自炊 : 自作マヨネーズができた

XE1S2120.jpg

6月10日に自作マヨネーズができなかったという記事を書いたのだけど悔しいので再挑戦してみた。

どうやらシンプルに、卵黄・油・酢の混合で作ると失敗しやすいとのこと。あと使う材料を常温に戻すのを怠ると確実に失敗するとのこと。

今回は卵黄の状態だけにして1時間ほどラップをして置いておいたものを使用。卵白は勿体無いので先ほどのチャーハンに使用しました。

① 粒入りマスタードを 小さじ1 入れたものに、卵黄1個を混ぜ合わせる
  ※前回はこの工程で卵黄が常温に戻っていなかったと思われる
② 酢を小さじ1 とちょっと入れて、よく混ぜる
  ※前回はこの工程をさらっと混ぜた。さらに最初の段階で酢を投入していた
③ 油をちょっとずつ足しながら、思いっきり混ぜ合わせていく
  ※前回は菜箸でやったのだけれど、今回はみそマドラーを使用。



XE1S2123.jpg

油の量で硬さを調整するのですが、大さじ5 (75cc)くらいの油を混ぜると市販のマヨネーズよりも柔らかいくらいに仕上がる。硬さが欲しいなら大さじ6くらいは必要になるようなので、卵黄1つにつき100ccを越えるマヨネーズが出来ることとなる。

一度に使う量がこれよりも少ない場合は市販のマヨネーズを使ったほうが無駄が出ないのだけれども、ポテトサラダなどに使うならこの量でちょうどよいかと思います。

手をつかって混ぜる場合は多分5分くらいで出来ますが、ハンドブレンダーなどの電動機器を使うと1分ほどで出来るとか。

XE1S2125.jpg

酢を小さじ1より多くいれたせいか、市販のマヨネーズよりも酸味が強い感じ。今回は米油を使用していますが、油をたくさん使うのでコスト的にはサラダ油のほうが良いかと思います。

マスタードは高いものを使うと良いらしいのだけど、手持ちのチューブでも出来たので家にあるものでも作れそう。

XE1S2128.jpg

前回見た目がイマイチだったフジッリも今回はこうなりました。

・ゆで卵が茹でたりなかったのをしっかり固茹でにした
・見た目にパセリをトッピング

塩は安いものを使用しましたが、母から一人暮らしをするなら少し高めの塩を買うと良いとアドバイスをもらいました。そういえば、外食していたときに店の人もよく話してたっけな。安い塩は少し入れるだけでしょっぱくなるけど、高い塩は微調整がきくから味付けもしやすくなるとか。理屈はわかりませんが、そういうものっぽいです。


このページのトップに戻る

一人分のみそ汁は みそ 大さじ1 と だしの素 1g

XE1S2107.jpg

だし入りの液みそが自分好みの味にならなかったので、実験してみます。

ダイソーで売っているみそ汁達人を購入。味噌の中でクルッと回すと大さじ1 または 大さじ2 の味噌が取れる便利ツールです。計量みそマドラー。

左にあるのは、だしの素 5g。今は小分けの袋で管理をしていますが、いずれは一つの容器にいれて使用したいですね。

XE1S2113.jpg

お湯をいれたお味噌汁のお椀に、直接みそ汁達人を入れてシャバシャバやってみましたが、味噌が浮遊して溶けにくかったので、無印良品のシリコーン調理スプーンをおたま代わりにして味噌をとかします。

その後に、だしの素を1g程度入れます。

XE1S2114.jpg

万能ねぎをちらして、いざ実食。

あからさまに液みそよりも美味しいお味噌汁で、100均のみそマドラーの精度のせいなのかやや濃い目の味がします。具材に豆腐などを使用すればもう少し薄めになるかもしれませんので、お椀自体をもう少し大きめの用意して一人分作るというのが良さそうですね。

一人分のみそ汁ならこの作り方が楽です。

このページのトップに戻る

無印良品 の シリコーン調理スプーン は使いやすい

XE1S2115.jpg

主婦の間でも評価が高いというウワサの、無印良品のシリコーン調理スプーン。

一人暮らしする上で、おたまと木べらを二つ用意する必要はあるのかと散々迷った結果、これを選択。もし、別にするのであれば、 大久保ハウス木工舎の桜の木のへら を購入してみようかと思っていたのですが、即納できないとのことだったので辞めました。

XE1S2116.jpg

早速、リバーライトの極 (きわめ)を使って、チャーハンを作ってみることに。他の料理はまだまだ慣れませんけど、チャーハンに限ってはだいぶ上手く出来るようになりました。 (と言っても、料理上手い人の足元にも及びません)

シリコーン調理スプーンは具材をすくえるようにラウンドしているため、その部分についたお米はフライパンの縁に叩きつけて落とさないと落ちにくいようです。

真ん中の部分はかなり硬質で、縁の部分だけシリコーンの柔らかい感じになっているので炒めている最中は、ぐにゃぐにゃしません。つなぎ目がないので洗うときも清潔に保てます。

耐熱温度高めのようで、実際に鉄のフライパンと合わせて使用している方のレポもネット上にありました。

XE1S2118.jpg

一人暮らしの際に譲り受けることが確定したコリラックマのこのお皿。深さもサイズも完全に一人暮らし向けですね。何を作ってもちょうどいい。

このページのトップに戻る

継続したコミュニケーションの難しさ

人と交流する能力が極めて低い自分にも得意なことがあって、どこかに出かけるとなったときの予定を立てるのはかなり得意。

友人から大雑把にここに行きたいと言われたら、その周辺情報も含めて調べあげられるし、天候別にAプラン・Bプラン かなり融通がきくように調べ上げる。交通費も最安値になるように調べて、お金をかけた場合時間を省略できるかどうか、ホテルも相手の求める条件を考えつつ選択する。飲食店のチョイスも相手が今まで気に入ってくれたものを考慮する。

自分だけのことでないとなると、やる気がものすごく上がるのは自分の特徴であって、ここ数年その感覚が湧いてこないのは、自分ひとりで行動するのが当たり前となってしまっているからである。

「誰かのために役に立ちたい」っていう気持ちは常々どこかに持っているのだと思うのだけれど、「自分がいてよかった」と相手から表現されること、その返答を心待ちにして頼っているというのは自己肯定感が弱い人間なんだよなぁ。

自己肯定感が低い人が自分が大丈夫だと肯定感を強めるようにする、自分はなんでも出来ると突き詰めていった結果、他人を求めることをしなくなると、さらにこの欲求は満たされない。この依存を切れない限りは負のループに突入するわけだ。

昔ほどネガティブに沈むことはなくなったし、この記事を書いている今でもネガティブモードではないのですが、人と上手く交流するのは難しいなぁと思う。

自分は「その人が何をやっているか」「その人が何に興味があるのか」に対して非常に興味が薄い。必要なら相手が話すだろうと思っているところが既に待ちの姿勢なのだ。これはブログ脳なのかもしれないけど、人を認知する前に内容から入って、その後に人がくっついてくる思考が強すぎるのかもしれません。ネットの世界はいつでも内面から。

なぜ、必要なら相手が話すだろうと待ってしまうのかといえば、待っていても誘ってもらえる人が現実世界に存在するからで、その存在に憧れがあるからなのじゃないかと思う。ただ、そういう人は自分にない「明るさ」「コミュニケーション能力」といったものを持っていて、それゆえにそのような環境が成立するのだろうとも予測できる。

コミュニケーションに関して、考察したってリアルタイムでの接し方は変わってしまうから何の意味もないのだろうけど、コミュニケーションが下手だからコミュニケーションをどう上手く "続けられるか" を考えなければ自分は何も変われないのだと思う。

① 人に対してそんなに興味がない
② 自分のことをたくさん話す人は絡みやすいので好き
③ 少しでも興味を持つと一気に距離感が縮まる
④ 相手から興味を持たれてないとわかると一気に冷める
⑤ そのくせ、相手から求められたがる


改めて書いてみて思うが、超面倒くさいタイプの人間である(笑) これが自分なのですが、④を改善しない限りは継続したコミュニケーションは出来ないのだろう。Facebookの個人ページではSNS交流しない人を定期的に整理することを宣言してあって、実際どこかで出会って繋がった人でも、数週間交流がなければ切ってしまうことも多い。

自分だけのことでないとなると、やる気がものすごく上がるのは自分の特徴と認知しているので、相手に対して "好感" を持っていると尽くすタイプの人間であるのは間違いないのです。

そこまでの熱意を伝えられる人に、自ら出会えないようにしている自分の行動の悪い部分、どうにかしないとなぁ。

このページのトップに戻る

一日最大どれくらい通信して、一ヶ月どれくらい必要なのか

「nuroモバイル」の戦略を聞く 「5時間」プランの手応え、「0 SIM」の現状 (ITmedia Mobile)



友人は、自分よりもっと前に固定回線がない生活を送っている。

固定回線が引ける状態にないから、モバイル回線で固定回線のように扱えるとしてたどり着いたのが、nuroモバイルの5時間プランだったようだ。2,500円で5時間/日使えて、その後の通信は200kbpsに落ちる。5時間以内だったら、いくらでも通信できるから、音楽データのダウンロードでも、動画サイトを見るのでもなんでも利用できるが、5時間以上一定量通信したい人には向かない。

自分が今使っているのは、高速通信こそできないものの、1,944円で500kbps通信できるOCNモバイルONEのプラン。1日あたりの制限はなく、日ごとに通信量に差がある人にはベストプランだと思うのだけれども、15GB/月という制限があるので、動画鑑賞をがっつり行うというのには不向き。

存在をすっかり忘れていたのですが、マイナーSIMカードとして、1,580円で700kbps通信できるF-使い放題700というプランが存在する。nuroモバイルを現在契約している友人が過去に使ったときは、通信速度は遅めだったと聞くけども、月間30GBほど通信できて、この価格はかなり安いと思う。制限後のスピードが極端に遅いと困るけども、1GB/日まで制限がかからないとすれば、自分の使い方では、まず問題ないように思う。

今でも安いと思うのに、また固定費が下がると思ったら挑戦したい欲が出てきました。

一日制限があるSIMと制限がないSIM、一日最大どれくらい通信して、一ヶ月どれくらい必要なのか。頭では計算出来ても、なかなか実際どうかと聞かれると答えが難しい。

このページのトップに戻る

固定回線なくて問題なし



OCNモバイルONE 500kbpsプランを使用して、固定回線をなしで生活できるか試しているところですが、全く問題ない感じです。

現在のペースで行けば12GBも使えばいいほうで、使いきれずに終わる見込み。

ロケットモバイル250kbpsよりも回線速度がはやくなったことで、SMARTalkも切れなくなったし、良いことだらけ。動画以外でブラウジングでこの速度で困ることはほとんどありません。

Windowsタブレットを愛用しているので、外出先に持ち出すのは容易だから必要ならコンビニWIFIを使えばいい。

都会の方には想像つきにくいかもしれませんが、田舎だと車社会なので、車の中からWIFIスポットが利用できる (本来の使い方ではないかもしれないが、電波は届く)



週一回くらいのペースでWindows Updateをしている感じ。更新、再起動で10分もあれば終わるから会社の通勤途中でも十分対応可能。

Windowsをタブレット単体で使うことは滅多にないけども、持ち運びの利便性からタブレットスタイルは好きです。

パソコンを使ってDJをやるとき、ファイル整理をする時、正確なマウス操作を必要としないならこれで問題は出ないし、ペンスタイルが使えるならその心配もなくなる。

今回一応Bluetoothキーボードも持ちましたが、ChromeブラウザにファミマWIFIの登録情報を記憶しておけばそれすら不要。タブレットのタッチパネルだけですべての更新が終わる。

10.8型のタブレットは小さい方ではあると思うけど、やはり8-9型くらいの500-600g Core m3タブレットがあったら欲しいなぁと思う。

このページのトップに戻る

濃厚魚節つけ麺 焚節[のぶ] の 濃厚魚介らーめん (大館)


濃厚魚介らーめん (650円)。

錦系列なのでクレジットカードも電子マネーも使える。このラーメンは好みなので今まで何度も食べていますが、刻みタマネギがトッピングであったらさらに化けるのになぁと思います。


特製焼餃子 (3コ / 180円)。

5コだと250円。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ