ろばた焼き 岩手川 で お魚に凄さを再発見 (北上)



ずっと行ってみたくて予約して行ってきました。

北上駅から徒歩数分のところにあり、飲み屋中心からややはずれ、端っこの方にあります。

近くにホテルがある立地のせいか、地元客より観光客、ビジネス客のほうが多いとのこと。

酔っ払って聞き間違ってなければ今年で41年とのことですよ。



お通しは店の心。もう、ここで心掴まれる。



ここで気がついた。デジカメの充電をしていなくてメインも予備バッテリーも使えない。

不慣れなスマートフォンを使わなくてはいけなくなった。スマートフォンの何が馴染まないかといえば、レンズが広角なところ。

あ、この枝豆もサービス品。


いわし刺 (850円)。

アブラがたっぷりでとろけるようなイワシならたくさん食べたことがありますが、アブラがそんなに主張しないのに、口の中がシアワセになるイワシは初めてかもしれません。

美味すぎる。


ぶり 焼き

焼き方が絶妙すぎて、美味いのなんのって。ジュワーーーーとした感じの焼き魚は食べることがあるけど、雰囲気さっぱりしてるのにどこまでも身が美味しいのはなぜなのだろう。

こういう焼き魚を食べてしまうと、焼きが下手な魚は食べてもなんとも思わなくなってしまう。


あいなめ (1,400円)。

肉厚。美味しすぎて脳内が麻痺している。



ネギを焼いたら美味いよね。もう、美味いしか出てこない。


クロソイ (850円)

これは小さいから850円だよ と価格が二重設定されていました。この時点で目の前の贅沢を信じていいのかわからなくなっています。



そして、あら汁にしてもらう贅沢。あら汁に合うお魚、そうでないお魚も熟知しているから、本当に美味しいところを提供してくれる。



最後に記念に撮らせていただいたのですが、カウンターの前の氷の中にお魚や貝が置かれていて、注文を受けるとそこから調理していくスタイル。

見た目も味も大満足。マスターも面白い。古びた店内も最高。気取りすぎない雰囲気もハマりにハマって最高の時間となりました。

このページのトップに戻る

ぎょうざの店 夜来香 は円盤型 (花巻)



円盤餃子といえば福島が有名で、実食済みだけど、ずっと行ってみたかったお店が花巻にもある。

過去に友人と行ってみたのですが、売り切れで食べられませんでした。

店舗名は、いえらいしゃんと読むらしい。



このお店にはメニューがないのかもしれない。総額はわかるけど、各メニューの名称や値段は不明。

見た目こそ福島の円盤餃子には近いけど、味はあまり近いようには感じない。餃子というよりは個人的には、小型春巻きと言った感覚に近い。



メニューは焼鳥と餃子のみらしい。タレか塩か選べるということで、塩を選択。

残念ながら、至ってこれは普通。

このページのトップに戻る

アクセス解析やめました

アクセス解析の結果を見る習慣がなくなってしまって、今後の自分にとってはまったく不要そうなのでやめました。

アクセス数を気にしないブログを書いてきたのは昔からなのですが、自分のブログにアクセスしてくれる (リンクを貼ってくれる)人を発見するために惰性で続けていた部分がありますが、外したことによって今後そういうリンクも発見できなくなります。

別に完全に不要なものではないのですが、惰性で続けているようなことってあんまり良い結果をもたらさない気がするんですよ最近。ブログは楽しんで毎回書いているものですが、そこに意味を求めるようにアクセス数だったり人気度みたいなのを求める必要がまったくないと思うようになっています。

アクセス解析は、ページ読み込み時に毎回解析するJavascriptを読み込むので、認識できないレベルかとは思いますが、ページ読み込み時間の高速化も期待できます。スマートフォン版のデザインは、低速制限がかかった状態のSIMカードでも読み込めるようにかなり軽量化していますが、もっともっと軽量化できるかもしれませんね。

無駄を省いて、必要なことだけ。余計なことはすべてやめよう。

このページのトップに戻る

質素 と 贅沢

質素で満足できることが、最大の贅沢なのではないか。そう考えるようになったのはここ数年のことではないでしょうか。

徐々に生活を変えてきて、あと変えられるとすれば食事の部分というところまできました。このブログ読者の方はご存知の通り、自分の生活のほとんどは食で構成されています。

そのメインを大きく変えるにはどうしたら良いのか。メインを簡単には楽しめない環境に自分を置くことです。もちろん、デメリットを上回るメリットを考えつつ、今の環境を変えられるところに引っ越してみる。それが、一番手っ取り早い実験方法となると思います。

気になったことは後回しにせずやってみたい それは昔っから今まで何にも変わっていません。

見栄を張ること、自分はなんでも出来ると自慢すること、モノに囲まれて自分はスゴいと錯覚すること。自分はそのような欲から遠ざかりたいと思っています。自分より何かができる人はたくさん存在しますから、比較することから脱却出来ると、生きることが楽になると思うんです。

遠ざかるためには、制約で行動が制限されることを避けなければいけません。いつでも動けるように。それは時間的にも、金銭的にもです。

自分はアーリーリタイアには興味がありませんし、必要以上にお金を稼ぐことにも興味もありません。働くことへの疑問からの節制ではなく、単純に消費し続けることが当たり前という構造が気になるのです。

死ぬまでに必要なものって何なのでしょうか。考えたことがありますか?

そんな最小限の生活をして何が楽しいんだ、もっと贅沢がしたいというのは当たり前の感情かもしれませんが、では贅沢とはなんでしょうか?

1万円のお肉が食べられることが贅沢だとしてそれを365日続けたらどうなるんだろう。大きな家に住むのが贅沢だとして、そこに何十年も縛られるのが贅沢なのだろうか。

贅沢とは、自分が満足できないことについて羨ましがる気持ちと繋がっている部分があるんじゃないかと思うんです。その水準を高くすればするほど、今ある現実に満足できないことが増える気がします。

最小限がわかると、その上にあるものはすべてが贅沢です。その見逃しがちなところを当たり前だと思わずに満足できるようになったとすれば、その変化こそが素晴らしいことではないでしょうか。

結局何を選択しても、それで満足できるかどうかは自分の心の持ち方だということ。あれもこれも欲しがって、何にも満足できないとシアワセではないのでは。

こうでなければいけない というのは、周りが決めつけたのか、自分が思い込んでるのかはわかりませんが良いことはありませんよね。常に柔軟に、あらゆる可能性を残しながら、その都度答えの最適を考えていく。


自由って言葉で表現できるのかはわかりませんが、自分の理想の生活の先にあるのは、自由に近いものなんでしょうねきっと。

派手ではない生活の先に見えるもの、自分は気になります。

自分はあらゆるものを辞めて、例えば空いた時間で何かがやりたいというわけじゃないんですよ。空いた時間があれば、何でもできる、その時間がほしい。何もやらなくてもいい時間っていうのは、何にでも使うことができる。

時間が余ったときに、それを埋めなきゃと思うほど余裕のない生活はしたくないんです。

このページのトップに戻る

理想と現実

自分は結婚願望がないかと言われたらそうではなくて、人並みにはあると思う。最近周りの人が結婚する話を聞いて、気になってしまうのは確かである。

このブログに書いているのが自分の行動のほとんどなので、ここを見て、この人合いそうって言う人がもしいるならば、確実に相性はいいと思うのだけれど、残念ながら望んでも自分が行動しなければ何も変わらない。

昔はそういえばmixiというツールで趣味から繋がる人間関係が構築できたように思う。Facebookでは、趣味からの関係はなんだか構築しづらいように思うのは、自分がSNSを使いこなすのが下手なのかもしれない。

社会人になってからの出会いは一体どこにあるのだろう。人に興味を持てないところからして、言ってることと行動があってないのだが、お付き合いする、結婚するは抜きにして、異性でも同性でも良いつながりがあればいいなぁと思うのです。

幼馴染なら簡単にできる、何をやっても一緒にいれば楽しい感覚を社会人になってからも実現できたらいいな。

人間関係を上手く築き上げる、自分にとってはすごく難しい。

このページのトップに戻る

こじま生花店 と 小島商店 (三戸)

XE1S2170.jpg

自分で言うのもなんだけど、この写真、ここ最近撮った写真の中では一番雰囲気が好きかもしれない。

歩いて行くお姉さん、信号待ちをするおばあちゃん、雰囲気のあるこじま生花店、それを信号待ちで車から撮る自分。このタイミングでなければ写らなかった。

最新カメラではないから解像感はないかもしれないし、設定をいじっているから白飛び・黒つぶれももっと本来であれば煮詰められるのかもしれないけど、ちょっとくすんだ感じ、雰囲気の残るFUJIFILM X-E1のこの感覚がやはり好きなんです。

XE1S2171.jpg

「11ぴきのねこ」のふるさと さんのへ。あまりストーリーは覚えていないけど、小さい頃に読んでもらった記憶があるロングセラー絵本。

XE1S2173.jpg

八戸付近まで行ったら、十和田市の鳩正宗株式会社の日本酒が売ってないかなぁと思ったのですが、寄る時間がなかったのでたまたま見かけた、三戸のリカーショップコジマ (小島商店) に寄ってみることに。

XE1S2174.jpg

居酒屋などで扱えるようにということでメインで扱っているのが一升瓶。四合瓶も少しだけありますが、好みのものがなかったので買わずに出てきました。古くから営業されているんだろうなぁというくらいゴチャゴチャした店内、嫌いじゃありません。ホームページによれば、大正初期の創業で、昭和27年12月に会社を設立とのこと。

自分の好きなお酒、宮城県の浦霞も扱っていてビックリしたのですが、三戸の人にはあんまりウケがよくないとのこと。地域で味の傾向が違うので、浦霞がウケないのであれば、このあたりのお酒は結構キリッとした感じなんだろうか (※日本酒を言葉で表現するのは難しい)

このページのトップに戻る

名川チェリリン村 (三戸郡南部町)

XE1S2157.jpg

まったく聞いたことがない名前だけれども、Googleナビにしたがって大館に戻っている途中に看板を発見したので寄ってみました。どうやらチェリリンというのは、チェリーから来ているようで、このあたりがさくらんぼの生産地となっているらしい。

6月の後半くらいから1,000円/40分にてさくらんぼ狩りをやっているところもあるみたいですよ。

XE1S2158.jpg

駐車場の灯りが、さくらんぼの形になっていました。

XE1S2159.jpg

時期なると人の数が増えるのかもしれませんが、昨日はあんまり人は居なかったなぁ。

下にある、きのこたけのこ戦争を思い浮かべる屋根はなんだろうと思ったら、ツリーハウスという非常にユニークな作りの宿泊施設らしい。これはとっても面白そう。

XE1S2161.jpg

なんだろうこれは。だいぶ年季が入っている。

XE1S2162.jpg

どうやら、リンゴジュースの販売機らしい。このときは入っていないけど、昔使っていたものなのか、今も買えるのかは不明。

XE1S2160.jpg

あら、先にいけない。外国人観光客も来るのか英語でも書いてある。

XE1S2163.jpg

かつて遊べたらしい、龍神タワー。どうやら先ほどの自販機ではかつてはりんごがそのまま売っていたらしい(笑)

2008年の時点で、アスレウォーズ(アスレチック)は閉鎖されていたようで、龍神タワーがその後閉鎖になったのはいつのことなんだろうか。

XE1S2166.jpg

そのままナビの指示するまま向かうと看板に出てきたのは、長谷ぼたん園の看板。時期としては5月くらいが見頃らしい。

このあたりは道が狭く、写真を撮った位置から振り返ると集落になっている。地域の方に迷惑をかけるといけないので、本来であればあまり長居しないほうが良い場所であると思うのだけれど、その集落の入り口のあたりの景色が絶景だった。

XE1S2167.jpg

もし天気がよければ見える景色はとても美しいのだろう。雨がぱらつく中でも美しいと思って車を止めたくらいなのだから、地元の人にとってはこの景色が宝物に違いない。

地元にある自然の風景を日々発信している「のんびり阿仁合」の方は知り合いだけれども、当たり前の風景を贅沢である とか 素晴らしい と発信できる人っていうのは感性が素晴らしいと思うんです。

地元大館にはどんな美しい風景が眠っているんでしょうね。29年間住んでも自分にはまだまだわからないことだらけです。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ