キングジムのポメラDM200と相性が合う

キングジムのポメラDM200がとても自分と相性が合うようです。

DM200を買う前までは、文章なんてパソコンで打てるのだから文字入力専用の打ち込み機種なんて必要ないだろうと思っていましたし、何度も過去に購入を検討してはポメラは購入候補から落ちていたのです。

過去にDM5を所有していた時に多分しっくり来なかった理由は、変換があまり良くなかったからだと思います。DM200ではATOKがパソコン並みに進化したということもあって、このような文章を書いていても止まらずにサクサク入力していくことが出来ます。

SDカードは本体に刺していますが、SDカードでデータのやりとりをすることはなく、基本的にQRコードを使ってスマホに転送します。

ブログアプリを立ち上げ、[写真]挿入部分を入れ替え、後は投稿ボタンを押すだけという気軽さ。格安SIMで通信速度が遅い状態で通信しているので、通信の際に余計な通信をしないのは快適性に直結します。

写真を本文に入れないとインスピレーションが湧かないと思っていたのですが、スマホに移動させた編集済みの写真を見ながら文章を打てば、その問題も回避出来るようです。
スマホ単体で文章を打つと、文字入力スピードが遅いですし、過去に経験したBluetoothキーボード+スマホや、ポメラDM200のBluetooth機能を使ってもAndroid側の変換がキーボードと違うキーが出ることがある また 遅延することがある ということで、あまり心地よくありません。


DM200を購入するときに比較したのが、同じストレート型のDM100と最新折りたたみモデルのDM30。

DM100は、過去に店頭で触っていて剛性感が低いことは確認済みでしたが、乾電池で動くタイプであることと、中古価格が下がってきていることも踏まえ検討していました。DM100を購入しなかったのは、中古価格が買う直前になって上がってしまったこともありNG。

DM30は、屋外で書いても目に優しいというEink採用のディスプレイ。キーボードの剛性感が確保されていて、半角/全角キーがパソコンと同じ位置にあること。最初はこちらが有力候補でした。

DM30は文字を消したときにかすれたような状態になることが言われていましたが、危惧したのが文字入力に対して画面が追いついてこないという反応速度です。

自分はタイピングスピードはそこそこ早いほうなので、きっとそこがストレスになってしまうだろうなぁと。DM30にDM200並みの変換精度が備わっていたら購入してしまったかもしれませんが、DM30のATOKはDM100相当ということで、多分許容できないだろうなぁと。


DM200は本体に傷がつきやすいのが気になるところですが、全体の完成度の高さを考えたらそういうのは些細な問題でしょう。やはりキータッチの良さがあり、手持ちのDell XPS13よりも楽しく文章を打っていくことが出来るようです。

ポメラの中にメモ用のドキュメント と ブログ下書き用のドキュメント を作成しておき、オートセーブを有効にしておくと、文章を交互に開いてもオートセーブのおかげで打ち込んだ文章がしっかり残っています。

この機能のおかげで、メモ用に打ち込んでおいたお店の情報などを簡単にコピペすることができ、ブログを書く際にその情報を簡単に活用できます。新規ドキュメントでは既存の文章を開く際に保存するかどうか聞かれるので、先にドキュメントを作っておくことが必要です。

自分はファンクションキーくらいしかいじっておりませんが、DM200はキーバインドを比較的自由に変更可能になっています。最初はEsc←→半角/全角キーの入れ替えを実施する予定でしたが、Escキーは左上という感覚が抜けず、逆に操作ミスが増えましたので、既定のまま使用しています。

自分は、無変換キーなどは使いませんから、このあたりに他の機能を割り当てれば便利になるかもしれませんが、言ってもポメラは文章作成しか出来ない機械ですから、頻繁に呼び出すような機能はファンクションキーなどでおさまるくらいになってしまうのではないでしょうか。

まだ、ポメラはプライベートでしか利用していませんが、今後は会社の出張や会議でも使用する予定で、メモが手書きノートからデジタルメモに移動することで、どのような変化が出てくるか楽しみですね。

パソコン入力であれば、即時にメモをとれるくらいキーボード操作には慣れていますので、ポメラによって生活が変わっていけば良いですね。

このページのトップに戻る

そば処 きちじ の 天ざる (秋田市)



そば処 きちじ。いつもこのあたりは車で通り過ぎるのにお店があったことをまったく知りませんでした。

駐車場は少し狭めなので、車の運転が苦手な方は何度も切り返しが必要かも。



天ざる (1,520円)。

値段はランチとしては高めだと感じますが、そば自体が価格が高い食べ物だと認識しているので個人的には許容できる値段です。

料理自体も美味しいのですが、とにかく接客が心地よいお店です。常連さんと見られる方にも、適度な距離感を保ちながら話しかける様子が見られたり、お客さんを大事にしているのだろうということが伝わってきます。

大館にある歓土里 (カントリー)もそうですが、接客が素晴らしいお店はそれだけでシアワセなのですよね。

とても素晴らしい時間をありがとうございました。

このページのトップに戻る

いちこまうどん の とりうどん / ミニちく天丼 (由利本荘市)



由利本荘にある、いちこまうどん。

"ココロのとびら"という、ぽぅさんのブログで知ったのが2010年。そこからずっと気になっていたものの、臨時休業などに運悪く何度も当たってしまい、今まで行くことが出来なかったお店。


とりうどん (温 / 880円)。

期間限定ということですが、あっさりした中にアクセントがちりばめられていて美味しいですね。うどんの麺は少し変わった感じの食感で、柔らかめ。


ミニちく天丼 うどんセット (400円)。

天丼のタレは甘さがほとんどない感じですねぇ。ちくわの天ぷらが美味しい。

このページのトップに戻る

[秋田 - 雑貨屋] 暮らしの道具と紅茶 みつばち



オープン時から行ってみたかった、暮らしの道具と紅茶 みつばち。

定休日が火曜・水曜・木曜でして、今までそちら方面に伺ったときに都合が合わず。ようやく営業しているときに寄ることができました。







素敵な店内ですね♪ やはり雑貨屋の空気感は大好き。



SANWA まいにちのこめ油。三和油脂株式会社というところが作っているらしいのですが、山形県天童市にある会社らしいのですね。

こめ油は普段から使っているのですが、北東北で作っているところがあるのであれば、次からも利用したいですね。

良いデザイン♪

このページのトップに戻る

山の上 [RESTAURAMT Hill Top] の 特製カレー / オムライス (二ツ井)


特製カレー (1,300円)。

友人が見た目について喜んでいた特製カレー。口に入れた瞬間はそんなに辛くないのですが、少しした後に辛さが若干来ます。それでも辛さはほとんど感じないくらいですね。。

ゴロッとしているお肉が入っていますね。



オムライス (900円)。

オムライスが未だに上手く作れないので、綺麗なオムライスを見ただけでシアワセ(笑)



こちらのお店の胡麻ドレッシングは絶品で、一部の二ツ井近辺のいとくで取り扱いがあります。値段は高いのですが、一度食べるとその美味しさからリピートしてしまうものだと思いますよ。

ドレッシングなのに、飲めてしまうような美味しさですよ。





真ん中からパカッと割ると絶妙な感じですね♪



食後のコーヒーもつきますよ。

このページのトップに戻る

なまはげが見られる酒場 秋田番屋酒場 (秋田市)





秋田番屋酒場は、秋田駅からすぐ近く秋田駅前ビル3階にある郷土料理を中心とした居酒屋です。店内も、秋田の海沿いの風情を感じるように作っているようですね。

駅前の各ホテルからも近い位置にあるため、迷ったら行きやすい立地ではないでしょうか。



秋田県産の焼酎と果実や県内加工の果汁を使ってつくる、"秋田サワー"というのがあるらしいです。

普段サワーは飲まないので地元にもあるかはわかりませんが、もしかすれば秋田県内全域に広がっているのかな?











写っていませんが、お刺身も出てきており、秋田の「男鹿なまはげ醤油」と 熊本の「あおさ醤油」の比較が出来るようになっていました。



真っ赤になるほど熱した石を放り込んで煮込む、男鹿の名物料理の「石焼料理」。ダシの出る食材がかなり入っているので、スープの旨みが凄いですね。



毎日実施しているという、なまはげ様登場タイム。

今回飲みに行ったメンバーは全員が秋田県在住の人々だったのですが、秋田県民でも大盛り上がり(笑)

とても愛想の良いなまはげ様で楽しめました♪

このページのトップに戻る

自炊 : じゃがいもとウインナーの卵炒め



参考レシピは、じゃがいもとウインナーの卵炒め

顆粒コンソメを食材の分量を減らしたのにそのままの量をいれたことと、炒める際に火力が強すぎたことで、卵がふんわり仕上がらず、全体的に茶色い仕上がりに。

このページのトップに戻る