食堂タケダ の チャーシューメン / カツカレー (大館)

DSCF0554.jpg
チャーシューメン (600円)。

DSCF0555_20160826082750ece.jpg
カツカレー (700円)。

相変わらず絶品。凝っている料理じゃないからこそ、純粋にウマイと感じることができるんです。本能的に食べられる。
初めてここに行ったのは2011年のこと。少し値上がりしたようですが、満足度は変わらない。

このページのトップに戻る

花善まつり で マル得親子丼 が 平日限定390円で (大館)

DSCF0879_2016082419084843b.jpg

どうやら花善が新社屋を作っているようですね。

DSCF0880_201608241908518ec.jpg

それに合わせて、なんか安いメニューを提供しているとか。

DSCF0881_201608241908463e4.jpg
マル得親子丼 (390円)。

値段が下がっても手を抜かない。そこが花善の信頼できるところ。
駅弁だけでとどまらない料理のクオリティーの高さは、結構隠れファンがいるんじゃないかと思います。

DSCF0882_20160824190854ab7.jpg

ミニ丼くらいのサイズですが、美味しいのでオトクすぎる。
平日限定で2016年08月31日まで。

このページのトップに戻る

最近食欲が落ちてきた

DSCF0873_201608241842507db.jpg
ほかほか弁当 唐揚げ

最近、牛丼屋にいけばミニサイズで十分、ラーメン屋にいけば麺半分で十分。唐揚げも5個でも多いくらい。
決して食べられないわけではないんですが、食べた後消化するのがものすごく遅くなっています。

胃の中に常に食べ物が残留している感じがあって、もうすぐ29歳にしてようやく人並みに食べる量が落ち着いてきたような気がします。徐々に徐々に外食から離れていくことが自然に行われていく。それが自分の求めている形であって、30歳くらいになれば欲がかなり薄くなるんじゃないかと思っています。

自分の欲に忠実に生きた結果、求め過ぎない方向に自然に行くのだったらそれほど最高なことはありませんね。

このページのトップに戻る

秋北食堂 の ざるそば (大館)

DSCF0885_201608241836199d8.jpg
ざるそば (大 / 600円)。

夏期間限定ということでもうすぐ終わるのではないかと思う。

自分ってあんまりそばが好きじゃなかったのですが、なんだか最近そばが食べられるようになってきたので、食の好みは随分変わるもんだなぁと驚き。

DSCF0886_201608241836212c7.jpg

美味しいそばと普通のそばの違いすらわからないくらい食べ比べたことがないので、機会あったら試してみたい。

このページのトップに戻る

北秋田市民ふれあいプラザ コムコム でWIFIを繋いでみた



最近パソコンの中身を整理する時間がなくて、ブックマークやら音楽やらが乱雑になっていたので、鷹巣のコムコムでパソコンの整理をすることにしました。

夜に鷹巣で用事があるということで、せっかくなら使おうかと。

自宅には、扇風機しかなくエアコンのあるところでゆっくり作業できればと思ったんですよね。

コムコムはフレッツのWIFIが無料 (要登録)で使えるので、作業するには便利です。一時間に一回切断されますが、スマートフォンでもパソコンでも再接続することで普通に使えるようです。

タブレットスタイルにしてからノートパソコンよりも自由な形で作業することができるようになったので、すごく便利ですね。



ダウンロードも、アップロードもこれだけ速度が出ていれば十分ですね。

もうすぐ夏休み期間が終わるというのもあって学生さんがたくさんいました。

施設の中に様々な部屋がありますが、平日だというのにもかかわらず利用率が高いようで、新しい施設が活用されている様子は嬉しいです。

鷹巣では公式でWIFIスポットとして使える場所が少なく、駅から歩いて少しのところにあるこの施設はWIFI難民にとってオアシスのような存在となるでしょう。

このページのトップに戻る

こんな村 本店の 激ウマ 爆盛り カツ丼 (弘前)

DSCF0531_20160819192708ad5.jpg

こんな村は、石川に昼に食べれる本館があったのですが、人員不足のため現在営業していない模様。今回行った、北川端町にある本店は営業しているようです。

過去にも書いたことがあるのだけど、学生ならめちゃくちゃ喜びそうなくらいフードの量が多く、ドリンクもリーズナブル。地元大館では学生の数が多くないから、こういう店は多分成立しない。

DSCF0533.jpg
(友人男性の手です)

この店に一人でいけたらチャレンジャー。

注文時に、一つでいいの?って聞かれるけど、店員さんのトークに負けてはいけない。2人で1つでも多いくらいなので、お店に悪いと思ったら、ドリンクを頼みましょう。

フードをあれもこれも頼むと、あまりの量に後悔するレベル。過去に冨士食堂など大盛り食堂制覇していた自分が言うくらいは暴力的。

DSCF0536_20160819192716d29.jpg
カツ丼 (800円)。

ご飯は薄めに敷き詰められているので暴力的に見えないのですが、器が平べったいのでかなり大きい。
このお店のカツ丼は、安い・大きい・美味いなので、胃に入る自信があったらぜひとも食べてもらいたい一品です。

このページのトップに戻る

阿仁合駅 の付近を歩いたり 阿仁の花火と灯篭流し を見たり [2016]

DSCF0779_20160818211146076.jpg

修理に出してから戻ってきたFUJIFILM X70は実に快適に使えている。ピント面がスッキリしないのも解決済み。

DSCF0783_20160818211152135.jpg

DSCF0785_201608182111474fb.jpg

大館在住でありながら、8月16日の花火は毎年「阿仁の花火と灯篭流し」を見ている。

河川敷が広いので、人が多い割には混まずに楽しめるっていうのも自分にとってはかなり嬉しい部分。

DSCF0786_201608182111495f1.jpg

秋田名物アイス、ババヘラを食べる。

DSCF0787_20160818211153816.jpg

普段のこのあたりの風景はあんまり知らないけど、Facebookで「のんびり阿仁合」というページを見ていると、素敵な場所なんだろうというのは想像がつきます。

DSCF0791_201608182121131bf.jpg

DSCF0792_201608182121182b1.jpg

雰囲気が素敵な、北秋田市 阿仁庁舎。

DSCF0790_201608182121110c9.jpg

内陸線、阿仁合駅から近いこの花火。内陸線存続のためにも車でなく、内陸線で次からこようかな。鷹巣からでなくてもいいから、一駅でも二駅でも使ってみる。そこからはじめられたらいいのかも。

DSCF0843_20160818212119dee.jpg

三脚があれば、もっと綺麗に花火が撮れるかもしれない。

手持ち撮影では結構制約がありますよね。まともに撮れたのはこの一枚だけ。


ここの花火は、山に音が響いてすごく大迫力な花火なので、写真にうつすよりも実際に体感したほうが楽しい。
写真が好きな自分でもそう思ってしまうロケーションなので、毎年来たいと思えるそんな花火なんだなぁって思う。

派手な花火イベントは各地で行われている。どちらかというとここの花火は地味にうつるだろう。でも、花火と花火の間の静寂とか、あまり暑くならないこの時期だったりとか、花火が打ち上がった後に拍手が聞こえるとか、ナレーションがゆるくて素敵だとか、もうすべてを総合して、この花火が好きなんです。

数時間で打ち上がって日常生活に戻るその時間の貴重さが、花火という文化をより際だたせるのではないかと自分は思っています。

秋田ではお盆がすぎれば、気温ががっくり下がってすぐに冬が来る。急激に寒くなるから秋を楽しむというより、冬にむけて気持ちを整えるという期間になると思う。その季節の切り替わる目安として、夏の終わりを感じさせる良いものだなぁと、毎年この花火を見て思うのです。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ