十和田湖冬物語2012 雪と光のファンタビスタ

DSCF7638.jpg

以前行ったときは昼だったのですが、やっぱりこのイベントは夜に見てみたいということで今年は夜行ってきました。

自分がついたのはちょっと早めの16時頃。イルミネーション店頭は17時頃なので時間がありました。まだ日も暮れかけていた時間帯でしたが、やはり17時を目安に来るお客さんが多いようで早めに行って混雑に巻き込まれずに良かったと思います。丁度除雪が終わって帰る除雪車。目立たない裏方ですが、こういう人がいないとこの雪の中でのイベントって出来ませんからね。

DSCF7646.jpg

DSCF7651.jpg

取り敢えず昼ごはんを食べていなかったので腹ごしらえ。「味噌カレー牛乳ラーメン」と「十和田バラ焼き丼」。どちらも600円です。飲食ブースはしっかり暖房があるため助かりますね。

DSCF7654.jpg

気になったのでこれも。肉巻きおにぎり (350円)。サイズは小さめ。

DSCF7657.jpg

会場内には飲み放題のホットワインがあります。グラスを事前に購入し、そのグラスを持って行くと会場内に数カ所ある場所で何杯でも飲むことができます。形が2種類あるので2つ購入。

DSCF7658.jpg

十和田湖畔温泉足湯体験や、子供の好きそうな雪の大型すべり台、この写真の スノーモービルも大盛況でした。

DSCF7667.jpg

会場の至るところにかまくらが。この中には氷の彫刻などが飾られています。

DSCF7670.jpg

会場を出たところの道路沿いにはバケツでつくったと思われるプチイルミネーション。

DSCF7673.jpg

会場から約10分ほどのところにある、乙女の像もライトアップされます。これもライトアップは17時から。

DSCF7675.jpg

乙女の像まで行く道は暗いのですが、道の脇にこんな明かりがあります。海に浮かべるやつだと思いますが、名前がわかりません。

DSCF7679.jpg

戻ってきたらだいぶ人が増えていました。雪の吹付けもかなり強い(笑)

DSCF7680.jpg

入口前はやはりいろいろな人が立ち止まって写真を撮るスポットになっていましたね。

DSCF7683.jpg

暗くなってきてようやくかっこよくなってきました。

DSCF7691.jpg

かまくらの中にコタツがあり、そこでお酒を飲むことのできる場所があります。そこの一角にカルピスとお酒の瓶があります。このカルピスのパックはかなり大きい物で、写真でとってみると普通のお酒のボトルがミニチュアサイズに見えます(笑)

DSCF7696.jpg

お金を払うとここで写真撮影してくれるのかな? ハート型になっているところで写真撮影できたりと、家族連れやカップルで写真を撮りやすそうなスポットがたくさんあるようですね。

DSCF7699.jpg

こちらもかまくらの中。車がありますが、これ春まで出られないようです。

DSCF7702.jpg

お酒のグラスは氷。梅酒を頼んだらリンゴの皮を凍らせたものに入って出てきました。

DSCF7722.jpg

氷のテーブルに乗せられた照明も綺麗ですね。

DSCF7729.jpg

この時外は-8度。数時間ずっと雪に当たり続けるのは体力を消耗します。体をあっためるために豚汁 (300円)を。

DSCF7731.jpg

飲食ブースの他に無料休憩スペースもあります。この建物の奥は子供のオシメなどを変えられるスペースになっているので小さいお子さんいる方には嬉しい配慮ですね。

DSCF7750.jpg

暗くなってくるとイルミネーションが一層綺麗です。



花火は8時ころから打ち上げなのですが、その前にステージ前でムービングライトショーが行われていました。これの前にもステージではいろいろなことが行われていて、和太鼓の演奏など見応えあります。

DSCF7759.jpg

10分ほどの冬花火。時間は長くはないのですが、十分すぎる量だと思いましたよ。自分はよく阿仁の花火を夏に見に行くのですが、それよりも大きく見える感じで迫力がありました。シンガーソングライターの方がオリジナルで作った曲に合わせて冬の夜空に打ち上げられる花火は素敵です。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る