キッチン昼ノ間 の チキンソテーデミソース (大館 / 千歳ホテル)

14905230038631.jpg

仕事に行くときでも、バッグの中にカメラを忍ばせることは可能なのですが、ブログ写真を取り込んだタイミングでそのまま家に忘れてしまうこともある。

そうなると、スマホで写真を撮ることになるわけなのですが、普段スマホで写真を撮ることがないのでまったく使い方がわからなくて困る。パソコンやスマホはかなり詳しいと思っているけれども、スマホのカメラ機能に関しては無知です。

14905230038450.jpg
チキンソテーデミソース(ライス付 大盛りオーダー / 700円+100円)。

魅惑の芒硝泉に誘われて二週連続で行ってまいりました。
美味しいですねぇ。満足満足。

このページのトップに戻る

ゆっくりゆっくり反復練習中

XE1S1269.jpg
回鍋肉

XE1S1354.jpg
新玉ねぎとソーセージをマジックソルトで味をつけたもの。新玉ねぎのわりにすごく辛かった。

XE1S1355.jpg
新玉ねぎとハニーマスタードチキン


最近は過去に作ったものをあらためて自炊練習してみてるのですが、鉄のフライパンを買う前に作ったメニューは火加減が難しいことに気づきました。

ハニーマスタードチキンは3分間蓋をして煮込むと書いていたのですが、火力が強すぎたかもしれません。あと、22cmのフライパンに26cm用くらいのフライパンの蓋を使うと、蒸発した蒸気がコンロに落ち汚れてしまうことに気づいたので、購入が必要ですね。

人に出すレベルのものは作れないけど、自分の腹を満たせるものだったら料理することに抵抗なく作れるようになってきたので、だいぶ進化。

焦がすと焦げるは違うっていうのを制御できるくらいのレベルにいずれ近づけたらいいなぁ。経験を重ねることで見える成功と失敗があるのかもしれない。

このページのトップに戻る

イワキ製耐熱ガラスカップ evii by iwaki をセリアにて購入

XE1S1313.jpg

昨日は弘前に遊びに行ってきました。

気になっているパソコンを見たり、必要ないものを処分したり、欲しいものを探し回ってみたり。たまたま見つけた郵便局がブラウンで統一されていてオシャレでした。

XE1S1314.jpg

ルネスアヴェニューの近くに雑貨屋があったなぁと思って向かったら、どうやら現在はもう名前が変わって別のお店になってしまったようです。

と思ったら、ルネスアヴェニューも閉店するんですか。。。

XE1S1315.jpg

自分は弘前在住ではないのですが、弘前という街が好きで結構な頻度で遊びにいくのですが、なんだかこのあたり昔に比べると寂しくなっているような気がしますね。

XE1S1317.jpg

どのような建物になるかわかりませんが、期待しておきましょう。欲しいものがあったので、HOMEWORKSさんに寄ってから、中三へ。

XE1S1328.jpg

知らなかったのですが、中三の中にRandBEANが移転していたのですね。2015年のことだというのにまったく知りませんでした。

このお皿がかわいかったので一目惚れで購入。実際は写真よりももっと深い青です。

XE1S1330.jpg

今回弘前で探していたのはスタッキングボウル。よく、テレビの料理番組なんかで調味料をいれておくガラスのボウルのことです。

探していたのは、DURALEX (デュラレックス)製のものだったのですが、たまたま寄ったヒロロ内にあるセリアにてこれを発見してしまいました。

100円なのに、耐熱ガラス製でなんとiwakiのものです。耐熱ガラス食器の中ではかなり有名なメーカーで、通常のお店では1つ300円以上する値付けになっているのが当たり前です。

XE1S1331.jpg

予定していたサイズより小さいのと、重ねると綺麗にスタッキング出来ない難点がありますが、3つで300円と考えれば、それは許容範囲でしょう。

ちなみにネットを探してみると、キャンドゥーにはDURALEX製のものが売っているということで、同じく弘前にあるキャンドゥーにいったら欲しいサイズはありませんでしたが、確かに扱っていました。100均ってほんとたまにものすごくオトクなもの扱ってたりしますよね。

XE1S1333.jpg

料理をまだ作ってないので飴玉で(笑)

調味料を混ぜ合わせて投入くらいなら十分対応可能です。一人分のサラダを入れるにはこのサイズではやや厳しい感じがあるかも。

このページのトップに戻る

2015 Rainforst World Music Festival - KOBAGI KECAK (Indonesia)



まったく見知らぬものに出会ったとき、それを受け取る印象は受け手側の知識によって大きく変化する。

多分、地域の伝統から伝承されていると思うケチャ (kecak) は、自分にとっては人力テクノミュージックのように聞こえる。もし、海外の人が日本のお祭りを見たなら、それをどう表現するのだろうか。

知らなくても、感覚として受け取ることの出来る音楽の世界は好きだ。

このページのトップに戻る

Don't Waste The Pretty - Jeff Ramsey


Don't Waste The Pretty - Jeff Ramsey - CD Release Party

自分こういうスネアの音が大好きなんですよね。ぱつんぱつんした感じの。ドラムの雰囲気すごく好きだなあ。CD版はイマイチ。

このページのトップに戻る

AKMU - 'CHOCOLADY' [M/V]


AKMU - 'CHOCOLADY' [M/V]

あーこれ、日本でいえばSuchmos好きな人が食いつきそうなところですねぇ。どこか、ブルースとかソウルを感じさせつつ、ちゃんとポップスに着地させる感じ。


악동뮤지션(AKMU) - 못생긴 척, Mossaenggi n cheok (Original)

超良い感じのベースですねぇ。ソウルになりすぎない、遊びすぎない、ポップスよりもグルーヴィー。

Akdong Musician (AKMU)というアーティストらしいのですが、アルバム曲を視聴する限りはジャンルとしてはグルーヴィー寄りではないみたい。数ある曲の一部にそういうテイストのが混ざっている感じみたいです。あ、この二人兄弟みたいですよ。


AKMU - ‘RE-BYE' M/V

こういうジャジーな気だるさのあるポップス、日本人ももっと歌えばいいのにね。

このページのトップに戻る

GFRIEND (여자친구) - Crush (핑)


GFRIEND (여자친구) - Crush (핑)

今の時代でバリバリのNJS (ニュー・ジャック・スウィング)みたいなのやっちゃいますか、韓国アイドル。本当にセンスが抜群。


[MV] GFRIEND(여자친구) _ FINGERTIP (Choreography A Ver.)

こりゃーダサい (超褒めてる)

スラップバリバリ、シンセビヨンビヨン。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ