プラグが折り畳める PD20W対応充電器 Anker PowerPort III 20W Cube を購入

DSC_2205.jpg

Ankerから発売されているPD20W対応充電器。

左がAnker 312 Charger 20W (A2670N21)。約35 x 31 x 31mm。約40g。見た目はマット。¥1,490。
右がAnker PowerPort III 20W Cube (A2149N21)。約32 x 32 x 33mm。約38g。見た目は少しテカテカ。¥1,990。

多少の違いはあるものの、両方とも20Wの充電器で大幅にサイズが違うわけではありません。

私は持っていませんが、
Anker Nano Charger 20W (A2637126) 。約30 x 30 x 30mm。約34g。¥1,690
Anker PowerPort III Nano 20W (A2633N24)。約45 x 27 x 27mm(プラグ部含む)。約30g。¥1,780。
なども存在します。

DSC_2207.jpg

写真が逆転して、左がAnker PowerPort III 20W Cube、右がAnker 312 Charger 20W。

Anker 312 Charger 20Wを元々セールか何かで購入していたのですが、その後Anker PowerPort III 20W Cubeの存在に気付きまして買い直しました。自宅では同社の65WPD充電器を使用していますが、旅行先などではスマホの充電だけで十分のため、小さいものが欲しかったのですよね。

Anker PowerPort III 20W Cubeは2022年5月に発売されたモデルのようなのですが、プラグ部を折りたたむことができるためコンパクトになります。他のモデルはプラグ部が折りたためないため持ち運びの際に少しかさばってしまいます。

現在は窒化ガリウムを使った充電器が小型化に貢献していますが、将来の半導体技術でこれよりも小さい充電器が作れるようになっていくのでしょうか。プラグ部の大きさは固定なことを考えると現時点でもかなり攻めていると思いますが、技術が進歩していくことを楽しみにしています。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

明けましておめでとうございます。
新年が良い年になりますよう、心からお祈りしております。
Anker、自分も利用しております。
Anker Nano II 65Wです。これ一台でノートPCからスマホまで重宝しております。
年末の話しですが、仕事納めを終え、十数年ぶりに新橋にあるスタンドカレー店のスマトラで腹を満たしました。メニューは普通盛と大盛のみ。いたってシンプル、味も30数年前と変わりません。
駅前で、Stand By Meをしゃがれ声で歌っている青年がいました。遠い故郷を思いだし聞き入っておりました。
ブログを見ると、ご苦労があったと思いますが、わたくし自身こちらのブログで故郷を思い出している一人であります。助けられているといっても過言ではありません。いつも、ありがとうございます!

新年明けましておめでとうございます
昨年はつたなきブログへ
ご訪問を賜りありがとうございました

本年はブログ更新を増やしたいと思いますので
引き続き
秋田そして弘前の情報発信
よろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

>> バルト さん

Anker Nano II 65W、まったく同じものを使っています。サイズ感もちょうどよいですよね。

ブックマークしているお店が関東がほぼほぼで東北付近の情報に非常に疎くなっていますが、興味を持ったことを記録していきたいと思いますので、本年もよろしくお願いします。

>> 朝弁 さん

朝弁さんのブログを見ますと、写真ってやっぱりいいなって純粋に思います。自分の写欲が昔より落ち着いてしまってはいますが、今でも良いという気持ちはありますので、周りから良い影響を取り入れていれてフレッシュな気持ちで動いていきたいですね。本年もよろしくお願いします。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る