「大館どこでも博物館」のQRコードを実際に試してみた

XE1S1271.jpg

地元、大館市のニュースでこんなものを見ました。

名所旧跡にQR付き標柱 大館市、スマホに解説表示 (秋田魁新報電子版)



もしかしたら、有料コンテンツの先には設置箇所などの記載があるのかもしれないけれども、電子版を読むためには紙媒体の新聞が必要ということなので自分はニュースの概要の部分しか読んでいません。

試しに「大館 QRコード」で検索してみるものの、どこに設置されているかの情報はなく、思い当たる場所に実際に行ってみるほうがはやいと思い、行動してみました。

XE1S1272.jpg

大館市観光課の大館どこでも博物館というものらしいですが、「大館どこでも博物館」で検索しても情報サイトにはアクセスできず、もしかしたら検索避けしているのかなぁ。上位にヒットしていないだけかもしれませんが、もしそれだとしたら仕事がお粗末かなぁ。

XE1S1273.jpg

この柱の上には解説が書いてあり、その下に解説に飛べるQRコードが設置してあります。

QRコードとは、レジで読み込むバーコードをもっと拡張したようなもので、URLを入れたり、これ自体に文章を入れたり、様々な活用が出来るものです。QRコードがあれば、端末間で文書を移動することもできます。 QRコードは色をつけたり、デザインを埋め込むこともでき、アイディア次第では様々な使い方が出来ます (※ただし、JIS/ISOなどのQRコードの規格に準拠するとは限らない)


QRコードを活用して、文書を移動している例。

QRコードって左上のマスの周りにあるパターンでデータを識別しているようですよ。

XE1S1275.jpg

こういう技術的な話が好きなので、脱線してしまいましたが、QRコードを読み込むと http://dokodemo.oodate.city/ に飛ぶように指示されます。ここが大館どこでも博物館のサイトですね。

WordPressで構築されたシンプルなサイトで cityドメインがスタイリッシュでかっこいい。サイトにアクセスすれば逆引きの感覚でQRコードの設置場所がわかります。

XE1S1280.jpg

プールがあった位置は、かなり雰囲気が変わってしまっています。

XE1S1281.jpg

国登録有形文化財の桜櫓館、昔行ったことがあるのですが、実はあんまり記憶がなく機会があれば中をもう一度みたいところ。

XE1S1282.jpg

桂城公園からのこの景色を見ていると、あらためて大館は山に囲まれた街だなぁと感じます。ひらけた雰囲気のところにいくと開放感を感じるのは、普段この景色の中で暮らしているからなのでしょう。

自分は大館という街が好きなのですが、改めてそんなことを考えてみるのもまた面白いものです。

このページのトップに戻る

「これでいい」から「これがよい」に変わったときがモノ探しの終わり

最初は4インチくらいのスマートフォンが好きだった自分が、現在は5.5インチのスマートフォンを愛用しています。

ASUS ZenFone Maxという機種なのですが、買ったときは大きさに慣れずに手放そうとも考えていました。

生活スタイルが変わっていくたびにしっくりハマるもの、また逆に合わなくなってしまうものが存在します。このスマホは現在の自分の生活スタイルに合うものになって「これがよい」に変わったものです。

現状に満足しない状況だとそれが最適だと思っていないから買い換えよう、買い足そうと思います。まだこれが何に悩んでいるかが明確な場合は良いですが、悩んでいることがわからない場合は困ったものです。

買っても買っても満たされない、衝動買いの状況っていうのは「これがよい」にたどり着いてない状態だと思うんです。

自分の場合、それが顕著なのはパソコンです。今までノートパソコン、タブレット、デスクトップ、さらにポメラやChromebookにも手を出してきましたが、一台で自分の生活をこなせるパソコンはありません。一長一短で、それぞれに特徴があるので一台にできていません。

無印良品のコンセプトは「これがよい」ではなく、高い水準の「これでよい」という満足感をお客様に持ってもらうことだといいます。

「これでいい」という提案は提供側の姿勢であって、それが生活に取り込まれたときの多分「これがよい」に変わるのです。生活に馴染む、愛着が湧くというのは多分そういうことなのでしょう。

一生モノの製品というのは数多くはないと思うのですが、現在もなおモヤモヤしているパソコンの最適解について落ち着く日が来ることを望んでいます。

満足しない心があるときはあまり良い状況ではありませんからね。

このページのトップに戻る

竹園 の とんかつ定食 / 若鶏の唐揚げ (大館 / 十二所)

XE1S1259.jpg

自分の行動がよくわからないことがある。カレーとパスタを食べたというのに、なぜこのお店の前に立っているのだろうか。決してお腹がすいているわけではない。でも、勝手に足がススム。

XE1S1260.jpg

商品サンプルを置く店なんて少なくなったけども、商品サンプルから実物を想像する楽しみはなんともいえないものがある。

XE1S1263.jpg
とんかつ定食 (900円)。

ロース肉だそうだ。大館から、和楽という名店が消えてしまって個人的に、とんかつを食べたいと思っても行きたいお店がなくなってしまった。

ここのは揚げ方が結構こんがりみたいですね。


XE1S1266.jpg

脂身のある部分と、お肉の部分のバランスがよくて悪くないですね。

XE1S1265.jpg
若鶏の唐揚げ (700円)。

一品メニュー。さっき、カレーとパスタを食べたとは思えないくらいのオーダーっぷりであるが、本人が一番驚いている。

700円でこの盛りだとかなりお得に感じるなぁ。まるで家で唐揚げを作って食べている量ですね。味付けは甘めで、我が家の唐揚げの味に近い! とても好み。

このあたりの地区をブログに書くときは大滝と書いたほうがいいのか、住所で十二所と書けば良いのか迷う。

このページのトップに戻る

キッチン たまや の なすの鶏そぼろ焼を食べたら懐かしい雰囲気がした (大館 / 十二所)

XE1S1254.jpg

写真を撮ったのは13時頃ですが、電光掲示板には現在3時 (15時) との表示。全然合ってないのですが、営業してるかしてないかがわかればそれでいいのかもしれません。

XE1S1255.jpg

きっと普通に商売しているのであると思うけど、あまりに情報がなさすぎて検索キーワードも思い浮かばない。でも、気になる。きっと自分ですら気になるのですから、地元の人はもっと気になるのではないでしょうか。ここは大滝温泉郷にある名前も知らないお店。

勇気を出して入店しお話を聞くと、昔は食堂部門みたいなのがあり、現在はわけあって惣菜屋として営業しているとか。聞き間違いでなければ、お店の名前は「キッチン たまや」。お店のどこにも看板がないので、のれんと壊れかけた電光掲示板を目印にするしかありません。

場所は、鶴見屋商店の横の道路挟んで逆側。竹園の近くといえばパッとくる人も多いでしょう。

XE1S1257.jpg

地域の人たちが買っていく分といった量でしょうか。あんまり地域外の人が買うと迷惑かかりそうかな? でも、とっても魅力的。

XE1S1267.jpg
なすの鶏そぼろ焼 (108円)。

甘い味噌が塗ってあって、おやつ感覚のナス。よくわからないけど、すごく懐かしい感じがする味。

XE1S1268.jpg
れんこんのキンピラ (173円/100g 写真は200g)。

バッチリ美味い。結構薄味な仕上がりですね。体に良さそう。

このページのトップに戻る

芒硝泉好きに朗報 千歳ホテル の 日帰り入浴 がランチ付きで復活 (大館)

XE1S1228.jpg

MT芒硝泉マニアの皆様、朗報です。 (※MT=無色透明)

大滝温泉郷にある、河畔の宿 千歳ホテルが公式に日帰り入浴をはじめました。ただし、土日限定ランチ付きプランという条件付きですが、今まで日帰り入浴をおやすみしていた宿で入れるのはとても嬉しいことですよね。

キッチン昼ノ間‐ひるのまin千歳ホテルというFacebookページにて詳細が公開されていますが、昨日2017年3月18日からランチがスタートしたそうです。

このことを知ったのは、北秋田在住の里園(りえん)さんのブログ、コトノタネの記事から。

XE1S1230.jpg

実験的価格なのか、ランチタイムの相場としてはかなり安めで、ホテル・旅館では珍しい洋食スタイルも混じってますね。

昔この千歳ホテルの前には、の里ちゃ屋という食堂がありましたが、去年くらいに閉店されたそうです。近くに住んでないと街の変化にも気づけませんね。

XE1S1229.jpg

あーすごいすごい。今ではロゴが変わってしまったクレジットカードの数々がありますよ。
バンクカードとか、ミリオンカードは聞いたことがありませんでしたが、ミリオンカードって現在のMUFGなんですか。

XE1S1232.jpg

早速注文していただくわけなのですが、ここで何かがおかしいと気づいた方は、&-'s Blogのヘビー読者かもしれません。チラ見せスタイルですね。

すごく食堂が静かなので、人によっては落ち着かないかもしれません。 (自分が行ったときは無音でした)

XE1S1236.jpg

セットのパスタも頼んでしまいました。二品オーダーってやつです。だって、セット安いのですもん。

A.きのこと豚肉のカレー(サラダ・スープ付)…500円
B.白菜とベーコンの和風パスタ(サラダ・スープ付)…500円

です。

サラダ・スープが被るということで、提案受けまして片方につけない代わりに、ミニデザート.パンナコッタなにわ梅ソース添え…100円をつけてもらいました。わがままいって大変申し訳無い。

このパスタ、個人的に塩味薄めに感じましたが、和風パスタということで癖がなく食べやすいです。

XE1S1233.jpg

おお、美味しい。元が甘めのカレーなので、頼んで辛めにしてもらっても良いかもですよ。

XE1S1239.jpg

さて、ここからが本題です。今まで日帰り入浴をやっていなかった千歳ホテル。今回公式に土日限定で再開することとなったのですが、温泉マニアが交渉してようやく入れるような宿だったところが、一般開放されることというのは本当に嬉しいことですよね。

ランチを食べた方のみ 300円で入浴することが出来ます。タオルは必要ですが、ボディーソープ/シャンプーは設置されています。

男性側浴場と、女性側浴場の作りが違うらしく、女性側のほうが狭い作りになっているとか。

XE1S1245.jpg

芒硝泉特有の白い析出物が湯口付近に大量についているのがそそられます。眺めているだけでシアワセ。

大館の湯の中では、かなり柔らかめの雰囲気があり、普段入りに最適な無色透明湯ですね。ツルツル・ヌルヌル系ではありませんが、湯花が多いのか湯口付近の床はザラザラした感覚がありましたよ。

こういう湯に入ると、志張温泉元湯みたいなところにも行きたくなるよなぁ。

XE1S1240.jpg

自分は1987年生まれなのですが、大館市長の畠山健治郎さんという方を知りません。1979年、大館市長に初当選し3期務めたということなのですが、この温泉分析書はかなり古いものなのでしょうか?

XE1S1250.jpg

レトロ、最高か!

なんとこれまだ動くらしい。動くといわれたら使ってみたい。

XE1S1252.jpg

10円でしばらく動くんですが、昔の技術を考えると10円で電気代の元が取れるのだろうかと心配になってしまいます。

XE1S1251.jpg

直接動く場所が出てるスタイルなので、結構ゴリゴリ強力な感じで痛いです(笑) でも、10円ならありだなぁ。

土日休みのときは通いたいレベルの泉質でした。

このページのトップに戻る

一人暮らしで必要になりそうな 最小限の 調味料/キッチン用品 の考察

実家にて自炊をはじめて、今後一人暮らしをするとしたら何が最低限必要なのだろうということを考えながら、日々勉強しているので、ブログにメモしておきたいと思います。

大量にあれば幅は広がるのでしょうけど、料理初心者だと幅を広げすぎないほうが、材料を賞味期限切れで廃棄したり、食器を貯めすぎて洗うのが億劫になったりっていうのがなくなると思うのです。

[2017/03/18 更新]
※何か思いついた際には適宜更新していきます。

【調味料】絶対必要

・上白糖 (砂糖)
・塩
・醤油
・味噌
・日本酒 (料理酒)
・みりん
・片栗粉
・しょうが/にんにくチューブ
・マヨネーズ
・ケチャップ
・ウスターソース
・和風だし (小分けされていないタイプ)



しょうが と にんにくは最初はチューブでないものを使用していたのですが、一人で料理を食べる頻度だと買っても使い切れないことも多く、すりおろしが必要だとすりおろしの道具が必要になるので、チューブのほうが無難だと思います。和風だしは使う料理こそ多くはないものの、持っておくべきものだと考えます。今家にあるのはスティックタイプで小分けされているものなのですが、きっちり量を計量するタイプの自分みたいな人だと使いづらいので小分けされてないものを選びます。

ソース系はウスターソースにケチャップを組み合わせると焼きそばソースにもなりますし、中濃ではないほうが使い勝手が良いかと思います。マヨネーズと味噌の相性はとても良いので、そのままかけることも出来ますし、必要なものリストに。

【調味料】あったら良いもの

・小麦粉
・ウェイパー (中華だし)
・粉チーズ
・コンソメ
・マジックソルト
・粗挽きコショウ
・はちみつ
・いりごま
・オリーブオイル
・粒マスタード



マジックソルトがあれば、野菜を煮込むだけで美味しくいただけます。コンソメはなくても自分の料理範囲だと問題ないかも。粉チーズはパスタ用ですがなくても食べられる。粗挽きコショウは一味スパイスとして使えますが、アクセント不要ならなくても料理にはなりますよね。はちみつや粒マスタードは、100均のサイズで十分です。

いりごまがあれば味噌を混ぜてごまドレッシングが作れます。

パスタを作るならオリーブオイルを持っていたほうがいいですね。

【調味料】なくても良いもの
・わさび/からし
・ごま油
・オイスターソース
・中濃/とんかつソース
・酢
・粉パセリ
・別の地域の味噌



刺身を食べるだけならわさびを常備しておく必要はないと考えます。ソースはウスターソースで代用可能。パセリは飾り。ごま油は使う人はかなりの頻度で使うといいますが、自分はほとんど使わないので不要じゃないかなぁと。

さしすせその中にある酢も、自分の作る料理の中ではほとんど使わないです。

八丁味噌を中華料理の甜麺醤の代わりに使えるということで買ってみたのですが、通常の味噌との使い分けが困難になりますので、普通に甜麺醤を買ったほうが無難です。やっぱり慣れている味が一番。

【調理器具/食器類】

リバーライトの極 22cm 炒め鍋
ゼロ活力なべ (圧力鍋) Sサイズ
・菜箸
・おたま
・木のヘラ
・オイルポット (できれば2つ)
・キッチンスケール
・計量スプーン
・ミニマッシャー 新越金網
・ドレッシング用すり鉢 小型
・藤井器物製作所 3WAY水切りボール (未購入)
・タニタ 揚げもの用温度計 クックサーモ 5495B (未購入)
・関孫六 2000ST 小三徳 145mm (包丁)
・まな板
・調味料用スタッキングボウル
・ジップロック バッグ / コンテナー

・大皿 深め
・中皿
・ご飯茶碗
・味噌汁お椀
・透明なグラス
・食卓用箸
・スプーン
・フォーク

(その他洗剤・タワシ・スポンジ関係などは除く)



スタッキングボウルは12cmくらいのを購入するとサラダの盛り付けにも使えて無駄にならないかと。現在使っている包丁は小さめなんですが、通常の大きさのほうが使い勝手が良いと思います。キャベツまるごとを一回で切れない大きさです。

鉄のフライパンの油返し用にオイルポットがありますが、揚げ油を再利用するためにもう一つオイルポットを購入しても良さそうです。一度ごとに捨てるのはもったいないですね。

現在は実家にて自炊練習をしているため実行できていないのですが、砂糖・塩などを入れる調味料ケースを作って、その中に大さじ・小さじが図れるスプーンをそれぞれ入れたいなぁと思っています。粉モノを計測する時に、液体モノと同じ計量スプーンだと使い勝手が悪いのです。

圧力鍋は片手鍋としても使えそうなのですが、作る料理の量によってはもう少し小さい鍋があったほうがいいかもしれません。蒸し器も購入してあるので、結構バリエーションは広そうですね。

ラップやアルミホイルは必要かなぁと疑問に思うのですが、買ってもそんなに値段するものではないので使わなければ放置しとけばいいですかね。

このページのトップに戻る

同じ文章を何度も読むことに興味がない

昔はあんなに大好きだった雑誌をまったく買わなくなっていることに気づいた。

あまりに買いたいと思わないので、本屋さんの棚をざっと流してみたけれども、そこで手に取ろうと思うものは数少ない。

ブログ記事は大好きでたくさん読むのは記事の分割加減がちょうど良いからのような気がしていて、ブログを購読することでその人の思考を時間をかけて少しずつ理解することができる。

本は、ある事柄に対して突き詰めて書かれていることが多いけれども、本一冊自体のストーリーがつながっていて、それがすべて繋がったことって意味を成すというのはあまり多くない気がする。

もちろんストーリーとして考えられたものはそういう形になっているけど、自分が考えているのは、日常生活の知恵などを紹介した本のことである。

もし、断捨離系の本を買ったとして、自分の所有する知識や経験を揺るがすほど衝撃的な文面には出会えないような気がするし、検索で辿り着いた記事のほうが深いところまで書いているような気がする。

同じ文章を何度も読むことは少なく、雑誌などを買っても読み返せるというメリットが活用されないなら、本を買っても処分対象になってしまう。

最近では外出先にBluetoothキーボードを持っていかなくなって、合間を見てスマホからこういう記事を書いたりしているのですが、自分の中での基準がどんどん変わっていくこと。ルーチン化することと、ルーチンを見直すこと。そんなことが大事だなぁと強く思うようになった。

過去の自分はなぜそういう行動をしていたのだろう とか 今の自分はなぜこれに興味があるのだろう というのは、無意識であるかもしれないけど、確実の自分の考え方の中にある基準から選択されている。

なぜ過去に執着していたことから抜け出すことができたのか、自然と興味がなくなってしまったのか、前とは生活が変わったことで新しく見つけた楽しさとは。

思考することにはお金がかからない。しっかり思考すると自分のことがわかる。

これ以上面白いことってないよなぁ。どんな些細な行動にだって、行動の意味が存在する。自分のことなのにワクワクする。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ