.jpg

広島電鉄宮島線、風情があって良い感じでした。

このページのトップに戻る

宮島観光 前編 - ロープウエー / サラスヴァティ (広島)

DSCF9476_20191112200729ae0.jpg

広島滞在2日目。この日は宮島観光と夜は飲み屋めぐり。

JR線のダイヤが乱れており、通常は広島駅からすぐ着くはずなのですが、かなり足止めをくらった感じですね。

DSCF9477.jpg

宮島に渡るにはフェリーの会社が二社ありますから、好きなほうを利用します。

DSCF9479.jpg

最初はJR西日本宮島フェリーに乗りましたよ。片道料金180円。

秋田の電車とかバスより安いのでは。。。利用される公共交通機関というのは値下げできるものなのだなぁという羨ましさ。

DSCF9481_20191112200734225.jpg

フェリー乗り場のあたり工事していましたね。朝からおつかれさまです。

DSCF9483.jpg

客室はあるのですが、所要時間約10分なのであっという間です。

DSCF9486_201911122014116f7.jpg

DSCF9484.jpg

かわいいですね。自分好み。

DSCF9487.jpg

船内に自販機がありますが、陸地とそこまで変わらぬ良心価格。

DSCF9493.jpg

フェリーの本数が多いので、横を通るのを目にすることが出来ます。

DSCF9494_20191112202112b7d.jpg

さすが有名観光地。朝から人がたくさんです。

DSCF9495.jpg

乗ってきたフェリー。

DSCF9496_20191112202116cd9.jpg

車で来ても、道が狭すぎて観光には使えないので、人だけ移動するのが基本のようです。

DSCF9497.jpg

DSCF9500_20191112202121dad.jpg

宮島側。もう一つの会社は、宮島松大汽船というらしいです。広島電鉄グループの海運会社。

DSCF9501.jpg

大きい鳥居がある というくらいの知識で来たのですが、宮島は鹿天国です。どこに行っても野生の鹿がいるので、食べ物持って歩くと、気をつけないとまわりを囲まれます(笑)

DSCF9502.jpg

さっそく目的地に向かって徒歩ナビしてたんですが、実は徒歩ナビの行き先が間違っていることにはこのときには気付かず。

DSCF9503.jpg

へーロープウェイなんてあるんだねーと目的とは違うのでなんとも思わず。あ、ロープウエーですね。

DSCF9504_20191112202522c38.jpg

随分変なところにお店があるんだなぁと思ったら、ナビが終了。ここで、ルートが間違っていることに気付く。なんだか、せっかくなのでロープウエーに乗ってみることを思いつく。

DSCF9506.jpg

案外急な斜面なので登るのは大変そう。と、思ったらどうやら街からバスが出ているらしい。それでも、足腰悪い方には少しツライ道ではあるかなぁ。

DSCF9509.jpg

ロープウエーは往復1800円。少し高いけども、まー許容範囲。途中乗り換え場所があるのですが、最初の乗り場は一人観光であれば一人でロープウエーに乗ることが出来ます。贅沢貸し切り。

DSCF9515.jpg

広角レンズを持ってないので広さがお伝えできませんが、綺麗です。

DSCF9523.jpg

一つの動力源で斜めに力を変換することで動かしているのかな? ロープ2本であんな不安定な乗り物を安定させる仕組みもスゴイよなぁと、観光とは関係ないところで脳内フル回転させてしまう変な人。

DSCF9525.jpg

乗換駅は、榧谷駅。

DSCF9530.jpg

ロープウエーを降りますと、すぐ左側に展望スポットがあります。山頂まではここから徒歩30分程度ということでしたが、長期旅行スケジュールで体力消耗を避けたかったため、展望スポットからの眺めを楽しんで戻りました。

DSCF9533.jpg

ロープウエーを降りたあと、本来行くはずだった目的地へ。なんと、最初に通ってトンネルのすぐそばがお店だったので徒歩で通り過ぎていました。

お店の名前は、サラスヴァティ (sarasvati)。朝早くから開いているカフェですが、食べたいと思っていたパスタはどうやら昼限定のメニューだったようで、ロープウエーに乗っていなければきっと食べれていませんでしたので、スケジュールが変わってある意味ラッキー。

DSCF9534.jpg

DSCF9535.jpg

ランチタイムまで少しはやかったので、チーズケーキ (600円)を先にいただきます。コーヒーはランチのパスタセットについてくるものを先に出してもらいました。

DSCF9537.jpg
宮島牡蠣と牛肉のパスタ パン・コーヒーセット (1,200円)。

パン専門店ではないのに、パンがめちゃくちゃ美味しくて、これ単品でもかなりイケるのではと思いました。

DSCF9538_20191112204424200.jpg

自分は詳しい味付けはわかりませんが、濃厚な雰囲気がある今まで食べたことのあるパスタとはちょっと違う感じ。美味しかったなぁ。


後編に続く

このページのトップに戻る

第17回目 町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ (2019 / 広島県竹原市)

(イベントフォトのため人が写っております。肖像権等問題ございましたら、コメント欄にてお知らせください)

DSCF9426_201911101051560ec.jpg

北九州から広島に新幹線で移動したあと、すぐに向かったのが竹原。町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~。イベント中は、芸陽バスのかぐや姫号が増便しています。

ネット上では情報拾いにくいのですが、交通系ICは全国相互利用が出来るようで、Suicaでも問題なく乗ることができました。

DSCF9427_20191110105157a91.jpg

ここ、竹原はアニメ「たまゆら」の聖地としても知られています (既に作品としては完結)

実際のアニメ内でもこのイベントのことが取り上げられおり、美しさを体験してみたいということで、行ってみることにしました。


たまゆら~卒業写真~第4部 朝-あした-(予告編)

DSCF9428_20191110105159d2f.jpg

聖地巡礼については、ファンの方が詳しく説明されていると思いますし、自分の場合はイベントに来てみたかったということなので、そのあたりについてはあまり深く追っていません。

実際に現存する写真館。ぽってが、通っていた場所ですね。このあたりは、町並み保存地区になっているようで、古くからの建物がたくさん残っているようです。

DSCF9432_20191110105202b2d.jpg

まだ、明かりの点灯までははやいということで、腹ごしらえ。

酒蔵そば処 たにざき。藤井酒造の蔵の中にあるそば屋ということなのですが、旅行前の事前下調べではまったく検討しておらず、なんとなく寄ったお店。

イベント限定メニューということで、天ぷらメニューなどはやっていないとのとことで、おおざる (900円)を選びました。

DSCF9431.jpg

今回は広島のお酒を楽しむたびということで、お酒も一緒にね。

DSCF9433.jpg

龍勢 冷やおろし 八反 特別純米酒。八反35号を100%使用。

広島は、自分が好きな酒造好適米の八反錦の産地でもあり、なぜ自分が八反錦のお酒を好むのかということに近づくというのも今回の目的のひとつでした。この時点では想像していませんでしたが、この次の日に運命的な出会いをすることになりました。

DSCF9436.jpg

そばを食べたあとに、会場へ向かったら美味しそうな唐揚げがあるではありませんか。

DSCF9435_201911101107144f8.jpg

世羅産米粉を使った唐揚げ、とても美味しかったです。 (買ったあとに袋の中を撮ったものは手ブレで掲載できず。。。)

DSCF9437.jpg

ああ、美しい。

DSCF9439.jpg

暗くなってきたら、少しずつ明かりをつけていくようですね。

竹って秋田ではほとんど見ることがないので、見るだけで未知のものに触れ合っている感じがしてワクワクします。

DSCF9442.jpg

暗くなってくると、人がどんどん増えてきますね。

DSCF9445_20191110111410619.jpg

先ほど食事をした龍勢の蔵の前にある酒瓶が良い味を出しています。

DSCF9447.jpg

とてもシンプルな光ではありますが、こういうのが大好き。

DSCF9448_20191110111414a60.jpg

良いですね。

DSCF9449.jpg

通りとしてはそこまで長くありませんが、素敵さが密集されている感じで楽しめます。

DSCF9450_201911101119003aa.jpg

ここは、個人宅の庭なんでしょうか? すごく隠れ路地的な場所で、みんな楽しそうに明かりを見ていました。

DSCF9454.jpg

いいね!

DSCF9455_2019111011190318a.jpg

竹ってすごくしなるんですね。

DSCF9457.jpg

面白いデザインのもたくさんありました。

DSCF9456.jpg

肖像権的にNGっぽい写真ですが、あまりにも楽しそうだったので。そうだよね、こういう光見てると楽しいよね。

DSCF9458_20191110112213d9e.jpg

芸術作品だよね。

DSCF9461_201911101122144c4.jpg

登らなかったけど、この上側綺麗にライティングされているようでした。

DSCF9464.jpg

短時間でしたが、良いものを楽しめました。

DSCF9474.jpg

臨時バスで、白市駅まで。あとはJRに乗り換えて広島駅に戻ります。

DSCF9475.jpg

宿は、広島駅前のカプセルホテル広島のお宿。とても綺麗でした。

このページのトップに戻る

紅虎餃子房 の 豚キャベツ味噌炒め / 鉄鍋棒餃子 (北九州)

DSCF9409_20191110102216ef7.jpg

旅行日程二日目。朝はやく夜行バスで東京につく便を選択したため、朝はやくの飛行機に乗ることが出来ます。

北九州空港へ行く、ANAとの共同運航便のスターフライヤー。

スターフライヤーは機内設備がよく、こんな便に乗れるのであれば飛行機にお金を払っても良いなぁと思えるくらいでした。秋田から東京便だと機内設備があまり良いとは言えないため、あまり乗ってよかったという感じがしないのです。

とはいえ、今回はマイルを使ってのフライトだったので、フライト料金は無料。もう、マイルは貯める予定はないため、今回が最後の無料フライトでしょうね。

DSCF9414.jpg

北九州に飛んだのは、メインカードとして所有していた、エポスゴールドカードを、JQカードエポスゴールドに切り替えをするため。JQカードは九州でしか発行していないので、切り替え手続きをするにも九州に行く必要があります。今回の旅行は広島メインだったため、九州内で一番本州に近い場所ということで選んだのが、北九州でした。

JQカードのポイントはTポイントに交換できるのですが、エポスゴールドではそれが出来ません。現在のポイント運用の要となるのが、いかにTポイントを増やすことが出来るかなので、このルートが確保できることはとても大事なのですね。


無事数十分で切り替え作業が終了して移動の新幹線まで時間が余ったので、アミュプラザ小倉内にある紅虎餃子房でご飯を食べることに。ちなみに、秋田市にも店舗があるので、別に珍しいわけではありません。

DSCF9418.jpg
豚キャベツ味噌炒め (ホイコーロー) + 半チャーハン (980+450円)。

中華料理屋や、食堂で慣れていると少し高めの料金設定に感じます。

DSCF9421_20191110102222350.jpg
鉄鍋棒餃子 (3p / 420円)。

これがお店の名物だとか。

DSCF9425_201911101022236b5.jpg

結構じゅわーっとしますね。美味。

このページのトップに戻る