第4回 北秋田美食LABO @コムコム調理室 (鷹巣 / 北秋田)

DSCF3520_20201202115432c1e.jpg

料理研究会である「北秋田美食LABO」。第4回目の開催は、2020/11/18。

秋田県では「ヤーコン」という食材を育てている農家の方が結構いるようなのですが、あんまり地元でも知名度が高くなく、調理法がわからないということだったので、研究会で実験メニューを作ってみることに

左側がさつまいも。右側がヤーコン。

10月~12月が旬で、ダイエット食材としても人気があるようです。食感は個人的には、れんこんのような感じ、独特の甘みが強いと感じました。炒めてもシャキシャキ感がまったく損なわれない不思議な食材です。

DSCF3521_202012021154349bb.jpg

今回は、ムカゴという食材も使ってみることになりました。

山芋の葉の付け根にできる球芽のことのようで、実は食べられるのに気づかず捨てられることも多いのだとか。秋田県内の道の駅で稀に見かけることもある程度のようで、知名度は低いと思われます。でも、食材のことを知っている地域の方々は、いろいろな調理方法を知っているんでしょうね。

DSCF3519_2020120211543070d.jpg

誤って、山で収穫後にそのまま放置してしまったなめこ。

自分は売っているなめこしか見ることがなかったのですが、なめこは水分が多いため収穫後にすぐに洗わないと、ご覧の通りカピカピになってしまうようです。

DSCF3525_202012021154387a0.jpg

で、それらの材料を並べたのがこちら。

写真の中でも手前側に置かれた阿仁みそが目立ちますね! 

秋田出身の演歌歌手 藤 あや子さんのブログでも紹介されている秋田県内産大豆使用した添加物を使用しない美味しい味噌です。

DSCF3526_20201202115440262.jpg

なめこは味噌汁へ。美味しい料理の王道ですね。

DSCF3529_202012021239242b0.jpg

ムカゴとさつまいもは生姜と一緒に炊き込みご飯に。塩、お酒、出汁だけでシンプルに。

DSCF3530.jpg

その間に、ヤーコン入の酢豚を作っていくことに。酢豚って自分中華的な調味料がドバドバはいると思っていたんですが、案外和風な調味料だけで出来るとしって驚きました。

小麦粉をまぶした豚肉を先にあげることで、フライパンにいれたときに味が染みやすくなる+水溶き片栗粉のかわりになってトロミがつくという効果があるようです。

素揚げした食材にソースを絡めるレシピのほうが一般的なようですが、この考え方もありだなぁと思いました。

料理って正解があるようでないと思うので、それぞれの違いを楽しみながら、最終的に美味しく食べられたら素敵ですよね。

DSCF3533.jpg

ヤーコンを炒めていると少し透明がかったような感じになって、じゃがいも?という風に思えるのですが、実際にシャキシャキ感は残ったままですし、食べてみると甘いので脳が混乱してきます。

DSCF3534.jpg

味付け。酢は結構いれても大丈夫そう。
この研究会のメンバーは、自分も含め野菜はクタッと派らしいですよ。

DSCF3535.jpg

そんなことをしている間に炊き込みご飯ができました。とても良い香りです。

DSCF3536.jpg

こんな感じで出来ました。

・ヤーコンとサンマ缶のサラダ
・ヤーコンの酢豚
・ムカゴとサツマイモの炊き込みごはん(2合)
・天然原木なめことネギのお味噌汁

サンマ缶は味付きのものを使用しましたが、結構ヤーコンの甘みの癖が強く酢を多めに調整しています。酢豚もそうですが、ヤーコンと酢は相性が良いかもしれませんね。

DSCF3538_2020120212482057e.jpg

DSCF3539_20201202124819981.jpg

DSCF3540_20201202124838778.jpg

DSCF3541_20201202124834347.jpg

毎回色々な発見があって楽しいですね。

127238475_10221828916305946_4794357684408670018_o.jpg

最後に告知。自分は参加できませんが、北秋田美食LABOが上小阿仁・大館の地域おこし協力隊の方々とコラボしてイベントをおこないます。

テーマ
『はじめてのクリスマスケーキづくり』
〜パティシエに教わる食用ほおずきのブッシュ・ド・ノエル〜



食用ほおずきの生産者とパティシエ、そして美食LABOがコラボとなります。詳しくは、ポスター記載のメールアドレスまで。

このページのトップに戻る

冷凍スペースが3段  冷蔵庫 ハイアール JR-NF148Bを購入

DSCF3544_20201202112010f4f.jpg

冷蔵庫を買い替えました。ハイアール JR-NF148B。

最近は外食をかなり控えているので、貯蓄に励む一方、やはり何かにお金をつかたいという欲はありまして、冷凍野菜があると生活スタイルが変わりそうだったので、購入しました。

基本的にミニマリストなので、所有物の総量は増えないのですが、物は定期的に入れ替えを実施しているので、2020年に購入したものでも結構な量があるかもしれませんね。

DSCF3548_20201202112014b41.jpg

冷蔵スペースは、148Lのうち94L確保されています。以前の冷蔵庫は75L (※冷凍スペースも含む) だったので、だいぶ大きくなったように感じます。LED照明は寒色。

冷蔵庫ドアには開けやすいように段差がつけられており、他社の冷蔵庫とも比較しましたが一番開けやすいデザインに思いました。

冷蔵庫背面は一定の距離を壁からあけるように設計されていますが、冷蔵庫背面上部にスペースを確保できる突起がついており、そのまま考えずに設置させればよいというのは考えられていますね。突起中央部はケーブルを通せるスペースになっているので、ゴチャゴチャしません。

DSCF3549.jpg

冷蔵庫スペース奥には、冷蔵・冷凍それぞれの温度調整のノブがあります。

DSCF3547_20201202112013b43.jpg

この冷蔵庫の特徴として、冷凍スペースが3段の引き出し式です。深い部分には冷凍食品が立てて入れられるのではないでしょうか。スペースを最初から仕切られていることで、整理整頓がしやすそうで、食材を忘れるということもなさそうですね。

機能性だけに目がいきそうですが、ドアに描かれているNO FROSTの周りのマークがかわいい。以前の冷蔵庫は霜取りを自分でおこなう、直冷式タイプ。今回のモデルは自動霜取り機能がついているため、手間がありません。

DSCF3550_2020120211201819e.jpg

ちゃんと2020年モデルが届きました。

ケーズデンキのWEB点で注文しましたが、基本設置は無料。都合が良い日をメールで返信し、前日に業者と納入時間を確認、当日対応という流れでした。配送当日は搬入経路を確認し、トラックから降ろし搬入、その後コンセントを指し動作確認、諸説明までで10分で終わりました。

プロの設置ははやくて素晴らしい。

配送場所によっては、ネットで購入した商品の設置に対応していないことがありますので、事前に調べたほうが良いですね。

DSCF3551.jpg

今まで使っていた、ハイアールのJR-N75Aは設置当日に中古市場に旅立ちました。今までありがとう。

このページのトップに戻る

自炊 : ナスと長ネギの麻婆茄子

DSCF3447_202012021107117d9.jpg

なすは美味しいものですが、調理する際に火を通す作業が面倒です。たまたま料理の話をしているときに、冷凍野菜は便利で活用するととても良いという話になったので、調べてみると "素揚げされた" なすが既に売っているのですね。

これはとても便利です。

DSCF3452_20201202110712de6.jpg

中華系の調味料は持っていても一人暮らしだと使いきれずスペースも取ってしまうので、Cook Do® 麻婆茄子を使用します。基本的にCook Doシリーズは辛味が少ないので、好みに合わせて辛味を調整したほうが良いですね。

長ネギが余っていたので、ピーマンや人参の代わりに投入しましたが、これが美味しいのですよね。

簡単にできるのでかなりグーです。

このページのトップに戻る

自炊 : 銀座やまの辺 山野辺シェフ の 基本のチャーハン

DSCF3444_20201202105901ef9.jpg

Youtubeでいつも見ているChef Ropiaさんの動画で紹介されていた銀座やまの辺 山野辺シェフのチャーハンの作り方で、自分でも試してみました。

とても理にかなった手順になっていて失敗しませんし、本当にパラパラしっとりで美味しく出来ました。ご飯に入れる塩は多めにしないと味がぼやけてしまうので、しっかり目につけると本当に美味しいのではないでしょうか。

素晴らしい動画です。


山野辺シェフ直伝【基本のチャーハン】基礎を固めたいならこの動画!

このページのトップに戻る