MIX - Drivin' 41

明るいハウスだったり、ディープめなハウスだったり、ブロークンビーツだったり、強めのゴリゴリなハウスだったり。

Drivin' シリーズは名前の通りドライブ向けに作成しているソウルフルハウスをメインに繋いでいるMIXなのですが、最近友人の影響からか音の好みが拡張されてきています。昔はゴリゴリした感じのハウスはあまり好まなかったのですが、フロアで聞くと気持ちが良いです。

計算間違っていつもより少し短めですが、よろしければ聞いてみてください。

-------------------

各曲の視聴はTraxsource等にリンクを貼ってあります。トラックリストは次の通り。

1. So Tired of Waiting (Restless Soul Acoustic Movement) - Bah Samba, Restless Soul (1998)

インスト。Bah Samba Original Liveは聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか。ラテンハウスの名曲ですね。1998年のサウンドということで、今のトラックに混ぜるにはちと厳しい音質があるのですが、それならいわゆるビートレスのRepriseを他のトラックに合わせてみたいと思ってRestless Soul Acoustic Movementを引っ張り出してきました。

最近の曲にはエレピってあまり使われなくなってきているので、ど真ん中なエレピを聞くと気持ちが良いです。フルートがソロを取り続けている感じのアレンジです。

2. Work It (Ricky Inch Remix) - Muzzaik, Zaida (2010)

女性ボーカル。いやー良いラテンハウスですよね。ハウスを繋ぐという行為は楽曲同士の可能性の再発見だと思っていて、綺麗に前曲からフルートが乗ってくると試した甲斐がありました。

3. Work It (Ricky Inch You Got Rhythm Dub) - Muzzaik, Zaida (2010)

インスト。女性ボーカルが入るメインも良いのですが、Ricky Inch You Got Rhythm Dubは各楽器がソロをとって展開するので激アツなんですよ。途中からこちらのDubに楽曲切り替えて Jam sessionみたいな感じのニュアンスで。

4. Make Me Over (Original Mix) - Dvine Brothers, Ole (2021)

女性ボーカル。リリースは2021-11-19なので最新トラックですね。昔のトラックだけで満足しないように気をつけていますが、最新トラックだけを繋ぐ人にならないようにも気をつけています。音楽はどの時代でも良いものは良いので。

Dvine Brothersのトラックはアフロハウスに近いものが多いですね。ディープハウスとアフロハウスは少しテイストが違いますが、辿っているとエッセンスは比較的近いものもあるという印象です。

原曲よりもキー高め。

5. Gravitate - Oscar Jerome (2019)

男性ボーカル。南ロンドン・ジャズ・シーンの新星とタワーレコードでも紹介されているOscar Jeromeのブロークンビーツ。最近では日本のWONKとのコラボもありましたね。


Oscar Jerome - Gravitate (Live)

Performed by -
Vocals & Guitar: Oscar Jerome
Vocals: George Riley
Bass Guitar: Jack Polley
Percussion: Afla Sackey
Keyboard: Theo Erskine
Drums - Ayo Salawu



Youtubeでたまたま発見して衝撃を受けました。メロディーセンスもすごくあると思うし、今後に期待できるアーティストですね。

ハウスとブロークンビーツを繋ぐ際はビートの違和感がありがちですが、上手くいきました。

6. Street Lights feat. Amalia (Laser Beam Mix) - Opolopo, Laser Beam (2007)

女性ボーカル。良いブギーディスコ。Opolopoが影響を受けている80年代前半のジャズ・ファンク的要素を入れ込んでいるとか。

配信サイトには2009年のものしかありませんが、多分初めて音源化されたのは、Rf Presents OpolopoというCDの中だと思います。Rfはラスマス・フェイバーですね。

7. Need It - B&S Concept (2021)

インスト。



自分がとても信頼おける良質ハウスの情報源としている秋葉原住宅でツイートされていた一曲。リリースは2021-11-26。なんとMIXを作る1日前(笑)

ちょっと苦しい感じの展開となってしまいましたが、強めのゴリゴリ感を継続。フロアで聞いたらグイグイ上がりそうな素敵なトラック。

8. Truth Inside (Loud&Clasiizz Remix) - CEV's (2021)

インスト。前の曲が90年代を思い浮かべるようなブラスが入っていたので、90年代といえばこのネタだろうということで、ハウスクラシックスのHardrive ‎– Deep Insideネタを。

ハウス好きにはテンションが上がってしまうあのフレーズに、さらに多幸感を増大させるような重めのビート。最高か。

9. Lifting (Main Mix) - Warren Clarke, Shena (2009)

女性ボーカル。こういうファンキーハウスって今の世の中ではすっかり観測できなくなりました。CD化もされている音源ですが、多分Traxsourceでは配信されていません。Beatportでは買えます。

Warren Clarkeの2000年代の作品はパワーがあって好きなものが多いですね。

10. Glory (Micky More & Andy Tee Classic Mix) - Reverendos Of Soul (2021)

女性ボーカル。マイナーなコード進行に、メジャーなコード進行をぶつけてボーカルの解釈を変えていく。こういうのめっちゃ楽しい。

Produced by Giovanni Ceccati & Andrea Tonici Aka Reverendos Of Soul;
Music Arranged by Micky More & Andy Tee;
Piano & Organ by: Riccardo Burattini;
Bass by Janek Bartulewicz;
Recorded, Mixed and Mastered at Melody Makers Studios (AN) Italy


Micky More & Andy Teeにグルーヴィーなゴスペルハウス作らせたらほんと上手いよね。神リミックスです。ほんと大好き。作ってくれてありがとう。尊敬しています。

オルガンソロで盛り上がりましょう♪

11. Get Up! Go Out (Marc Cotterell's Boogie Out Mix) - Nicky P, DJ Frankie B (2021)

インスト。前曲からハンドクラップ。そこに入るベースとギター。そこからキック入りでテンションあがりますね。最近サックスがメロディーをとる曲ってあんまり探していない気がしますが、良いですね。

12. The Underground (Dennis Quin Extended Remix) - John Julius Knight, Roland Clark (2021)

インスト。ファンキーなトラックから展開させたくなるのはファンキーなトラックですが、落とす方向へ持っていくこともしないと永遠とテンション高くなってしまいますからね。こういうリズムが強めなディープめなトラックは意外とどちらにでも使える印象です。

このトラック、Soulfuric Traxからリリースされているのですが、最近Soulfuricの活動が活発になってきており、最初にソウルフルハウスを知ったときに自分の好きな音の軸を作り上げたSoulfuricが2021年現在も動いていることが嬉しくなります。

オリジナルリリースは2011年。

13. Story - Melchior Sultana (2016)

インスト。元々はとてもスローなディープハウス。ベースラインを思い切り切って、The Underground (Dennis Quin Extended Remix)と重ねてるんですが、あまりに自然な混ざり方なので重ねていると言われないと気付かないかも。

今は動画消えていてないようですが、Melchior Sultanaが2018年4月に船上でDJをしていたときにかけていて、とてもゆったりした雰囲気が良いなぁと思った曲です。


Rhodes, 909 & Soul (Deep House Live Beat Making)

彼かっこいいんですよ。

MIXをストリーミングする (※ダウンロード制限回避)

MIXをダウンロードする (111MB / 48分42秒)

このページのトップに戻る

ドコモ5G対応ホームルーター home 5G HR01

DSCF0087_20211121204314c28.jpg

家賃、光熱費、通信費、驚くまでに節約して生活してきましたが、ついに通信費を上げることを決定しました。

導入したのはドコモ5G対応ホームルーター home 5G HR01です。サービスとしてはSoftbank Air(5G)やWiMAX +5Gの対抗馬となります。住んでいる場所は5G非対応地区なので、4Gでの接続となります。

今まではmineo 1.5Mbpsでテザリングを利用してきましたが、先日ストリーミング配信が速度不足で見れなかったことから導入を決意しました。ブログや情報検索だったら十分すぎたんですけどね。


全国的にヤマダ電機にて超お得なキャンペーンを適用している情報を入手したので行ってきました。なんと本体一括0円です。

通常home 5Gは月々サポートにて最大36ヶ月間1,100円が値引きされ、本体代が相殺され実質0円という扱いになります。home 5Gを解約するための違約金はなく、本体代の残債により違約金のような扱い (引き止め)となるという仕組みです。

今回ヤマダ電機では本体一括0円での購入のため、月々サポートが受けられないように思いますが、実は月々サポートは適用されます。

税込4,950円にユニバーサルサービス料が4円で、4,954円が本来の請求額ですが、そこから月額1,100円引かれることで、36ヶ月間3,854円で使用することが出来ます。しかも、途中解約しても端末代は0円で購入済みなので、違約金はありません。

チートのような販売ですね。素晴らしいと思います。

スクリーンショット 2021-11-21 195048

時間帯によって変動はあるかもしれませんが、さっそく接続してみたところ下りで50Mbpsくらい出ています。1080p HDの動画を再生しても止まりせん。すごい。

いずれ、住んでいる地区が5G対応すればさらに接続速度が上がりそうですね。

しばらく使って様子を見てみます。

このページのトップに戻る

三八上北 湯巡り - 木崎野温泉 / 上北さくら温泉 / 温泉旅館 水明 / 姉戸川温泉

DSCF1061_20211119082214559.jpg

温泉大好き人間ですが、数年前からは同じ温泉にばかり入っていてハシゴをする機会が減っていたので、ハシゴすることにしたときのこと。

まず、三沢市の木崎野温泉から。

DSCF1062_202111190822167b2.jpg

とてもツルツルする感じの好きな浴感。浴場も広めなのでゆったりできますね。

DSCF1063_20211119082218881.jpg

その日の夜は上北さくら温泉に宿泊。

温泉をハシゴしようと思ったのは宿泊当日の朝のことで、何も調べず宿を予約したので部屋が空いていてよかった。露天風呂付きのお部屋があるようですが、そちらはかなり人気があるようで予約を取るのは大変だとか。

DSCF1064.jpg

こちらのお宿は宿泊客専用時間があるわけではないので、日帰り客と同じ時間帯での入浴となります。自分が泊まったお部屋は最小限という感じですが、寝泊まりするだけなのでまったく問題ありません。

スクリーンショット 2021-11-06 152925

部屋のWIFIはまずまず。若干不安定さはありますが、繋がるのでOK。

炭酸風呂やサウナなど比較的バリエーションがある湯で一般的にはこういう多目的な温泉がウケるのかもしれません。少し熱めの少浴槽と看板が外れていてわかりにくい露天風呂を堪能しました。

男性側の露天風呂は近隣の住宅のすぐそばにあるのですが、立地で難しいよなぁと思ったり。

DSCF1076.jpg

宿をあとにして向かったのは温泉旅館 水明。

日帰り入浴が朝6時から可能。床がすべって転ぶほどのヌルヌル具合で、最高に極上の湯。浴槽は小さめなので、混雑時には少し窮屈かもしれません。露天もあり、風を浴びながら入る極上湯は最高ですね。

DSCF1078_2021111908361703f.jpg

DSCF1080_202111190836221e4.jpg

カウンターの前にナポリタンが売っていたので朝ごはんとしていただくことにしました。マッシュルームも入っていてこの値段。お安いなぁ。これより小さくて安いナポリタンも置いていました。

DSCF1081_20211119083625514.jpg

宿の朝風呂→温泉旅館 水明→姉戸川温泉。

このあたりで一番好きな姉さんへ。ツルツルするぬる湯が心地よいのもあるんですが、ニオイが好きなんですよね姉さん。いつも人が居ないのもゆったりできるところでもあるのですが、長い間存続してほしいものです。

振り返るだけで最高の2日間でした。

このページのトップに戻る

食事処 味喜や [みきや] の 塩さば焼定 (弘前)

DSCF0727.jpg

食事処 味喜や。ランチでお魚系が食べられるお店。

DSCF0729_202111190805536e9.jpg
塩さば焼定 (980円)。

店内にあるボードにあるメニューを注文する形なので、お魚の種類やメニューは状況で変わると思います。

DSCF0730_20211119080555cdf.jpg

以前食べた銀たらかま焼はとても美味しかったけども、塩さばは普通かも。お魚の美味しさは時期も関係すると思うので、次回に期待。

このページのトップに戻る