レンズ XC 16-50mm F3.5-5.6 OIS 購入

DSCF6171_2014070720235941a.jpg

最後まで広角単焦点「XF 18mm F2 R」と迷いましたが、結局XCズームレンズを購入することに。

自分は広角域っていうのはかなり苦手なのですが、どうしてもシーン的に広角が必要になる場合があります。しかも、そういうシーンっていうのはとにかく広く写したい場合が多く、換算24mmスタートであるこのズームレンズが良いかなぁと思ったわけです。中古で15,000円くらいなのでXシリーズの中では激安の部類。

外観はおそろしいくらいチープで、レンズをズームした時の安っぽい感覚が微妙です。写りは悪くないのでそこに我慢できるかですが、もしどうせレンズにお金をかけるのなら中望遠側の単焦点を揃えたいので、このチョイスで正解かな。

DSCF6172_2014070720240100a.jpg

普段使っている35mmF1.4のレンズはもうだいぶ外観がボロボロになってきましたが、ほんといいレンズだと思います。

DSCF6178.jpg

時間がなく試写すらできてないのですが、取り敢えず室内フォト。換算50mm程度に合わせてPモードで撮影。
ズームレンズは絞り値が広角側と望遠側で変わってしまうので、機械任せにしたほうが撮影に集中できるような気がします。ボケ味欲しいなら単焦点に任せて、ズームレンズは絞り気味の写真を撮るときに使いたい。

ちょっと甘いような描写な気がするのはAFがあってないからか、絞り足りないからか、レンズの性能が微妙なのかはこれだけでは判断できませんが、時間がとれたら色々撮ってみたいですね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

私が持っているズームはX-E2のキットレンズ(18-55mm)なのですが、16mmスタートは魅力ですね。あと軽い!
東京滞在の記事も拝見しましたが、自分自身が普段はあまり撮らないのに旅行の時には結構建物入り風景として撮ってしまうタイプだと気づかされました(笑)確かに35mmでは思うようにいかない時もありました。
こういう時にズームは便利ですね。

コメントの編集

>> しめさば さん

東京滞在したときに思ったのですが、田舎と都会では被写体の距離感が違うんだなとものすごく思いました。

田舎では結構引いて撮れる場面でも、都会ではそうもいかないときがあって、広角が中望遠かどちらかで全体を写すか、切り取るかを選ばないとなかなか中途半端になってしまう気がしました。

広角24mmは三脚立てて星空の撮影なんかにも重宝しそうですし、レンズ自体が安いので買ってみた感じでしょうか。

昔18-55mm持ってたんですが、単焦点に比べてボケ味中途半端で売っちゃったんですよね。絞るならズームレンズで暗いのでも全然問題ないと思って16-50mmを選びました。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る