MIX - Drivin' 34

少しディープめなソウルフルハウスを集めたMIXを作りました。

最初は、少しファンキーで元気が出る感じに作ろうかと思ったら、気づいたら超ディープハウスに落ち着いていくという珍しいMIX。元々Drivin'はドライブ時に合うBGMということで作っているものですが、最近ドライブ時でもこれくらい落ち着いた雰囲気が好みになっていますね。

秋の少し肌寒い季節に聞くと、少しあたたかみのある楽曲がしっくりくるのではないかと思います。

-------------------

各曲の視聴はTraxsource等にリンクを貼ってあります。トラックリストは次の通り。

1. Feel Love (Micky More & Andy Tee Jazzy Mix) - Richard Earnshaw (2019)

インスト。Duffnoteの名曲がMicky More & Andy Teeの手によって、2019年に新アレンジ。
原曲の雰囲気を維持しながらも、ベースソロなども加わり、かなり素敵なアレンジになっています。

2. Odyssey One (Odyssey Club Mix) - Federation X (1996)

インスト。Grant Nelsonの別名義、Federation X。discogによると、Mustafa Gündogduとのユニットのようです。一昔前のサウンドという感じがしますが、ここ数年ハウス界ではスウィング強めのグルーヴの流れが来ているのを感じているので、案外そういうサウンドとは相性が良いのかなぁと。

フュージョングループ、カシオペアのDazzlingが好きな人が好みそうなコード進行です。

3. Sweet Memories (Scott Diaz Flashback Mix) - True2Life, Phillip Ramirez (2014)

インスト。跳ね系で、前のトラックから引き継いでいます。こういうトラックはかっこいいですが、アクセント的にいれないと飽きるので、全体の中にエッセンス的に入れるのがグー。

4. Runnin (Club Mix) - Phlash, Friends (2008)

女性ボーカル。トラックとしては結構遅いのですが、テンポ上げています。アーティスト名で見ると、見逃しがちですがすごいメンバーが関わっているトラックです。

Written by Shea Soul, Mark de Clive-Lowe, Phil Asher
Published by Mizugaki Music/Phlash Music/Westbury Music Ltd/Copyright Control
Vocals by Shea Soul
Keyboards & Acoustic Piano by Mark de Clive-Lowe
Drums by Phil Asher



5. I Know (Vocal Mix) - Beat Rivals, Ms Swaby (2018)

女性ボーカル。ハウストラックのベーシストの中で一番好きなGene Perezが演奏しています。トラックの質感はとても柔らかい雰囲気がして、かなり好みのまとめ方です。後ろでさり気なく入るパーカッションがグルーヴを生み出していて、静かながら踊れる良トラック。

Additional Keys & Solos by Michele Chiavarini
Bass by Gene Perez



6. Some Other Wonder (Sunlightsquare Remix) - Colman Brothers (2013)

女性ボーカル。ボーカルはJazzボーカリストの、Sara Colmanでオリジナルのリリースは2011年。オリジナルはかなりBossaっぽいトラックです。少しKeyを下げすぎているので、女性ボーカルの美しさが失われてしまっているかも。。。


01 Colman Brothers - Some Other Wonder (feat. Sara Colman) [Wah Wah 45s]

7. Before The Night Is Over (Rightside Remix) - Soulful Session, Lizzie Nightingale (2014)

女性ボーカル。ぐんぐんテンションを落としていきます。RightsideはMarco AtellaとLuzio Marinelliのユニット。

8. Remember Me (Mr.V De Ja Vu Main Mix) - DeepCitySoul, Rainy Payne (2010)

インスト。Mr.V De Ja Vu Main Mixはアフロハウス寄りのディープハウスみたいな仕上がりになっており、ストリングスとエレピが横の流れを感じさせる中で、ストイックに打ち続けるキックの対比が美しいです。

9. A Storm On A Summers Day - Full Crate, Gaidaa (2018)

女性ボーカル。多分カテゴリーとしてはハウスカテゴリーではないかなぁと思うのですが、雰囲気作りがとてもかっこいいのです。前の曲のキックが消失してから入ってくる、この曲の一発目のキックがなった時、本当に心地よいなぁと思います。美メロ。


Full Crate - A Storm On A Summers Day ft. Gaidaa (Official Video)

MIXをダウンロードする (117MB / 51分12秒)

このページのトップに戻る

原始炭焼 燗と の 土鍋ごはん / 大トロ鰯焼き など (盛岡)

DSCF9390.jpg

原始炭焼 燗と。友人が以前ふらっと寄ったときに美味しかったと言っていたので。
「燗と」で、かんと と読むらしい。

DSCF9393.jpg

お通し。

DSCF9392.jpg

ポテトサラダはガーリックでしょうか? 結構風味が強いです。

DSCF9394.jpg

DSCF9395.jpg

揚げ浸し。なんでこんなに美味しいの。お野菜の揚げ浸しはどこで食べても好みなので、ぜひ家でも料理に挑戦してみたいところ。

DSCF9396.jpg

福島のお酒があったのでメモさせてもらいました。伝承 山廃純米 末廣 (すえひろ)。

DSCF9398.jpg

贅沢にきのこと鮭が入った土鍋ごはん。

DSCF9399.jpg

流石に厨房の写真を撮らせてとは言えなかったので遠慮したのですが、こちらのお店ろばた焼きのお店でして、じっくりと炭のまわりで食材に火を通して焼いていきます。こちら、大トロ鰯 (いわし)。

お魚の他にも、大きい一枚肉のお肉なども焼いていて、見てるだけで楽しいですね。

このページのトップに戻る

蔵Cafeレストラン 康瓏堂 [こうろうどう] の 夜のお茶づくしコースメニュー (大館)

DSCF9376_20191103060526bbb.jpg

わらびもち が絶品の、蔵Cafeレストラン 康瓏堂 [こうろうどう] に夜のコースメニューを食べにいってきました。お茶づくしなコースで3,000円ちょっと。ランチは予約は必要ありませんが、夜は完全予約制で、ふらっと食べにいっても食べることができません。

夜はお茶以外に、お酒を飲むことが出来ます。雰囲気は居酒屋とはまったく異なりますが、落ち着いた会であればなかなか大館にはないタイプの雰囲気のお店なので楽しめるでしょう。

DSCF9379.jpg

京都と大館を行き来して営業されているお店ですが、家庭で食べられるおばんざい (京都の常の日のお惣菜) というのは、精進料理と違って結構味が(想像よりは)濃い目・甘めに作られているとか。

人生全うして死ぬまでに、すべてを経験できるわけではありません。少ない経験を元に自分が「好き」か「好きでない」かの話であるために、京都はこうだ!!と言い切る気はまったくありませんが、食文化を知るきっかけを教えていただくと、幅が広がっていきますね。

人の話は喜んでききましょう。

DSCF9380.jpg

お茶をウリにするお店ということで、たくさんの種類のお店があります。かしこまってお茶を飲むのではなく、もっと気軽に楽しんでほしいという気持ちが伝わってきます。

DSCF9381.jpg

どの料理も味付けされているので、後からかける調味料は用意されていませんが、しっかり風味を感じることが出来ます。

DSCF9383.jpg

DSCF9385.jpg

お魚美味でしたね。これも衣にお茶が使われています。

DSCF9386.jpg

DSCF9387_20191103062213649.jpg

DSCF9388.jpg

昔であれば絶対に足りなかったであろう量ですが、ゆっくり食べて満足できました。随分、体質的に少なくても良くなってきているのでしょうね (それでも、食べちゃうけど)

美味しかったので、また機会あれば予約して利用してみたいですね。

このページのトップに戻る

COFFEE & HAMBURG レオス の オムカレー チーズ入り (岩手県八幡平市)

XE1S9406.jpg

COFFEE & HAMBURG レオス。喫茶店な雰囲気ですが、結構食事メインのお店ですね。

XE1S9408.jpg
オムカレー [チーズ入り] (800円)。

XE1S9409.jpg

辛味がほとんどないタイプのサクッと食べられるカレー。

XE1S9411.jpg

食後にレオスブレンド (+300円) をいただきました。

このページのトップに戻る