LINEモバイル LINEフリープラン契約

XE1S6783.jpg

UQモバイルのデータ無制限プランから、LINEモバイルのLINEフリープランに乗り換えました。

今まで050番号があるという理由で、頑なに通話SIMを契約してきませんでしたが、今回久しぶりに通話SIMを契約することに。1年縛りのため、魅力的なSIMが出ても簡単に乗り換えは出来ません。

LINEモバイルに移行した理由は

・大館にMARUWWAという高速WIFIでの作業が出来る環境が出来たこと
・家でパソコンでの検索をほぼしなくなっていること
・コンビニやマックなどにパソコンを持ち運んで作業する機会が増えたこと
ソロキャンプを始めるにあたって、110/119など緊急連絡できる番号が欲しいこと
・0120などのフリーダイヤルにかけられる番号があったら便利と考えたこと
LINEが制限がかからなければ、緊急時に電波が弱い環境でも誰かに連絡が取れること



簡単に言うと、一人で山の中に入った際の安全対策という意味合いです。500kbps通信のUQモバイルでもし電波が弱いところに行ったときに050番号を使おうとすると、電波が弱いとノイズだらけで通話できない可能性があります。また、050番号からは110/119番号にはかけられませんので、緊急性を要する状況のときにはリスクがあります。

例えば、街で自分以外が事故にあった/火事を発見した状況のときは、050番号しか所有していなくとも、最悪GPSから最寄りの警察署の番号を割り出すアプリを使えば連絡は可能です (※推奨するものではありません) そういったリスクとの天秤をかけた結果、今までは050番号のみでスマートフォンを維持していたわけです。

キャプチャ

自宅回線が200kbpsでしか通信できないのは、確かに遅いのですが、過去にロケットモバイルの神プランなども契約していますし、200kbpsで出来ることは理解しているつもりです。

高速回線であればサクサクできることが、200kbpsは通信しているかしていないかわからない程度の遅さで待たなくてはいけません。でも、待てるのであれば動画などの常に通信が必要なサービス以外は、作業できなくもないのですね。

画面に触れるだけで110番通報できるアプリ 警察庁が2019年に導入へ - ライブドアニュース



このようなアプリが整備されれば、050番号オンリーでも安心できるようになるかもしれませんが、現時点ではまだ使えないため、数年後に検討するときの材料としておきましょう。

このページのトップに戻る

割烹食堂いそべ の 本まぐろ脳天・頬肉・顎肉 刺身 など (新潟県村上市)

XE1S6666.jpg

新潟県村上市。新潟県の最北端に位置する市なのですが、秋田県からアクセスする際の難易度は秋田県のどこに住んでいるかで変わってきます。

自分の住んでいる秋田県大館市は秋田県の北部、内陸側に位置しているため、秋田県を抜けるまでに時間がかかってしまうので、新潟はかなり遠く感じるのですが、秋田県にかほ市からであれば、大館に抜けるのが180kmに対して、村上市まで140kmと新潟のほうが近いこととなります。

自分はドライブ大好き人間なので、自家用車 (エッセ)で移動している限りはどこまででも走れる感覚があるのですが、問題は走行時間ですね。仕事の連休を何日取れるかによって、移動できる範囲と日程が決まってしまうので、飛行機を使わない旅であれば、時間的制約を意識する必要が出てきます。

二日目は新潟内を移動するということで、一日目は村上市に泊まることにしました。

村上市での宿は瀬波温泉の宿が多く、通常のビジネスホテルは少ないです。村上駅前に数箇所ある程度で、沿岸部をドライブしていて、旅の途中に泊まる宿としては、山形県鶴岡市や新潟県新潟市になるのではないでしょうか。

村上駅付近にも飲食店はあるのですが、日曜日ということで行きたかったお店が定休日。電車に乗って移動することとします。

XE1S6667.jpg

羽越線に乗ります。新潟県内の一部の駅はSuicaに対応しており、村上駅は自動改札、これから向かう坂町は簡易改札でした (そのまま抜けられる改札の前にSuicaをかざすところがある)

XE1S6669.jpg

向かったのが、割烹食堂いそべ。過去に激ウマドンブリ ずど~ん を食べたことがあるお店です。

ずど~んの衝撃的美味しさが忘れられず、再度伺うことにしました。

XE1S6672.jpg

新潟の日本酒は詳しくないので、地元のお酒をオススメしていただくことに。
〆張鶴(しめはりつる) 純吟生貯蔵酒。新潟県村上市の酒蔵です。

XE1S6673.jpg

お通しに枝豆。

XE1S6674.jpg
ポテトサラダ

XE1S6680.jpg
河豚唐揚げ

唐揚げといえばパリパリをイメージしてしまいますが、かなり柔らかい感じ。

XE1S6679.jpg
のどぐろ塩焼

大きくないものの、のどぐろが800円で食べられるのは嬉しい。聞き忘れてしまいましたが、手前の緑色の中に薬味 (辛味噌?) のようなものが入っていてとても美味しかったです。

今回の旅行では買えなかったのですが、新潟には唐辛子を発酵させた「かんずり」という調味料があるらしく、それを旅の中で体験できなかったのは少しだけ心残り。

XE1S6675.jpg
本まぐろ脳天・頬肉・顎肉 刺身

もうルックスで優勝確定。

XE1S6678.jpg

少し常温で置いて、室温に馴染んだころに食べる美味しさといったら。。。 自分の語彙では表現できない美味しさ。

このページのトップに戻る

日本料理 みうら の コースメニュー (大館)

XE1S6615.jpg

機会がなくて食べることが出来ていなかった、日本料理 みうら の夜のコースメニューをようやく体験することが出来ました。

3,240円、4,320円、5,400円のコースが選べて、違いは扱う食材の違いで、全体の量が増えるということではないようです。今回は4,320円のコースを選択。カウンターなどであれば単品メニューもオーダー可ですが、夜は基本的にはコースメインと捉えたほうが良いでしょう (※混むことが多いため、時間がある方にオススメ)

日本酒にハマる数年前まで、こういうお通しに魅力を感じたことはなかったはずなのですが、最近ではほんとこういうのが大好き。

XE1S6616.jpg

お酒はコース料理に含まれません。このお店は飲み放題がありませんので、ゆったり飲みたい方向けです。酔っ払って思考が麻痺するまで飲むよりも、ほろ酔い程度が一番楽しいです。

XE1S6617.jpg

お刺身。大館市は内陸部ですが、このお店にくると美味しいお刺身が食べられるので、いつも楽しみにしています。

XE1S6619.jpg

XE1S6620.jpg

煮物が美味しかったなぁ。濃すぎず素敵な味付け。

XE1S6621.jpg

抜群です。

XE1S6623.jpg

XE1S6624.jpg

どうやって食べるのがいいのか聞いたら、お好みでお茶漬けも良いとのこと。このあたりは好みですね。

このページのトップに戻る

ステーキ屋 シド亭 の ステーキランチ (弘前)

XE1S6609.jpg

夜の部で食べて、ランチはどんな雰囲気なのか気になったので、まったく同じメンバーでまた行ってきました。

夜はスープですが、お味噌汁になるのですね。

XE1S6610.jpg
ステーキランチ (1,200円)。

夜の部ではセットにすると、1,500円以上はかかってしまうのでお得感はありますね。

XE1S6613.jpg

お店から出たあとに、津軽岩木スカイライン (有料道路) で8合目ターミナルへ。
きみかほるサイダー。獄きみ使用とのことで、相当な甘さが口の中に広がります(笑)

こういう雰囲気の写真が最近好きで、FUJIFILM XF10で撮られた写真を見つつも、やはり自分にはX-E1しかないのかなぁと検討を続けるのでした。X-E1、電子シャッターがなかったり、動体が厳しかったり、今のカメラと比べると、いろいろ使い勝手の悪い部分はありますが、X-Pro1 と合わせてやはり独特の雰囲気 (柔らかさ?) があるような気がするんですよね。XF10で撮られた写真を見る限りでは柔らかさは似ている部分がある気がするのですが、どうもWBが時々違和感あるときがあるので、まだまだ様子見。

このページのトップに戻る

自家焙煎珈琲店 ちえの実 (青森市)

XE1S6584.jpg

XE1S6585.jpg

XE1S6586.jpg

友人と出かけた際に、青森のカフェに寄りました。

自家焙煎珈琲店 ちえの実 の雰囲気はカフェの中ではかなり好きなほうなのですが、お店に行ったのはかなり久しぶりですね。昔の印象と変わらず素敵な雰囲気のままで、ゆったりした時間を楽しめました。

場所が場所だけに、かなりひっそりとした印象です。

このページのトップに戻る

トランギアのストームクッカーS・ウルトラライトを購入

XE1S6779.jpg

キャンプ用品のことは詳しくわからないけど、本来嫌われる風を味方につける構造、収まりのかっこよさ、そして音がしない構造ということに惚れて、トランギアのストームクッカーS・ウルトラライトを購入してみました。合わせてフューエルボトル 0.5Lも。

まだ開封しただけですが、プロダクトの美しさにニヤニヤ。

XE1S6780.jpg

この中にアルコールを入れて火をつけるとか。

XE1S6781.jpg

下から空気が送り込まれると、火力が増す構造になっているらしいですね。上の方の脇についている金具を上にあげるとフライパンが使え、下におろすとソースパンが使えるようになるみたいです。

XE1S6782.jpg

ソースパンは1.0Lのものが2つついているということで、ソロキャンなら十分じゃないかと思います。

着々と物を集めているので、使うときが楽しみ♪

このページのトップに戻る

京や の 刺身盛合せ / とり竜田揚 など (秋田市)

XE1S6543.jpg

秋田市だと、山王方面に好きな雰囲気の居酒屋があるイメージなのですが、様々な場所に居酒屋を知っていると良さそうなので新規開拓。

店舗が階段のぼって二階にある、京や。過去に一度行って、遅い時間ということもあって振られたお店なのです。

XE1S6545.jpg
ポテトサラダ (350円)。

あ、そうでした。この問久しぶりに梅酒を飲んだんでしたね (写真奥)

XE1S6546.jpg
刺身盛合せ (650円)。

XE1S6547.jpg
とり竜田揚 (500円)。

お座敷のようなスタイルのカウンターが面白い作りです。サックサクで美味しい。

XE1S6548.jpg
ざるうどん (600円)。

このページのトップに戻る