MIX - Drivin' 39

グルーヴあるハウスが大好きなのですが、グルーヴという一つ取っても、いろいろな形のグルーヴがあると思うのです。最近は出かける機会も少なく身体を動かす機会も減っていると思いますので、グルーヴの山と谷を作りながら作ってみました。今回は日本人アーティスト多めですね♪

ついにMIXシリーズも30番台最終の39作目。10年以上MIXコツコツ作ってるとここまでの数になるものなのですね。

ハウス好きの方に届きますように。

-------------------

各曲の視聴はTraxsource等にリンクを貼ってあります。トラックリストは次の通り。

1. Colors Of The Universe (DJ Spen Muiti Colored Music Mix) - Namy (2017)

Namy
Colors of The Universe
Produced Arranged and Written by Namy
+Remix Produced by DJ Spen & Reggie Steele
+Additional Keyboards by Reggie Steele for Steele Productions
+Drums, Mix Down & Mastering by DJ Spen
Sean Spencer & Thommy Davis Executive Producers


インスト曲。ディスコ的なビートが心地よい一曲。Namy (a.k.a. Yutaka Takanami)の活躍はKing Street Soundsから多くの楽曲をリリースしており、海外でも通用するグルーヴィーなハウスを作り上げており、尊敬するアーティストの一人です。

2. No Pressure (Original Mix) - Fuminori Kagajo, Angela Johnson (2020)

Music by Angela Johnson, Takuto Kudo & Fuminori Kagajo
Lyric by Angela Johnson

Vocal : Angela Johnson
Programming : Fuminori Kagajo
Piano & Electric Piano : Takuto Kudo
Guitar : Kenji Narumi
Bass : Tsutomu Aoki
Trumpet : Yasunori Sugo
Alto Sax : Kengo Ono
Trombone : Natsumi Itabashi
Horn Arranged by Kengo Ono
Vocals produced and arranged by Angela Johnson


女性ボーカル。数多くの日本人プレイヤーの方が関わった、アシッドジャズ的なテイストが心地よいハウス・ミュージック。Fuminori Kagajoは、ディープ・ハウスをメインに作る方だと認識しておりますが、今作のようなサウンドを聞くと、一つのジャンルに留まらない幅の広さを感じることができますね。

実は前の曲のドラムスをループさせて曲中ずっと引っ張って重ねています。

3. Feel The Real (Micky More & Andy Tee Classic Mix) - Incognito (2021)

Written by David Bendeth;
Original Music Produced by Jean-Paul Maunick aka Bluey;
Remix & Additional Production by Micky More & Andy Tee;
Vocals: Imaani;
Rhodes: Tom O'Grady;
Guitar: Francisco Sales;
Bass: Francis Hylton;
Trombone & Brass Arrangement: Trevor Mires;
Saxophone: Andy Ross;
Trumpet: Ryan Quigley.
Mixed & Mastered at Melody Makers Recording Studios (AN) Italy.


女性ボーカル。2016年発表の「Incognito Play Jazz Funk Classics」というアルバムに収録のFeel The RealをMicky MoreとAndy Teeがリミックスしたトラック。実はIncognitoによるプレイもカバーで、オリジナルはDavid Bendethによる1979年リリースの同タイトル曲。Brian TappertとRoy Grantによるデュオとして知られるJazz 'n' Grooveにもハウスアレンジがされています。

ブラスとドラムのフィルインで前の曲から転換。

4. Satisfy - Dj Meme, Inaya Day, Aline Rocha (2020)

女性ボーカル。ブラスとカッティングとベースが混じり合う、グルーヴィートラック。Inaya Dayといえば、Mousse T. のHoneyが自分の中では印象に強いですが、20年以上ボーカリストとして活動し続けているのがカッコいいですね。

5. F.A.K. (Main Mix) - DJ Gomi, Antonio Hart (2020)

Produced by DJ Gomi
Written by Kazuhiko Gomi & Antonio Hart
Executive Producers: Kenny Dope & Tracy "Treydawg" Moralez


インスト曲。前の曲のブレイクに攻撃的に重ねたのはこの曲。ドライブ感のあるトライバルなビートに、グイグイ乗ってくるサックスが耳に残る一曲。基本ビートで追う感じのグルーヴであるのに、途中曲が展開して、心地よいコード進行に変化するのがたまらないですね。

6. Disco Dust Special (Original) - Marc Cotterell (2021)

インスト曲。前の曲を長く引っ張って重ねています。とてもかっこいいディスコ系Jackin House。Marc Cotterellは最近チャート等でもよく目にしますが、グルーヴをとてもわかっているアーティストだと思います。2021年4月リリース。

7. Fusion - Musaphia & Mayhem (2004)

インスト曲。めちゃくちゃ好きな曲でアガリまくるのですが、Traxsourceでは既に配信終了しているようです。Joey "Musaphia" と Martin 'Mayhem' Ikinの二人は、00年前半の頃はグルーヴィーなトラックばかりをリリースしていたので気になる方はチェックしてみると良いですよ。

8. All My Life (Opolopo Extended Remix) - L'Tric, Andrea Martin, Sean Declase (2021)

男性ボーカル。最近のOpolopo先生のディスコブギー的なニオイのする楽曲の安定感がドツボです。オリジナルは、Daft Punk - One More Timeみたいな少し懐かしいサウンド。

9. I Want It Right - Disciples of Phunk (2003)

女性ボーカル。Disciples of Phunkってご存知でしょうか? ハウスシーンで名前を見ることも多いDJ DiscipleとMichele Chiavariniのユニットで2003年に名曲を残しています。一時期のRichard Earnshawもこの手のサウンドをよく作っていましたが、この曲のリミックスを手掛けたりしています。ソロのフレーズがスケールの中で想像できない先を行く感覚、しっかり音楽がわかるアーティストという雰囲気を感じます。

MIXをダウンロードする (116MB / 50分54秒)

このページのトップに戻る

エポスゴールド新券面 のクレジットカードが到着しました

DSCF0172_20210429194412314.jpg

JQエポスにメリットが大きいのはわかりつつも、エポスゴールド新券面 & エポス新ロゴに惹かれたため、切り替えを実施しました。デザインを手掛けたのは、nendo(ネンド)

エンボスレスデザインでシンプルな券面、表面情報なし、裏面署名欄なし、Visaのタッチ決済対応と、とてもスタイリッシュで使い勝手の良いカードとなりました。JQエポスゴールドは、VISAマークの背景が白地で青文字というのがイマイチだったのですよね。

ブログには書いておりませんでしたが、「三井住友カード ナンバーレス」や「SAISON CARD Digital」も発表した直後に発行してみたのですが、アプリでイチイチ番号を確認するのは地味に面倒だったのと、アプリを常にスマホに入れ続けるのが自分には相性が悪く、すぐに熱量は冷めていたのでした。その点、エポスゴールドの裏面にはカード番号の記載がありますから、自分好みと言えます。

カード裏面に番号が書いていると、トラブルがあってスマホでサポートに電話をかけるときに手元で確認ができるのですね。これがアプリ上表示だと、番号をどこかにメモをしてから電話をかけるというスマートでないことが始まります。

上記のカードのほかにも、興味本位でクレジットカードをたくさん発行していたのですが、地元スーパー用として、メルカリアプリで使えるiD (メルペイ) を併用して、今年夏ころまでにクレジットカードはエポスゴールドに一本化する予定としました。

届いてすぐに記事を書いているので、早急にサービスに登録している情報を更新しないとですね。

このページのトップに戻る

カラアゲ酒場 みくにけ の ラーメン (弘前)

DSCF0072_202104260516396de.jpg

DSCF0073.jpg
(3月下旬)

夜の居酒屋メニューの中で食べ放題の煮込みと唐揚げ。飲み物もプランに含まれているのですが、この日はWIFIをお借りして作業しに来ただけでしたので、ノンアルコール。

朝の営業や昼の営業を色々な形態で模索されているようですが、基本的にはからあげ酒場なので、夜の営業がメイン。めちゃくちゃ美味しいので、普通の価格で「からあげが美味しい店」として根付いてほしいものです。

DSCF0075_202104260516420c8.jpg

別途単品でオーダーしたラーメンは某インスタントラーメンなわけなのですが、ただ麺だけだと寂しいでしょということで、野菜たっぷりのラーメンとなって出てきました。

同じの二度と作れないけどね? なんて言ってましたけど、これめちゃくちゃスープが美味しかったんですよね。


このお店から近い桜が綺麗な公園内も、今年は厳格なルールの元で見ることができるようになっているらしいですが、はやく制限なく動けるようになってほしいものですね。

このページのトップに戻る

パラディウム Palladium PALLA ACE CVS を購入

DSCF0162_20210422184901c8d.jpg

DSCF0163_20210422184902a69.jpg

DSCF0164_2021042218490588f.jpg

DSCF0165_20210422184906b30.jpg

なにこれかわいいということで、即ポチでした。

元々パラディウムのスニーカーのデザインは好きではあるのですが、PALLA ACE CVSは特にかわいいです。ステッチ部分が適度なアクセントになっていて良いですね。

このページのトップに戻る