ダイハツエッセ オーディオ / スピーカー交換

DSCF0159.jpg

作業したのはしばらく前ですが整理します。

エッセのドアパネルを外すのはとても簡単です。フロントドアは物を入れる箇所のネジ2本と、ドアパネル部分の2本。リア側は物を入れる場所がないのでネジ2本だけです。あとは内張り剥がしで豪快に外すだけ。

DSCF0193_20131222204154b60.jpg

最初はヴィッツから外したスピーカーを移植しようと考えていたのですが、エッセに取り付けられるサイズは16インチスピーカーまで。ヴィッツのものは17インチで無理やりつけてもいい音が鳴らないことが発覚。しょうがないのでスピーカーを買い直しました。

クラリオンのSRT1600Sです。最新モデルはSRT1633Sという品番で3-WAYモデル、そして自分が買った一世代前のモデルは2-WAYです。車という難しい音響環境で考えた場合に3-WAYで音がまとまらないと困るので2-WAYを購入 (スピーカー1個で3WAYなので悪くないような気もするのですが)

ひと昔前だと、ツイーター付きモデルは10,000円切る値段では買えなかったのに随分安くなったものです。純正スピーカーから社外スピーカーを取り付けるコネクタも付属しているので取付の際に他に買うものはありません。

DSCF0197_20131222204155e07.jpg

デッドニングキットで振動を抑えるようにしながらスピーカーを配線。本当はバッフルがあればいいのですが、エッセのドアパネルを削らなきゃいけないようなので面倒なのでそのまま直で。

DSCF0634.jpg

エッセは純正オプションのツイーターがここにつくのかわかりませんが、ドアの上部に穴があいてカバーがつけてあります。ツイーターはそこから配線を出してやれば大丈夫です。配線出した後はこのあたりも塞いでおきます。

DSCF0201_20131222204156b3c.jpg

カバーにゴリゴリってケーブルが通るだけの穴をあけて両面テープで固定。カバーを付け直すとそれっぽくなります。

DSCF0161_20131222203818143.jpg

続いてセンターパネルを外してデッキ取り付けです。パネルははめ込みしてるだけなのでネジを外す箇所がありません。すげー構造の車です(笑)

ただし、かなりパネルが硬いので根気よく取り外します。

DSCF0162_20131222203820af9.jpg

ついでなのでセンターメーターも外してETCアンテナでも通しちゃいましょう。詳しい手順は検索すると出てきますので割愛。こういうところ触ると危ないので慎重に作業ですね。

DSCF0163_201312222038214fd.jpg

いやーここで躓いた。

ダイハツエッセ用オーディオ取付ハーネスを買ったら変換後のアースがギボシ端子ではなく、U字のネジと一緒に締める形になってました。ケンウッドのデッキのアースはギボシ端子で出ているため、このままではアースが繋げません。幸いにもヴィッツで使っていたオーディオ取付ハーネスがそのままポン付けで取付できましたので流用する形となりました。

U字部分をギボシに付け替えればいい話なのですが、面倒ですね。

DSCF0168.jpg

KK-D50Dという社外オーディオ取付パネルをつけるとこんな感じのフィット感になります。色が黒で浮くかと思ったのですが、随分いい感じにまとまりました。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ