十和田湖 ~ 奥入瀬渓流を抜けて十和田市へ

DSC01059.jpg

昨日夜は、温泉ブロガー「シドの温泉日記♪Vol 2」のシドさんと、ラーメンブロガー「ベルカンプの貪欲ラーメン巡り」のベルカンプさんと、十和田市でプチオフをしました。

私自身が、十和田市でバラ焼きを食べてみたかったというのと、食べ歩きという関係で3人に共通点があったのでこのメンバーでのオフとなりました。ベルカンプさんとシドさんはお互い初対面なはずなのですが、まったくそんな感じがしませんでした(笑) 画像がかなり多いので毎日少しづつ整理していこうと思います。

DSC01267.jpg

昨日の十和田湖は快晴で水面がとても綺麗でした。この写真は十和田湖休屋付近での一枚。ちょっと十和田市までの予定時間がわからなかったため、あまり十和田湖には入れなかったのですが、いつか時間を見てまた写真取りに行きたいです。

DSC01227.jpg

DSC01241.jpg

DSC01243.jpg


十和田湖から十和田市に抜けるためには、奥入瀬渓流を通ることになります。

実は今回この奥入瀬渓流を行くのをすごく楽しみにしていました。それはミラーレス一眼 SONY NEX-3を買って初めての奥入瀬渓流だからです。

滝や渓流の流れを撮る際に綺麗に見せるには、シャッター速度を落として水の流れが止まったように見せる必要があります。今まで使っていたコンデジでもシャッター速度を落とす設定はあるのですが、限界があってある一定値を超えるとそれ以上シャッターが遅く切れませんでした。

一眼でシャッター速度を落とす場合には「NDフィルター (減光フィルター)」をレンズにセットします。私はNEX-3を買ったときにND8という減光フィルターを買っていたのですが、使うのは今回が初めてです。シャッター速度が落ちるということは、手ぶれしやすいということなので本来は三脚を使ったほうが良いと思うのですが、今回は全て三脚なしの撮影です。何度か試してみたところコツは

1.  水の流れが速い、流れる量が多いところを選ぶ
シャッター速度が極端に遅くなくても流れてるように見せることができる

2.  カメラをおける岩、柱などがある場所を探す
手ぶれを極力防ぐためにどこかカメラを固定できそうな場所を見つける



三脚を使った時ほどくっきりは映らないと思いますが、試行錯誤でここまで撮れました。

DSC01218.jpg

雲井の滝。水量豊富です。

DSC01257.jpg

九段の滝。水量は少ないですが見ごたえがあります。

DSC01233.jpg

九段の滝付近の橋から一枚。奥入瀬渓流で見るなら「阿修羅の流れ」はいいですよ。荒々しくてカッコイイです。

DSC01238.jpg

銚子大滝。多分奥入瀬渓流で一番有名で、ダイナミックな滝なのですが実は私見るのは初めて。駐車スペースから降りてすぐのところにあるので行くのは容易なはずなのですが、いつも通りすぎてました。水しぶきがすごく滝の近くにいくだけでパワーを感じることができると思います。

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

昨日、今日とほんとお疲れ様でした。
これからディープなTWDワールド編に続くわけですね(笑)

機会があればぜひまたお越し下さい(^^)/

>> シド さん

DTWD をブログで取り上げていきます。
これもシドさんの案内のおかげです(笑)

DJもそうですが、十和田の人の楽しさに
笑いまくりました。また行きたいです。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る