友人と そらにほし へ (鹿角 / 花輪)

PSCF0297.jpg

友人と花輪の名店、そらにほしに。

日本酒を多く取り扱う店ではあるけれども、日本酒の瓶の量をしっかり調整していて、お店の中で一定のペースで新しいものと入れ替えるようにしているのは、常に適切な状態で提供したいという表れだと思います。

日本酒をたくさん置けば人が来るだろうというお店は最近まったく惹かれず、このような理解のあるお店に行きたくなりますね。

PSCF0298.jpg

粕汁。美味しいんだこれが。

PSCF0299.jpg

PSCF0301.jpg

実に1年ぶりくらいになりますが、相変わらず素敵な雰囲気と、美味しい料理は変わらずです。至福の一時ですね。

PSCF0303.jpg

お通し。

20代のときは、料理の美味しさばかりに着眼していましたが、最近だと仲の良い友人らとご飯を一緒にしたり、その時間が楽しいことを重視するようになっている気がします。

相手は自分とは違う、それを尊重しあえる関係性が心地よいんですね。

PSCF0304.jpg

天ぷらも美味しいです。

PSCF0305.jpg

PSCF0306.jpg

なんだかんだでここ2ヶ月くらい豊盃を飲む頻度が高いですね。行く先々で豊盃ばかり置いている気がします。

このページのトップに戻る

四季の味 いさわ屋 (東京都足立区関原)

PSCF0136.jpg

完全に地元ローカルな居酒屋なので、地区に住んでいない人が本来フラフラたどり着くところではないと思います。でも、たどり着いちゃうし、行きたくなっちゃうんですよね。

1月に行ったときのこと。そのときにはこんなにコロナが広がっているとは想像していませんでしたね。

PSCF0137.jpg

PSCF0138.jpg

PSCF0139.jpg

PSCF0140.jpg

まだ1月なので白子がある。3月ですと少し時期が合いませんね。

PSCF0141.jpg

PSCF0142.jpg

PSCF0143.jpg

こじんまりとした感じのお店、ほんと良いですね。

このページのトップに戻る

Suyoung Kim - Is Someone On Your Mind?

この曲大好きで、ブログに紹介してたと思ったら、どうやら載せていなかったようです。


[Audio] 김수영 (Suyoung Kim) - '좋아하고 있나요 (Is Someone On Your Mind?)'

김수영 Kim SuyoungのIs Someone On Your Mind? 좋아하고 있나요 - Amazon.co.jp



アコースティックな雰囲気なのに、どこか黒っぽさがただよう、ナイスな楽曲。


[Live] 김수영 (Suyoung Kim) - '좋아하고 있나요' (Acoustic ver.)

綺麗な夜景をバックにアコースティックで歌うこのライブ動画すごくカッコいいです。


200324 김수영 데뷔 1000일 기념 인스타라이브 - YouTube

ギター間違えて誤魔化してるのがかわいい。


[온스테이지2.0] 김수영 - 비워내려고 합니다

最近ONSTAGEにも動画上がってましたが、かっこいい。ONSTAGEって「NAVER」が企画しているライブちゃんねるのようですね。このチャンネルチェックするだけで、技術あるアーティストにたくさん出会うことができます。

このページのトップに戻る

ブログを書き始めて15年になりました。

2005年3月25日から書いているブログなので、本日2020年3月25日でちょうど15年。

書いている本人は、何も苦痛に感じず文章を残しているだけなので、15年が大変だったという感覚はありません。15年書いた間に蓄積された記事のおかげで、過去の自分と比べて、今の自分が大きく成長したことを感じ取ることができるのは、"自分自身にとって"価値のあることではないでしょうか。

ブログというメディアは衰退方向へ動き、今後トレンドがまたブログに戻ってくることは考えにくいでしょう。書くのは普通の人にとっては面倒だし、受け取る側としても動画メディアのほうが楽しめるという方も多いのではないでしょうか。でも、自分は書くのも読むのも今でも大好きで、ブログというツール自体が好きなんでしょうね。

その人の一面が垣間見えるブログというツールから、画面の先にいる人のことを想像するという感覚のワクワク感。これは何年たっても自分の中では興味あることで、今後も興味を持ち続けるでしょう。


数年前に一人暮らしをはじめて、何もが時間を短縮できることではないということを考えるようになりました。時間がかかることには理由があって、その時間を新しい技術やサービスを使うことで結果を受け取るまでの時間を短縮できたりする。でも、そのサービスを使う上で、なぜ昔は時間がかかっていたのかがわからないと、本当の価値というのはわからないと思うのです。

ブログは遠回りかもしれませんが「考える」機会を与えてくれて、当たり前に埋もれて気づかなかったことを再認識させてくれる。
誰かのレコメンドだけで生きるよりも、自分自身で考えて納得して生きていきたい。

日々の「なぜ」を大事にして、色々な視点から考え、結果を取捨選択するのにブログは今後も役に立つでしょう。


これからも変わらぬスタンスで書いていきますので、よろしくお願いします。

このページのトップに戻る