Deni Hines "Been So Long" [Audio Preview]


Deni Hines "Been So Long" [Audio Preview]

ヤバイ。超好きな感じのアーバンソウル.。

このページのトップに戻る

マルチペアリング対応 ミヨシ TOR-BT03 購入

XE1S9989.jpg

届いた当初からチープなイメージのあったBATTOPのBluetoothキーボードですが、まさかペアリングボタンが無反応になるとは想像つきませんでしたね。

入力は問題なく出来ていたのですが、最近Windowsを立ち上げる度にペアリングが出来なくて、一回ごとに再ペアリングをしていたのですが、ペアリング出来ないとなるとただのゴミです。。。

ブロガーにとって、キーボードがないというのは致命的な問題なので急遽店頭にいって購入してきたのがこのミヨシ「TOR-BT03」という製品。どうやら2016年10月に発売されたばかりの最新の製品のようです。

値段はものすごく高くて税込みで8,600円くらい。250GBのSSDでも6,000円で買える時代にキーボードにこの値段と考えたら高すぎる感じがしましたが、案外悪くないんです。

この製品、今までありそうでなかったところを狙っているのでレポしたいと思います。

XE1S9990.jpg

取り敢えず、最初に目につくと思うのが折りたたみ構造を採用していること。折りたたみ構造を採用しているBluetoothキーボードは結構多いのですが、特殊ギミックが目に付くBATTOPのBluetoothキーボードに比べると、スタンダードな折りたたみ機構を採用しています。

折りたたんだ時にキーボード同士をとめるストッパーのようなものはなく、ただ折りたたむ形。開閉を繰り返す度に破壊されそうな部分なので、そういうのを設けないのは正解かと思います。

XE1S9991.jpg

キーピッチは18mm、日本語65キーを採用するキーボードになっています。通常使う部分は比較的配列としては使いやすいかと思います。Bluetooth ver. 3.0で通信を行い、連続動作は最大約50時間、待受は最大約2ヶ月とのこと。製品を満充電するには2時間程度。

特質すべきは、折りたたみ構造であるのに関わらず、キーの継ぎ目までしっかりキーが配列されていて、とても打ちやすいこと。バックスペース、括弧付近の配列になれが必要ですが、すぐに慣れると思います。

ファンクションキーとの組み合わせにて、カタカナ変換 (F7)等の機能が使えます。


今までここまでの折りたたみキーボードはありましたが、これにプラスして4台のマルチペアリングに対応しているのが大きな特徴です。設定方法は、Fnを押しながら登録する機器番号 (Q,W,E,R)を選び、その後にペアリングを実行します。WindowsとAndroidで試したところ、どれもペアリングがスムーズに行われました。

切り替えはFnを押しながら、Bluetooth登録番号を押すだけです。切り替えは数秒でスムーズに切り替わり、ストレスがありません。

さらにBluetooth登録の際に、WindowsやPlayStation3、PS4 (Fn+A)、MacOS (Fn+S)、iOS (Fn+D)、Android (Fn+AまたはFn+F)を切り替えることによってキーレイアウトを簡単に変更できるようになっています。ファームウェアの切り替えも簡単に出来るというのは嬉しいですよね。

XE1S9996.jpg

スペースキーは分離していますが、基本どちらを使っても文字変換を行えますので問題はないでしょう。ショートカットキーが至る所に割当されているので、慣れればスムーズに入力できるようになると思います。

打鍵感は結構跳ね返りのある感じで、カチャカチャ音がするので図書館など、極端に静かな場所での使用は困難かと思います。カフェなどではよほどのことがない限りは迷惑にはならないでしょう。

このキーボードの良いところはもう一つあって、Fn+Tを押すことで有線接続が出来るということ。パソコンの設定などでBluetooth接続ができないときに有線接続で使えるというのは実に便利。

XE1S9998.jpg

Androidに繋ぐ場合はOTGケーブル (スマホと機器を繋ぐための変換ケーブル)を経由させる必要がありますが、WindowsでもAndroidでも問題なく有線接続が出来ます。

注意が必要なのは、キーボードから出ているmicroUSBケーブルを他のもので代用したときに有線接続が出来なかったということ。microUSBの形状はどの機器でも同じだとは思うのですが、もしかしたら端子の長さが他のケーブルでは足りなかったのかもしれません。

microUSB-USBケーブル、OTGケーブルも一緒に同梱されてきますので、それを使えば大丈夫です。

XE1S9992.jpg

キーボードを収納するための布も付属しています。結構良さげな生地です。

XE1S9994.jpg

内部には仕切りが設けられているので、小物を入れておくことも出来そうです。USBケーブルやUSBメモリなども収納できるのではないでしょうか。


折りたたみ時 159mm×111mm×16mm、展開時 302mm×111mm×8mmというのは使い勝手が良いサイズだと思いますし、重量が180gしかないので、今後実売価格が下がれば注目されるキーボードになるかと思います。

(参考までに、logiccol K380 は重量: 423g 、 BATTOPのBluetoothキーボード は重量 : 280g)

このページのトップに戻る

特殊な折りたたみギミック BATTOPのBluetoothキーボード

[2016/12/04 追記]

たった2ヶ月の使用で、ペアリング出来なくなりました。耐久性に難ありのような感じです。製品のコンセプトとしては悪くないだけになんだか残念。




[2016/10/02]

DSCF1534.jpg

スマートフォンでの入力がとても遅いというわけではないのですが、文字入力はキーボードでっていうのがやっぱり好き。

DSCF1537.jpg

元々の値段は1万円程度のキーボードらしいのですが、触ってみた感じはあまり高級感はない。どちらかといえばチープであまり褒められた作りにはなってないようです。キーボード背面に滑り止めがないのでスタンドにスマートフォンを置かない状態ではややテーブルの上で滑る感じがある。

今まで自分がパソコンを買う上で重視していたのは、キー配置が標準的であるかどうか。なかなか変則的な配置であると、他のパソコンを使用したときに、全く勝手が違って操作がしにくいのです。

新しく買ってみたこのキーボードがどう変則的かは写真を見てもらえばわかると思うけど、エンターキーの左側に括弧を入力をするためのキーが存在しない。それゆえに小型化が実現できているのだけど、基本的にタッチタイピングができる人は、キー配置を指先の感覚として覚えこんでいるので、逆にこの配列の詰まり方が慣れるまで時間がかかります。

0の横にある『ー』が特に押しにくいのですが、普段親指で入力している『、』『。』も入力がしにくい。あ、自分は標準的なポジションで打てないのです。

今まで使っていたlogicoolのK380は実に良いキーボードであると思うし、今でもその評価は変わっていない。AndroidとWindowsの切り替えもスムーズにできるし、マルチペアリングがないBATTOPのこのキーボードは操作感ではまったく及ばない。

DSCF1535.jpg

それでも縦に折りたためるという特殊変形ギミックと、キー配列を削ったことでの横幅の減少は持ち運ぶにはちょうどよいサイズで、最近自分が重視しているお気に入りのバッグにおさまるという条件をも満たしてくれる。

DSCF1538_201610021622234b9.jpg

K380はあと少しだけ小さければという大きさでこのバッグにいれられないのです。logicoolは、本当に良い製品を作る会社だと思うので将来的にモバイルに向いた小型キーボードを作ってほしいですね。

DSCF1539.jpg

DSCF1541_20161002162224a63.jpg

さすがに10インチのWindowsタブレットは無理がありますね。いいところ、8インチくらいまででしょうか。



iLEPOのWireless Universal Foldable Keyboardがモバイルキーボードとしては現時点では興味深いのですが、さすがに1万円払うには躊躇してしまいますね。

ちなみに、iLEPOのWireless Universal Foldable Keyboardに似た形状のをJTTという会社が出していますが、Youtube動画でiLEPOの説明を見る限りだと初代モデルを名前を買えて販売しているものではないかと考えられます。

JTT Online Shop『iPad&iPhone用 ポータブルキーボード Bookey Pocket ブッキー ポケット』



iOS専用品とのようなことを書かれていてAndroidでは使えそうではなかったので買いませんでした。キー配列も今回買ったBATTOP製品以上に独特です。



Youtubeにタイピング動画あったので載せてみますが、比較的タイピング音は静か。カフェで使えるレベルですが、本体がテーブルに上手く設置しないと本体がガタガタなるほうが気になるかも。

このページのトップに戻る

楽しいパーティーはあっという間に終わってしまう

DSCF2626.jpg

DSCF2628.jpg

DSCF2627.jpg

DSCF2632.jpg

DSCF2629.jpg
様々な種類のイモ。

DSCF2630.jpg

DSCF2633.jpg
森吉牛

DSCF2635.jpg

DSCF2637_2016120413255817b.jpg

個人宅での肉会、相変わらず凄いメニューのオンパレード。
完全プライベートなため詳細は書けませんが、いつもお呼びいただけることに感謝です。

森吉牛を自分で食べる機会なんて多くなさそうな気がしますね。

このページのトップに戻る

バーの空気感

DSCF2589_20161202215518573.jpg

最近バーに行くことは少なくなったけども、やっぱりバーという空間の空気感はとても好き。

このページのトップに戻る

小さく豊かな生活

最近要らないものは買わないというのが出来るようになったのは大きな進歩だと思う。

現在Yahoo!ではTポイント最大45倍というセールをやっている。1店舗3000円以上の買い物を5店舗行った上で、Yahoo!カードでの決済が必要になる。とてつもない倍率過ぎて、勝手に目がいくほどのインパクトがある。実際にお得かどうかは商品の市場売価を見極める必要はあるが、単純にポイントで実質半額となる仕組みというのは凄すぎる。

昔の自分だったら、この機会を逃さないように欲しいものを探して購入していたと思う。そのために日々欲しいものをリストアップして、いつでも買えるように候補を考えていたと思う。

最近、必要ないものは買わないになったのは所有することで得られる感情が薄すぎるからじゃないかと思う。本当に必要としていないものを所有することを考えるだけで、気持ち悪くなるし、小型におさまらないものはどんどん気持ちが離れていく。

ポイントを貯める、お得に生きるよりも、お金を使わないのが一番無駄なく生きられる。

節約しようとする気持ちは弱いのだけど、自炊をやってみようと思ったり、物がいらないと思ったり、自然と節約方向に人生を構築している事実が面白い。自分が求めるべき方向へ動くと自然とお金を使わないなんて、なんて素敵なことだろうか。

ちょっと前に買った小型Windowsタブレットは自分の生活に必要だけど、デスクトップパソコンは自分の生活には要らない。Android7.0時代にはWindowsタブレットが置き換え対象になるかもしれないが、現状ではすごく役に立っている。

どうしたら小さく豊かな生活ができるのか模索し続けたい。

その答えはきっと外食し続けることでもなければ、物欲を加速させることでもない。

このページのトップに戻る

自炊 : 煮汁がなくなった切り干し大根

XE1S9985.jpg

自炊初心者に、せんぎり大根が切り干し大根と一致させるのは難しい。乾物コーナーの目の前で数分くらいスマホ調べてました。

XE1S9986.jpg

料理作るのに料理酒使うらしいからストックがあるか聞いたら、母がどこからか日本酒を出してきたのだけど、そういえば我が家は今まで日本酒を飲む人が誰もいなかったのだった。自分が飲むようになったのはここ数年のことで、どうやら過去に誰かから貰ったものらしい。

でも、これ2009年製造未開封で古酒と呼ぶにも古すぎる気がするのですが、まあ料理に使うなら大丈夫でしょうということで開封。匂いはお酒の香りがするものの、ちょっと怖いのでそのままは飲みませんでした。

XE1S9987.jpg

煮汁が少し残るはずが、完全になくなってしまって焦げてしまったけど、予想以上の出来で嬉しい。水で戻す際にレシピとにらめっこしていたら、時間を起きすぎたせいか出来上がりが柔らかくなってしまったのですが、これは慣れてくればもう少し良い加減で作れそう。

にらめっこしていた理由というのは、参考レシピにも書いてあるようなダシ汁の概念。

他のレシピを見てもダシ汁を入れると書いているのですが、ダシ汁とは何なのかがわからない。そりゃ、ダシというのはなんなのかはわかりますけども、その料理に対してどれだけの分量で入れたら良いのかとか、ダシの種類とかさっぱり書いていないんです。水100ccに対して、●●をこれくらいっていうんだったらわかるのですが、レシピわからない人に曖昧な概念というのは本当に不親切。

そんなこともわからないのがそりゃ悪いのですが、基本がわからないから料理が作れないのに、基本をすっ飛ばしたらやっぱわからないと思う。

今回は母が用意した謎のダシを200ccの水に溶かして事なきを得ましたが、あのダシが何だったのかは未だにわからないし、紅茶のティーバッグのような形のものに入っていたのですが、本来はちゃぷちゃぷするものだったのだろうか。。。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ