最近気になったブログ記事 2014/04/12

ゆず屋


内容はちょっとマニアックすぎるブログなのですが、文字を見ただけでなんのフォントかわかってしまう人ってすごい才能だと思う。最初は明朝体使おうと思ったのだけど、明朝体ってちゃんとしたやつじゃないと読みやすくないんですね。

レンズ型カメラDSC-QX10を購入して半年!使ってみた感想などを書いてみた。 (暢気なブログ NobiLog)


予想はしてたけどもやっぱりデジカメの代わりにはならないようですね。

おからの話 (産直便り)


数日前から大館の「山王食品」がブログを始めています。ここのおからドーナツ美味しいんですよね。自分は仕事のため行けませんが、現在さんのう市開催中らしいです。

軽自動車専門店「ガリバー ミニクル」


あれこのサイト書きましたっけ? 盛岡に唯一あるガリバーの軽専門店。色使いがとっても好みで、実店舗もかなりカワイイです。

環境は人を変える 何事も上手くいかない時はまず環境見直しから (まじめ系クズの日常)


読んでいるとタメになるのですが、特に番外編が面白いことを書いています。自分が変わることは容易です。気持ちさえあればね。

テレビを見なくなって7年くらいになるけど特に何も困らないんだぜ (APOLLON)


自分年間でテレビっていうものを累計24時間も見ないと思います。見るとしてもNHKニュースをちょっとくらい。

テレビってものは面白い部分もあると思うのだけど、受動的だから時間が勿体ないのです。興味のあることは山ほどあって、探したい知りたいことは頭の中にたくさん浮かんでくるんです。だからテレビを見ない。ただそれだけのこと。別に嫌いじゃないんです。

劣等感×自己啓発 (Green Mercury)


『「世間的」という言葉、「常識」でもいいが、その言葉の中に含む基準は無数にある。ネットユーザーの中での常識、中高生の中での常識、都会人での常識。どれもごっちゃになっている「常識」という言葉。そんな「常識的に考えて〜」という判断は、一概に中身が無く、究極の自意識だと考えている。』

なんかこの記事を読んでいると自分とかぶってしまうところがたくさんあるな。

良いコミュニケーションは、水のごとし。 (Rail or Fly)


サシ飲みという行為に憧れがあるんだけども、自分はあまりそういう経験がない。

自分は話すのも聞くのも好きなんだけども、相手から特定の話題を熱く語ってくれることは少ない。一方的に自分が話している時っていうのは楽しい部分ももちろんあるけども、張り合いの無さを感じていて良いコミュニケーションとは到底感じられる状態ではない。いずれ、印象に残らないのに、また飲みたくなる。そして決して飽きない水のようなコミュニケーションがしてみたいものです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

目が慣れないせいか字体に目がついていけない・・

>> おかか さん

すみません。今自分の中で満足できなくて試行錯誤中ですのでしばらくお待ち下さいませ。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る