スタンダードを考えること

現在、押入れデスク生活をしておりますが、そもそもこれは想定された使い方とは違うものです。

押し入れはテーブルとして使うものではありませんので、中に入れたものが見えないように扉があります。それをデスクとして活用すると、使わない扉が出てくることになります。

テーブルを買わなくても生活できるなら、押し入れをデスクにすれば十分じゃないかと思ってこれまで利用していたのですが、よくよく考えてみると、車の冬タイヤなど、部屋の一角に棚に収納されていない物がまだ存在するのです。

本来隠すための収納となっている押し入れを開放して、普段使わない目立たないように隠すことが当たり前のものをオープンにしている状態。実にこれは滑稽ではないか、と。「テーブルを増やしたくない」という小さなことに影響されて、全体が見えていないような気がします。ここで、タイヤを捨てられたらとまず真っ先に考えるのですが、さすがに雪国でそのような生活は難しい。

たとえ今の押し入れを物を保管する用途に変更したとして、部屋のスペースは余りまくっているので、余剰スペースが増えることで今の生活が格段に良くなるわけではありません。

ただ、本来のスタンダードな使い方には理由があることを見直すと、物を少なく暮らしたいという偏った視点で凝り固まった価値観を是正する効果があるんじゃないかと思います。

「スタンダードを考えること」 これは、スタンダードを疑うことでもあり、スタンダードとは何かを突き詰めることでもあります。常に誰かが定義したスタンダードがあって、そことのズレがどれほどあるか、どういう偏りがあるか。それが見えてくると、もっと楽しいのではないでしょうか。

偏った個性を狙ったつもりが、結局スタンダードに着地することもある。スタンダードには選ばれる理由があるのだと思います。もしかしたら、選ぶ強い理由がないから選ばれるのかもしれません。人に自分の考えや伝えたいことを理解してもらうためには、「単純化」して伝える必要があると思いますが、単純化された情報ばかり読んだり聞いたりしていると、スタンダードとはなにかという理解からも遠のくんだろうなぁと。

ミニマリスト思考の人が、しっかり納得する理由を考えたうえで「取捨選択」をして、もしスタンダードに落ち着いたとしたら、それはそれで興味深いですよね。

思考停止せずに、常に疑問に思うこと。それでたどり着いた先が自分の好みに最も近いものなのでしょう。

このページのトップに戻る

Tim Akers & The Smoking Section "Hello"


Tim Akers & The Smoking Section "Hello"

ブラスがずば抜けてかっこいいなぁ、このバンド。


Tim Akers and the Smoking Section "Shake It Off" - YouTube

Taylor Swiftがこうなっちゃうのか。トランペットの音域高いのによく出るなぁ。


Tim Akers & The Smoking Section "Uptown Funk" - YouTube

原曲より、ややベトベトした感じだけど、個人的にはこちらのほうが好き。


Uptown Funk - Tim Akers and the Smoking Section - Full Transcription - YouTube

うひゃー、スコアまである

このページのトップに戻る

Seoul Music High SchoolのYoutubeチャンネルがとても良い


강지원 'Fourth Dimension' 서울실용음악고등학교 쇼케이스 2018 - YouTube

Seoul Music High School (SMHS)は韓国でも人気のある音楽学校らしいのですが、演奏がどれもアーバンな音楽に寄っていて、日本ではあまり見ることのない高度なコード感の音楽を披露していますね。

こういう学校があるから、韓国のシーンはアーバンミュージックの宝庫なのでしょうか。


홍성준 "Can't Hide Love" - 2014 피아노&색소폰페스티벌 서울실용음악학교 (Cover) - YouTube

あの有名曲をこういうアレンジにしてしまうんですねぇ。


손기윤 “Serendipity” 서울실용음악 고등학교 베이스 페스티벌 - YouTube

渋い。


강지원 "Antic" 서울실용음악 고등학교 작곡 페스티벌 - YouTube

かっこいいなぁ。

このページのトップに戻る

iVideoのY!mobile 502HWルーターを契約

XE1S5789.jpg

iVideoのY!mobile 502HWがお試し1円になってたので、レンタルしてみました。

送料 : ¥780
手数料 : ¥500
消費税額 : ¥102
合計注文金額(税込) : ¥1383



この中には返却用のレターパックライトも入っているので、実際は初期手数料+1ヶ月目の月額使用料は1,000円くらいとなります。

XE1S5790.jpg

通常のY!mobileルーターは、アドバンスモードが有料で使用でき、範囲が狭まる代わりにルータ通信量がほぼ無制限になる仕様ですが、iVideoの契約では最初からアドバンスモードがオンになっている分、月額料金が安く済みます。

Softbank Airのように家に据え置き型として使うのであればエリアの狭さは影響を及ぼしません。

と思ったのですが、下りも上りも非常に不安定で、特に上りが遅すぎて、UQモバイルの500kbps通信よりも遅い・もしくは接続できない状況にあるようです。数時間の測定では下りが10M強と1M以下を繰り返しているようで、数日間触って不安定なようであれば、残念ながら継続は難しそうです。

以前使っていたFUJI WIFIは安定していたので、電波というよりはルーター自体の性能に影響しているのでしょうか?

光ファイバーが引けない環境でそこそこ使える回線を安い値段で用意するのは難しいですね。。。

このページのトップに戻る

いとく鷹巣ショッピングセンター内 フードコートのポテト

XE1S5784.jpg
ポテト (92円)。

以前は、いとく大館ショッピングセンターの1階にも存在したフードコート。伊徳・タカヤナギが経営統合し、ユナイトホールディングスが設立された後にフードコートが現在の休憩スペースになったと記憶しているのですが、正確に何年前に無くなってしまったのかは記憶がありません。

さて、実はフードコートはいとく鷹巣ショッピングセンター内に残っています。

いつも通り過ぎるだけで買わなかったのですが試しに買ってみることにしました。会計システムは自動化されていて、店員さんにオーダーすると、現金を機械に入れるように言われます。お札がシワになっていると入りにくいらしく、システムとして手間を減少させているのか増やしているのかよくわからない感じです。

会計後にレシートと注文番号を書いた紙は店員さんのほうへ出るらしく、それを受け取り、商品ができあがるまで待ちます。

XE1S5785.jpg

刺激的なピリット感と、ポテトが細くなったところを揚げたカリカリ部分が足りないような気もしますが、確かにこのような味だった気がします。

非常にリーズナブルでお腹を満たせるということで学生時代はよく世話になっていました。


大人になって自由にお金を使えるようになった反面、このようなB級グルメに反応することが少なくなってしまったのは、自分が変化していることのあらわれなのかも。この美味しさが100円以内で食べられることは、素晴らしいことだと思うんですけどね。

このページのトップに戻る

引っ越しして、一年

20106507_1923078657931916_3446256033660419266_n.jpg
(引っ越し直後の様子)

引っ越しして、一人暮らしをはじめて一年が経ちました。

一年しか経っていないのに、所有物が全然変わっていて驚き。引っ越し直後というのはもちろんありますが、この写真下部のダンボール箱はすべて無くなりましたし、キッチン関係も冷蔵庫が大きくなった以外は調味料類が減少しています。

確か引っ越しは軽自動車の後部席に「三回」くらいで終わったと記憶している (※冷蔵庫・洗濯機込) のですが、今引っ越すとしたら二回で終わりそうな物量です。

無理に減らそうとしてないのに、快適を求めるとどんどん減っていきます。さらに一年後にはどうなっているのでしょうか。
自分にもわかりません。

このページのトップに戻る

別に自分の所有物じゃなくてもいいんじゃないか

ってのが基本的な考え方なんだろうなぁ、自分の場合。

自分の所有物でなければ成り立たないこと以外は、すべてレンタルで済ませたい。でも、ここで制約となるのが収入面の問題。

毎日どこかに泊まれるだけの予算があるならば、家など必要ない。でも、そこまでお金がないからお金がない状態でも維持できるものを選んでいく。そういう意味では、余るだけの予算があったら今とは選択肢が違う最適解が見つかるのかもしれません。

極端に減らしていくと問題となるべきことは、誰とも環境を共有できなくなるということ。逆にいえば、共有する必要がなければそういう環境は要らないということ。環境が変われば、どうやっても今の環境は維持できなくなるし、そうなったらその中で最適を模索していけば良い。

物を減らすのが好き というよりは、 無駄が嫌い なんだと思う。思考することをせず、現状を当たり前と思った結果、まったく最適でない状態を維持することをしたくない。

物を増やすと要らなくなったときに手放す必要があるから、だったら所有しないに限る。悩んで手放してしまうということは、購入時点で自分の想像が足りなかったということです。だいぶ最近はそういう後悔も少なくなってきましたが、衝動買いしない (というかしたくなるものがない) というのも少し考えものかもしれません。

ネット上で見る「ミニマリスト思考」が自分の考え方に似ていると思って、様々なブログを購読しているのですが、最近は印象に残る記事がないのです。自分が踏み込んではいけないラインを超えてしまったか、表面上の「ミニマリストとは」には興味がなくなっているのか。

合理主義者に似ているように思えて、合理主義者ではないようで、所有以外に関しては別に無駄が嫌いというわけではありません。ダラダラ行動するのも別にいいし、結果として損をしても別に問題ないと思っています。

自分の思考パターンを探ろうとすると、合致したと "思い込んでいる" 思考パターンの特徴にハマってしまいがちです。一般的に存在する型に当てはめようとすると、当てはまらないときに合わせようとする行動を取ってしまうことがありました。今では、そういうことはありませんでしたが、最初の頃は「ミニマリストとはこうあるべき」みたいなのに流されていた気がするのですよね。

ミニマリストの素質があるのは間違いなく「内向型人間」だ | ミニマリストしぶのブログ



ミニマリストとはこうあるべき ではなく、ミニマリスト思考をする人はどのような特性を持っていることが多いのか。そういう部分に興味があるんでしょうね。ミニマリストが買って良かったものとか、ほんとどうでもいい。

自分はどういう癖で思考をして、それを行動に移すことが多いのか。

完全に外的な影響を受けずに、まとめられた思考傾向と自分を比較するのは難しいことですが、しぶさんのこの記事のようにしっくりくる内容のものに出会うと嬉しい。

このページのトップに戻る