富久長 八反草 HENPEI

DSC_2061.jpg

富久長 八反草 HENPEI。

弘前のあさり酒店でオススメしてもらったお酒。私、日本酒は酒造好適米の八反錦を使ったお酒が好きなのですが、その八反系のルーツとなるお米が八反草とのこと。八反35や八反1号は聞いたことがありますが、八反草は初めて聞きました。栽培の難しさから一度は途絶えてしまったようですが、富久長がその復活に携わっているとか。

しかもこちらのお酒、通常の精米方法とは違う扁平(へんぺい)という方法で精米されているようで、通常の均一に削る方法よりも精米歩合が高くしても雑味の少ないお酒を作れるとか。その精米には広島のサタケという精米メーカーが関わっているようです。

まったく知りませんでしたが、地元秋田の新政酒造も扁平精米を使用しているようですね。勉強になりました。

伝統を重んじ不易流行の精神で挑戦を続ける新政酒造|サタケ



開栓した直後のファーストインパクトは自分の好みとは少し外れているような気がしましたが、気付いたら一本すぐに空けていましたね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る