クレジットカード会社の安心感には差がある

結構前に、クレジットカードや電子マネーなどの最適解を考えた記事を書いたことがあります。

大館に住むなら iD付きクレジットカード が利便性が高いのではないか - &-'s Blog
電子マネー と 交通系ICカード と クレジットカード の最小を考えてみる - &-'s Blog



その後に色々あってクレジットカードが予想以上に増えすぎてしまう自体になってしまい、ようやくまた整理が終了して少なくなってきたところです。

前まではVISA / MASTER / JCBの国際ブランド3つを所有して、いつでもクレジットカードに困らない生活をしようと思っていたのですが、ポイント還元率の高いYahoo! JAPANカードは解約してしまいました。JCBブランドのついているカードも現在は持っていません。

クレジットカードは三井住友カード発行のANA VISAカード (iD内蔵)のみ。ミニマリスト的な生活が心地よくなって物欲がなくなると、そもそも決済自体が減るので、クレジットカードでポイントを貯めるよりも、お金を使わない方向へシフトしていく。節約欲がなくても自然とそうなります。

クレジットカードを解約する手続きをするには、発行元の会社に電話する必要があるのですが、電話をかけてみるとそれぞれ発行会社での対応が異なります。そこで、対応がスムーズで良かったのが三井住友カードだったのです。

通販系の会社が発行するクレジットカードは特典が多かったり、ポイント還元率が高い。それは明細を見るページにアクセスしたときに自社サイトに誘導するリンクが貼れるから。ログインした瞬間、モノを買うように広告が出てきたクレジットカード会社もあったけど、とても気分が悪かった。

ポイントよりも大事な、いざという時の安心。この考え方の変化って、自分の中では結構大きなことだと思います。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ