MIX - Drivin' 43

『好きなソウルフルハウスの匂いっていうのは、アーバンなジャムセッションって感じの雰囲気がするもの』

前にツイッターで呟いたことですが、歌モノばかりだった昔よりも最近ではインスト系のハウスを好むようになっている気がします。心地よいグルーヴを感じられる音楽を今回も繋いでみました。70年代ネタ多め。

皆様よろしければ聞いてみてください。

-------------------

各曲の視聴はTraxsource等にリンクを貼ってあります。トラックリストは次の通り。

1. Snowman Rejam - Delfonic & Kapote (2022)

インスト曲。Delfonic & Kapoteは激ヤバなエディット物をたくさんリリースしていますね。本当に選曲センスが良いです。1979年リリースのB. Baker Chocolate Co.のSnow Blowerというジャズ・ファンクから。ギターに、サックスに、オルガンソロに。こんなの気持ち良いに決まっています。

2. Spiral - The Crusaders (1976)

インスト曲。何を血迷ったか、ジャズ・ファンクをソウルフルハウスMIXに入れてしまう挑戦をしました。The Crusadersは日本ではStreet Lifeが有名だと思いますが、自分はSpiralやSweet n' Sourが好きです。この曲のギターはLarry Carlton、キーボードはJoe Sample。

ハウスMIXに入れるということで、かなり原曲よりテンポはやいですが、聞き慣れると心地よいテンポかと思います。これまでもかっていうくらい聞かせてくれるギターソロに少しギンギンした感じのエレピソロほんとタマランです。


Spiral Live at Montreux in 1976

動画でいえば「1:15~」、MIXでいえば「9:00~」の部分の神オシャレなフレージングどうやったら思いつくのっていうくらい好きです。

3. Song for Unity (Song for Unity Nu Ground Foundation US Garage Mix) - Pattern 1 (2021)

インスト曲。スラップベースがバッチバチな大変オシャレなコード進行の曲。前の曲がテンポ揺らいでいて、テンポアップしています。繋ぎにくいですが、Love ToolsのNu Ground Foundationリミックスもオシャレです。

4. You Got Me (F & B Extravanganza Mix) - Antonello Ferrari & Aldo Bergamasco ft. Storm Marrero (2016)

女性ボーカル。オルガン薫るファンキーハウスなトラック。Antonello Ferrari & Aldo Bergamascoは良いリミックスたくさん作ってます。

5. Boogie Monsta - Moodena (2019)

インスト曲。大変力強さを感じるファンクチューンを4つ打ちに。でも、隠しきれずファンクのハネ感出ちゃうのすごく好き。

実はこのトラックもThe Crusadersで、Stomp And Buck Dance (1974)という曲です。Moodenaのハウストラックはどれも好きなんですが、多分自分の好みと似ているグルーヴ感なんでしょうね。


The Crusaders - Stomp And Buck Dance

6. Don't Be Afraid - DJ Spen, Ziggy Funk, Gary Hudgins (2014)

インスト曲。ピアノがメロディーを取り続ける少しゴスペル風なテイストも感じるDJ SpenのアルバムTransitionからの一曲。タワーレコードでのアルバムレビューではこの曲をフロアキラーと書いていますが、とてもわかります!!

7. Roger Moore's Living Room - Roland & Brother Rich (2022)

インスト曲。ピアノの流れをそのままにラテンに展開させていきましょう。MoodenaとSartorialのレーベルTROPICAL DISCO RECORDSから。スムース・ジャズピアニストGregg KarukasのRio Driveをハウスビートに。元々スムース・ジャズが好きなので、Gregg Karukasというだけでとても嬉しいのです。ピアニストでいえば、Bob Jamesも大好きです。

8. Felicidad (JJK Reversoul Dub) - Mambana (2005)

女性ボーカル。このトラックはJJK Reversoul Vocalというリミックスがあってボーカル物なのですが、それのDubです。現在はDubはデジタルで販売されていないようでかつてはSoulfuric Traxからリリースされていました。John "Julius" Knightがリミキサーだから「JJK」ですが、このリミックスの他にもRasmus FaberやAxwellのミックスもあります。

9. I Think I'm Falling in Love (Matt Early Soulful Remix) - MATT EARLY, Lee Jeffries, Otis Corley (2021)

男性ボーカル。前の曲のFelicidadの印象的なメロディーを合わせて歌ってみるとバッチリ合うんですが、同じ明るい楽曲でも色々なコード進行があってハウスって面白いなぁと思います。元ネタは、Leroy Hutsonの1976年の同曲。心地よいメロウグルーヴなソウルですねぇ。

10. Affirmation (Mark Di Meo Live Uptempo Mix) - Sergio D'Angelo (2021)

インスト。ギターが心地よく鳴り続ける名曲。Jose Felicianoが1975年にリリースしたAffirmation。翌年George Bensonがカバーして大ヒットしました。


Nujabes - Counting Stars


George Benson - Affirmation (Live Montreux 1986)


荻原亮(G)・堀井慶一(B)・橋本現輝(Dr) / Affirmation

愛されている曲ですよね。哀愁的な雰囲気が本当に心地よい。

11. Butterflies (Live Version) - Reel People, Vanessa Freeman (2021/Remaster)

女性ボーカル。オリジナルのボーカルはDyanna Fearonですが、Live VersionのボーカルはVanessa Freemanです。アルバム「Second Guess」がリリースされたのは2003年のことで、実はこのLive Versionは存在を知らなかったのです。多分2006年のSecond Guess (Live Sessions)に収録されているトラックのリマスターだと思うのですが、リマスター版がリリースされたことで、名曲の別のバージョンにたどり着けたのは良かったです。オリジナルのDrum ProgrammingはPhil Asher。


MIXをストリーミングする (※ダウンロード制限回避)

MIXをダウンロードする (132MB / 57分44秒)

このページのトップに戻る

煮玉子自動販売機 弘前の煮玉子屋

DSCF0347_20220513083544f99.jpg

1月。ヤオハチスパイスが気になって行きました。

スパイスカレー専門店かと思いきや、色々なお弁当を売っているようで、お店のスタイルを勘違いしていたことに気付きました。お弁当の写真がなぜか消えてしまっていて、載せられないのが残念。

(記事投稿後追記)
どうやら訪問の1ヶ月ほど後に閉店してしまったようです。もしかしたら煮玉子の自販機も撤去されているかもしれませんので、この記事は1月時点での参考程度にしてください。

(さらに追記)



別のお店が現在は入っているそうですが、自販機は稼働中とのことです。ありがとうございます。

DSCF0348_20220513083549328.jpg

DSCF0349_20220513083549ccd.jpg

ヤオハチスパイスの店舗横には弘前の煮玉子屋の自販機があります。3個200円と気軽に買いやすいですね。

今では色々な場所で目にするようになった弘前の煮玉子屋ですが、煮たまご&おかず屋 レタス★キッチンとして営業されていたときから知っているので、なんだか嬉しい限りです。

DSCF0353_20220513083549cca.jpg

とても美味しいのです。


自動販売機でいえば、最近地元に出来たコインランドリーのところに牛タンの自販機が設置され、話題となっているようです。一人暮らしでも食べやすい量とのことで、若干気になっています。

和顔の牛タン&焼肉の冷凍自販機|中川石油株式会社
https://nakagawasekiyu.co-site.jp/wagen/beef.html

このページのトップに戻る

おいしい焼肉 みなみ亭 の コースメニュー (弘前)

DSCF0341_2022050720102514c.jpg

正月くらいの写真なので、雪が積もっています。

お久しぶりに会う方と焼肉を。

DSCF0342_20220507201026b65.jpg

DSCF0343_20220507201028080.jpg

DSCF0345_202205072010297b1.jpg

DSCF0346_20220507201031b01.jpg

写真はコースメニューですが、美味しいお肉がたくさん出てきます。焼き方にこだわりのあるお店の方なので、レクチャー通りに焼いてみてくださいね。

予約は必須ではありませんが、予約したほうが確実だと思います。

このページのトップに戻る

Alex Parchment - Love Come Down / AP.Chemistry - Hot Music / This Is Hot - Geoffrey C


Alex Parchment - Love Come Down (Evelyn Champagne King)

Evelyn Champagne Kingの原曲がイメージがかなり強いせいか、カバーもそのオリジナルに寄せたものが多い中、かなり今風のダンサブルなアレンジがされていて、とても良いですね。

スムーズジャズのノリなのに、随分ハウスっぽいなぁと思ったんですが、アレックス・パーチメントどうやらDJもやるようでその影響のせいなのか、かなりそれっぽいトラックです。


AP.Chemistry - Hot Music- 2.10.18 - YouTube

ハウスの世界でも根強い人気のあるSoho - Hot Music (Jazz Mix)を生で演奏しまっています。かっこよすぎる。

現在はソロで活動されているそうですが、AP.Chemistryというグループにいたときの演奏のようです。


This Is Hot - Geoffrey C

ここ最近unquantizeから、激アツなネタモノとしてもリリースされましたよね Hot Music。

このページのトップに戻る