SIWA 2つ折り財布 から 長財布 / 名刺ケース へ

XE1S0387.jpg

SIWAグッズが好きすぎて、新しく買ってしまった。

2つ折り財布は、2015年12月から使用していたので1年くらいといったところ。

XE1S0388.jpg

和紙を使用しているということで、相変わらずの薄さを実現している。

XE1S0389.jpg

2つ折り財布と比べるとやや長財布のほうが厚いようにも見えるけども、小銭が入っていることを考えれば長財布の薄さは驚異的。

紙素材ということで、硬貨がチャラチャラ鳴るのは人によって好き好きあると思うけども、この製品の美しさをヨシと思えればそれくらいどうとでもなるだろう。硬貨を増やさないような癖も出来るかもしれません。

XE1S0392.jpg

良い感じにエージングが進んでいる。

今回買い換えようと思った理由は、1年財布を使ってみてクレジットカード支払いが中心の生活を送っていて、財布の必要性そのものを考えたからです。

クレジットカードで支払える場所では、紙幣や硬貨を入れた財布を出す必要がなく、クレジットカードをスマートに入れることの出来るスペースがあればそれでOK。そうでない環境では、紙幣で払って、硬貨をもらう財布を出せばいい。このシチュエーションではポイントカードを持たない自分にとってカードスペースは不要。

であれば、最初から「カード支払い」のときと「現金支払い」のときでスペースを分ければ良いのです。

XE1S0391_20170117213717a9c.jpg

普段はブロガー名刺を入れた名刺入れに、クレジットカードを入れて持ち運ぶことにしようと思います。現在は、ANA VISA 一般カードでiD中心に利用しているのですが、今後は小額決済にはSuicaを使おうと思っているので、いずれANA VISA Suicaカードに切り替えて行く予定。実はメインカードの切替も近日中に行う予定となっていて、それは後日改めて紹介します。

名刺入れ自体が薄いのでこれ自体を端末に向ければ決済可能となります。クレジットカードを出すときも名刺を渡すとき同様スマートに出せそうです。

この製品、SIWAの中では限定デザインで、free design別注カラーのバイカラー (ブラック×グレー) 仕様です。

XE1S0390.jpg

そして長財布。

免許証、保険証など普段使わないものはこちらに入れておいて良いかも。紙幣と硬貨を使うときは長財布。普段はバッグの奥地に眠らせておく。

その際に財布が薄いと最高であると思う。折りたたみ構造でも、重なる部分が少ない分、横のスペースは必要となるけど、厚さは抑えられる。

このページのトップに戻る

自炊 : 甘味のなかった 八丁味噌で作る 回鍋肉

XE1S0386.jpg

見た目はバッチリ美味しそうなんだけど、自分の想像するよりも甘味が極端に少なかった。イメージは近いので甘味をどうにかして、味が濃すぎるのを調整できれば美味しいのが食べられそう。

参考レシピは、【陳建一的ホイコーロー】簡単にできるのに本格的。

甜麺醤(テンメンジャン)と豆鼓(トーチ)は、八丁味噌で代用ができるというのは数々のレシピサイトに書いていて、そこで気になっていたのが八丁味噌の存在。どうやら煮込みに使っても美味しいらしいので、気になっていたのです。

まー合わなかったら次回から買わなきゃいいし、八丁味噌をフル活用できそうなレシピを探してみたいところ。

他の回鍋肉レシピを見てみると、砂糖を入れているレシピもあるので、次回はこれで試してみたい。

このページのトップに戻る

お試し調味料は、100均が便利

XE1S0380.jpg

100均ってお試しに調味料買うには結構面白いなぁと思う。

以前から欲しかったウスターソースもあったし、中華系の調味料も一通り揃っているみたい。オリーブオイルもある、マジックソルトもある。スーパーと比較してみるとどの調味料もいくらかは安いみたい。

粒マスタードやはちみつも扱っていたから、ハニーマスタードチキンをお試しで作ってみるにはいいのかも。

XE1S0381.jpg

で、先ほどの記事で気になると書いていた八丁味噌も買いました。なかなか扱っている店舗が少ない。

XE1S0382.jpg

まっくろすぎて、これが味噌だと言われても馴染みがない。とっても硬い味噌なので使い勝手はかなり悪そう。

XE1S0383.jpg

XE1S0384.jpg

どうやら我が家では本多麹屋の田舎の甘露みそという米みそを日常的に使っているらしい。
調味料ってほんと奥が深そうで、ここにハマったら抜けられないのだと思う。

このページのトップに戻る

斎藤みそ家 の 八丁味噌チャーシュー麺 (大館)

XE1S0324.jpg
八丁味噌チャーシュー麺 (1,050円)。

最近気になっている調味料が「八丁味噌」。
濃厚といえばいいか、渋いといえばいいか、甘味不足といえばいいのか、独特な風味が癖になるそんな味噌。

東北じゃ馴染みがない味噌らしいので、なかなか食べられるラーメン屋も多くはないんじゃないかな。

このページのトップに戻る

プラザ杉の子 の コースメニュー (大館)

XE1S0351.jpg

XE1S0352.jpg

XE1S0353.jpg

XE1S0354.jpg

XE1S0358.jpg

XE1S0359.jpg

XE1S0361.jpg
(料理はコースメニューの一部です。円卓での食事でした)

お刺身のワサビ、出している側はこれでいいと思ってるのでしょうか。これがプロの料理だとしたらちょっとお粗末な感じ。

このページのトップに戻る

自炊 : ゼロ活力なべを使った マジックソルトベースのキャベツと玉ねぎとウインナーのスープ

XE1S0374.jpg

自炊を始めてからというものの外食を連続で行うと、胃の状態を調整できなくなっていることに気付きました。食べ過ぎが原因なんだと思うのですが、体内に残りすぎている感じがすごくモヤモヤする。

コストを下げるためというより、食べたい時に食べたいものを "必要量" だけ取り入れるためには自炊はとても良いことなのかもしれません。

味で行けば精肉店や他のスーパーなのかもしれませんが、ビッグにいくとお肉系の安さには驚く。調理法をしっかり考えれば問題なく食べられると思うし、状況によって使い分けるのがグッドなのだろう。

XE1S0375.jpg

クレジットカードの利用率を増やして、お金の流れを自動でマネーフォワードで把握するようにしているので、あまり現金払いだけのお店というのは利用しない。

クレジットカードは使えないけどJAグリーン中央店(とれたて旬菜館)に行くと、野菜が安いから嬉しい。

他店舗では1/2サイズで100円を越えていたキャベツが、80円で一玉買えてしまう。

外食オンリーだったときは食材を見ることなんてしなかったので値段も把握していなかったのですが、自炊するようになるとお店の商品を見渡すようになって新しい発見ばかりな気がします。

XE1S0376.jpg

ゼロ活力なべに、ざっくり切ったキャベツ1/4と、玉ねぎ1/2に水200cc (1カップ) と マジックソルト・醤油をそれぞれ小さじ1入れて、赤いオモリで強火で加熱。

重りが触れたら火を消して予熱調理するだけで、玉ねぎまで程よく火が通った状態にできる。キャベツの芯も取らなくても食べられる。料理下手でも火をつけて消すだけで料理ができるのはやはり最高。火さえとめてしまえば、その間に片付け物をしてもいいし、お風呂に入ってきても良い。

XE1S0377.jpg

食べる前に胡椒をふりかける。

こういう調理法で食べるとウインナーがずば抜けて美味しくなる。最近だと、炒める より 蒸す/煮詰める系の調理法のほうが自分は美味しいなぁと感じることが多い。

XE1S0378.jpg

スープはこんな色になります。スープとしてはまだ味が濃い目なので、水を1と1/2カップに増やすか、調味料をもっと減らしても良いかもしれません。ゼロ活力なべは基本的に野菜から出るスープも加味して1カップの設定となっているのですが、好みに合わせて微調整しても良いかもしれませんね。

スープに浮いている小さな緑の葉っぱのようなものは、マジックソルトに含まれるものです。

このページのトップに戻る

타코앤제이형 (Tako & J Hyung) - 사랑인가요 (With 슬로)


타코앤제이형 (Tako & J Hyung) - 사랑인가요 (With 슬로)

掴みがバッチリな音楽。


Tako & J Hyung (타코앤제이형) Ft. 조영현 - 별로야

過去の曲はもっとJazzyに振った曲が多いけど、最近のはどうやらアーバンテイストらしい。


타코앤제이형 - 눈 깜짝할 새 (with 이현진)

こうやって聞くとJazzyな曲っていうのはどこかでブルースとかなり繋がってるのかもしれませんね。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ