仁賀保の自然を満喫 中島台レクレーションの森 (後編)

(すべてFUJI X-E1 / XF35mm)

DSCF6504.jpg

自分が前使っていたカメラFUJIFILM X10は彼が今使ってくれています。写真が好きな人に過去に自分が使っていたカメラを使われるというのはすごく嬉しいことです。

DSCF6525.jpg

あがりこ大王まで行くと行き止まりなので戻って、出つぼに向かいます。

DSCF6532.jpg

うーむ、写真じゃ伝わりにくい(笑) 鳥海山の雪解け水が長い年月をかけ、ここから湧き出ているのですが、酸性で結構冷たい水です。実際に見ると透明で綺麗なんです。

DSCF6533.jpg

出つぼ反対側から

DSCF6534.jpg

一応近くに看板もあります。

DSCF6537.jpg

出つぼから奥のあたりは岩がゴツゴツしていて急に歩きにくくなります。歩きにくいのが嫌な方は同じルートを戻って鳥海まりもを見に行くのがいいでしょう。

DSCF6538.jpg

一応ここが道です。

DSCF6547.jpg

DSCF6548.jpg

こんなのが出てくるあたりに出るとようやく道が落ち着きますが、自然の中の人工物すぎて気分は変わっちゃうかも。自分は自然の中の人工物大好きなのでワクワクですけどね。このあたりは水路になっていて、下流に流す水の量を調節しているみたいです。一応手すりはあるけど無闇に近づいて落ちたりなんかしたら流れが速すぎて死んじゃいますね。通行注意です。

DSCF6556.jpg

この橋のあたりが鳥海まりもが見える位置なのですが、自分が行った時には確認することができずに残念。

DSCF6560.jpg

奥は行き止まり。

DSCF6562.jpg

人間の力って自然を相手にすると小さいですね。コンクリートで水路を作ったはいいけど、流れる水の量が多いのが溢れています。なんとか通れますが、ちょっと危ないかな。


実に楽しい2時間でした。15時以降の散策ルートへのスタートは安全上の観点からか禁止しているようなので、時間に注意して遊びに行ってみると良いと思います。本当に良い場所でした。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る