大型1.0型ExmorCMOSセンサー / 広角側開放F値1.8 SONY Cyber-shot DSC-RX100発表

rx100.jpg

ソニーから素晴らしいカメラが発表されました。以前「自分の思うかっこいいカメラとは」という記事でも話しましたが、上面がフラットで全体的に丸さがあり、まさに理想の形のカメラが発表されました。

Nikon1のようにも見えますが、DSC-RX100の沈胴式ズームレンズは、レンズ交換式にはないコンパクトさを出すには大きな魅力となっています。

1インチセンサーは今自分が使っているFUJI X10の2/3インチセンサーよりも若干大きく、m4/3よりも小さいというセンサー。個人的にマクロ撮影をした時にボケすぎない (被写界深度が深い)、そして一般的なコンデジより受光面積が広くノイズが少ないという点では、すごく魅力を感じているセンサーサイズです。センサーが大きいことはメリットではありますが、逆にレンズサイズが大きくなったりとデメリットとなる点も多いと思います。

35mm換算値は、静止画4:3時は30-108mm、静止画3:2時は28-100mmとなるようで、3:2のフォーマットで撮ることを前提に考えている感じでしょうか。開放F値はF1.8(ワイド端時) -4.9(テレ端時)で、1インチセンサーでF1.8であるというメリットはかなり大きいと思われます。SSを稼いで、被写界深度も浅すぎない写真が撮れます。

前に使っていたNEX-3は自分設定を保存できなく不便でしたが、このカメラには自分好みの設定を登録できる「MR(メモリーリコール)」モードがあったり、画素に白画素を追加し、画面をより明るくする新技術”WhiteMagic(TM)”を採用した約122.9万ドット3.0型「エクストラファイン液晶」を搭載。水平線に加え、上下方向の傾きにも対応する2軸式の「電子水準器」を採用。さらにはNEXではお馴染みのマイフォトスタイル、ピクチャーエフェクト、クリエイティブスタイルも適用可能という至れり尽くせりの内容となっています。

店頭予想価格は7万円ということでかなり高めですが、値段が落ち着き4万円前後で買えるようになれば、レンズが大きいNEXよりも室内撮影などでアドバンテージはありそうですね。NEXを使った時にSONYの絵作りはあまりツボにはまらなかったのですが、高感度に定評のあるソニー製センサーが1インチでどこまで粘るのか楽しみですね。常用ISO1600程度、夜間ISO6400まで使えたら個人的にはかなり嬉しいです。

Canonも小型ミラーレスを出す噂がありますし、Pentaxの動向も気になるしカメラ好きとなってしまった自分は、目が離せない状況が続きそうです。

B00898JY8E
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

これはどうなんですかね^^
2000万画素は高感度耐性に弊害が出そうですが、、、

でもNEXの夜間撮影機能が搭載されてるのなら問題なさそうですね^^

自分も一眼以外によく撮れるカメラほしいので結構興味深いです^^

>> カルボナーラ さん

どこまで許容できるかの話になりますが、自分がみたサンプルの感じではISO1600程度までは問題なく使えるように思えました。ISO3200からはコンデジにしてはよく写る程度のもので、一眼とは違うでしょうね。

2000万画素にしたのは、多分全画素超解像技術などとの兼ね合いもあってのことだと思うのですが、APS-Cサイズセンサーくらいのカメラでないとここまでの高画素は不要だと思います。

サブカメラとして持つには大きさ/スペックのバランスが撮れた素晴らしい機種であることには間違いないと思うのですが、レンズが小型化されて無理な設計になっていないか心配な部分がありますね。CanonのG1Xはセンサーに対してレンズが小さすぎるイメージがありましたから。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る