RICOH CX1 で望遠マクロ撮影してみた

RIMG0382.jpg

動体撮影でなければかなり良い絵が出てくるFUJI X10をメインカメラとして使っていますが、望遠側で寄れない状況が結構多く気になることがあります。

通常であれば一眼にマクロレンズを購入して撮影すると思うのですが、コンデジで望遠側で近づいてマクロ撮影できるのはリコーのCXシリーズのみ。兄用に2010年にCX1を購入していたのを思い出し借りて使ってみました。

CX1は2009年3月に発売されたモデルで、手振れ補正機能も弱く、高感度特性にも弱い。ここ数年でのデジカメの進化がすごすぎるのですが、今使うには若干物足りなさも感じるモデル。

AFでのマクロ撮影はピントが合わないうえに遅いのでMFで合わせたほうが良いでしょう。この写真は失敗してピントが合ってません。

RIMG0383.jpg

望遠側で寄っているので無駄な背景が入らず、センサーの小さなコンデジでも適度にボケるのでそれっぽい写真が撮れます。ピントの合う範囲が狭いので本体をしっかり抑えないとピンボケ写真が量産されます。今日は雨模様で暗かったのでISO400を使いましたが、CX1で常用するのはちょっと厳しい画質に見えます。

RIMG0384.jpg

色ノリはあまり良くない感じなのでカメラ側で設定を煮詰める必要がありそうです。中古価格で6000円程度から取引されていると考えれば十分すぎるかな。

RIMG0385.jpg

葉っぱに水が溜まっています。



B0067OHT20

最新のCX6はかなり進化していて、裏面照射型CMOSセンサー、AF速度高速化、デジタルフィルター機能、ズームしている範囲が一目で確認できるズームアシストモニター機能、3.0型 透過型液晶 約123万ドットと普段撮りには素晴らしいカメラとなっています。約123万ドットの液晶って今使っているX10よりも綺麗だしいいねー。

暗い室内などで撮らないのであれば、普段使いするには使い勝手の良いカメラだと思います。自分用にマクロ撮影用カメラとして欲しいなぁ。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

おばんです(^ ^)
リコーはマクロ定評ありますよねー(^ ^)

自分はGRをいつかは手にしてみたいです(^ ^)
と、いいつつXS-1も使って見たいという…笑 妄想はタダですしね(^_^;)
駄文失礼しました(^_^;)

>> カルボナーラ さん

野外撮影で動体撮影せず大きさも気にしないの
だったらXS-1も十分な選択肢となると思います。
富士の発色であそこまでズームできると
色々な写真が楽しめそうです。

GRは最近手振れ補正がついたのでやっと
自分の中では選択肢に入ったかな。
写真を撮るのがまだまだ上手くないので
手振れ補正はあったほうがいいですね。

晴れてる日にCX1もうちょっと使ってみたいと
思います。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る