NORICHANG が大湯に! 道の駅おおゆはオシャレだった (鹿角)

XE1S5491.jpg

道の駅おおゆが出来ていたことは知っていたのですが、普通にどこでもあるような道の駅なんだろうなぁと思っていたら、これが驚きだったのです。

XE1S5493.jpg

木を前面に押し出したデザイン。こういう木のデザインって30年後とかどういう雰囲気になっているんでしょうか。気になる。

XE1S5494.jpg

ホームページがしっかりしているのが好印象なのですが、世界的建築家・隈研吾氏が設計したというデザインについてインタビューページが道の駅ホームページにあるのは珍しいと思います。

XE1S5495.jpg

実際に、ここまでデザインに拘って建築したであろう建物にこのようなデザインを阻害する張り紙をしてしまうのはとても悲しいですね。

ここがフラットになるようにデザインしたのはきっと建築家の意図があると思うのですが、その意図を汲み取っていたならこういう張り紙はしないと思うのです。通行人の邪魔をしないように、「引」ではなく「押」ですしね。

まーもっともインタビューにて「使い方は考えてもらって、どんどん建物が変わっていけばいい。」と書いているので、ツッコミを入れるところではないのかもしれませんが。

XE1S5496.jpg

スタッフに確認したところ、写真撮影OKとのことだったので撮っていますが、トイレのピクト一つにしても、今まであった施設とはちょっとイメージが違う感じ。

トイレのドアは横開きなのですが、若い人でも結構重さを感じるので、高齢化がすすむ大湯では結構あけるのが大変なのではないかと思ったり。しかも、自動で閉まるドアではないようで、途中で半開きになっている状態が見受けられました。開けるのが大変→掲示して開きっぱなしにしておこうになるのではないかという危惧。

XE1S5498.jpg

XE1S5500.jpg

物産コーナーの見せ方はオシャレで、商品が厳選されている印象です。

この道の駅は全体的に新しい雰囲気の風が流れているように思うのですが、自分の周りでは賛否両論のようで、高齢世代には山菜などが豊富に置いてあるわけではないので不評なよう。山菜などがゼロというわけではなく、しっかりコーナーとしてはあるのですが、産直のように入荷量が多いようには見えなかったので、時間帯によってはなにも並んでいない = 何もない という評価になるのかもしれません。

案外、秋田県で道の駅といえば、産直としての役割がくっついているところも多く、そういうイメージで来るとちょっと雰囲気の違いを感じるかもしれませんね。

上手くパッケージングされたデザインの商品が多いのですが、そこに地元の調味料などが混ぜておいてあって、かなり良い印象です。これが地元をまったく交えない状態だと、ただの展示市になってしまいます。

秋田県では小売で販売できる商品は「中央」もしくは「県南」で作られることが多く、県北で製造し、パッケージングされた商品というのはあまり多くありません。 (※ないわけではありません) なぜ、県北でパッケージングする商品が少ないのかはわかりませんが、過去の秋田県の歴史をたどれば、もしかすればその歴史も紐解けるのかもしれませんね。

観光という目線で考えると、地元民以外の方を呼び込むイメージが強いと思うのですが、この施設は観光よりでありつつ、地元も意識した面があるのだろう と自分は感じました。

XE1S5502.jpg

さて、物販スペースと逆側には、「肉バルNORICHANG」という秋田市の有名店が監修したという大湯えんがわカフェがあります。系列店として、魚バルTOSHICHANGもありますよね。自分は行ったことがありませんが、離れた大館でも名前を聞くくらいですから、かなりの知名度だと思います。

XE1S5504.jpg

日曜日ということもあって、行列。店内だけでなく、店外でも飲食できるようになっています。
個人的には交通系電子マネー 「Suica」などで決済できるのが嬉しく、観光客の方でも飲食しやすい形になっていると思います。ブランド「かづの短角牛」などを活かしたメニューもあり、レジの奥で調理風景が見えるオープンな作りも食欲をそそっていい感じですねぇ。

すごくどうでも良い話ですが、業務用冷蔵庫がホシザキでなくフジマックでした。秋田県はトイレでいえばTOTO、業務用冷蔵庫ではホシザキが強いイメージがあるので、他のメーカーを使っているとすぐ目につきます (自分だけ)

XE1S5505.jpg
大湯ドッグ (700円) と ホットコーヒー (300円)。

ケチャップとマスタードは自分でかけるタイプ。店内が満席だったので外で。

お店のすぐ外には足湯 (無料) があって、子供連れの家族で賑わっていました。ステージなどもあり、今後大きなイベントが開催されるかもしれませんね。

クリップボード

道の駅には無料WIFIが飛んでいて、下り上りともに高速ですからお仕事途中でふらっと寄って、作業をこなすのにも最適です。ドリンクをいただきながら、少し仕事を片付けて次の目的地へ向かう。道の駅の使い方としてはベストですね。

無料WIFIパスワードは、物販コーナー近くにある案内所 (?) の近くに書いてありました。ご使用の際は物販コーナーを見ながら、探しに行くと良いですね。動線GOOD。

コーヒーを飲みに行きたくなるカフェは自分の中ではあるんですが、作業を片付けに行きたいカフェというのはなかったので、時間に余裕があれば利用するスペースとなりそうです。

道の駅おおゆのFacebookページもあるようなので、チェックしたいと思います。ここまで文章書いて気づいたのですが、公式では「の駅おおゆ」として売り出したいみたいですねぇ。

このページのトップに戻る

はしもと 藪き の マッシュポテトと厚切りベーコンのチーズ焼き など (青森市)

XE1S5404.jpg

青森市にある「はしもと 藪き」。

街歩きをしていたら、たまたま新規オープンな雰囲気があって入店。まったく情報なく入ったのですが、以前は別の場所で営業されていたようで、移転オープンして3日目くらいにたまたま自分が見つけたようです。

XE1S5408.jpg

メニューの中に亀泉がありまして、日本酒においてはかなり幅広く集めているイメージ。

CEL24酵母を使っていないノーマルな亀泉は、甘さこそ控えめなものの、しっかり亀泉な雰囲気を残してあって、このブランド自体が自分は好きなのかもしれません。亀泉 CEL24は自分が一番好きな日本酒です。

XE1S5409.jpg

お通し。

XE1S5410.jpg

アテは日本酒に合いそうなものが取り揃えてある感じですね。お刺身は普通。

XE1S5411.jpg
マッシュポテトと厚切りベーコンのチーズ焼き

これが美味しかったですねぇ。カロリーすごそうですが、いくらでも食べられる感じです。

XE1S5413.jpg

白龍 純米。友人が名前で気になってオーダー。

福井県のお酒とのこと。

このページのトップに戻る

天政 の 肉うどん / かやく御飯 (大阪)

XE1S5266.jpg

大阪・難波にある朝早くからやっているうどん屋。

カウンターはコの字型になっていて、席と席との間は狭く、満席でも次々人が訪れるかなりの回転率のようです。

XE1S5268.jpg
肉うどん

代金は先払いです。システムが分からないお店は、周りの人の流れに従うがヨシ。

見た目はスープの色が薄いのですが、塩気がかなり強いので、自分としては、しょっぱくかんじます。

XE1S5267.jpg
かやく御飯。

確かこれで200円いかなかったと思うのですが、リーズナブルで大変よろしい。

このページのトップに戻る

純喫茶 あすなろ の 焼きそば / ナポリタン (鷹巣 / 北秋田)

XE1S5422.jpg
焼きそば (500円)。

XE1S5425.jpg
ナポリタン (500円)。

思いつく限りでは、現時点で最高の軽食が取れる喫茶店。

写真が下手くそすぎて魅力の1割も伝わらないけど、古くから存在するであろうその雰囲気の中で、一際輝くしっかり清掃された照明と対比するように、雑然とする店内がたまらない。

おじいちゃん・おばあちゃんが既に空間に200%くらい融合していて、もはやあの二人がそこに居なかったら「あすなろ」ではないくらいの雰囲気を醸し出している。歴史が短いお店ではそこまでの雰囲気は出ないであろう。

採算度外視の軽食 (※重い) シリーズは、量ゆえに味付けにばらつきがあるという噂も聞きますが、このお店にきてそんな些細なことを気にしてはいけないと自分は思う。

このお店にどうにかしてお金を落としたいと思うのですが、単価が安すぎて、しかも量が多くて食べられないので、純喫茶 あすなろ にお金を落とせないのがツライ。

このページのトップに戻る

冷蔵庫の必要性

現時点では必要なんですが、本当に必要なのかなという疑問。

●要冷蔵
〇バター
✕モッツァレラチーズ
✕料理用ワイン
✕パセリ
✕ターメリック
△粗挽きマスタード
△いりごま
〇輪切り唐辛子
〇チューブしょうが
〇チューブにんにく
〇チューブ豆板醤

●冷蔵不要
味噌
かくしあじ(万能白つゆ)
粒状コンソメ
さざなみ(塩吹昆布)
マジックソルト
創味シャンタン
スパゲッティ

現在冷蔵庫に入っているのは以上の品で、冷蔵する必要がないものまで閉まっていることが分かる。チューブタイプの調味料はメーカーが保証できないためか、開封後は冷蔵保管を謳っている。バターはあればバリエーションが広がるので必要としたいが、最悪の場合その都度買う形で問題ない。

食材を2日ほど置いても大丈夫な状況であれば、チューブタイプの調味料の保持さえできれば冷蔵庫は不要となる。

料理の基本のさしすせそ+酒・みりんは常温保存が可能であり、昔の人が使っていたものは文明の利器を頼らなくても保持できるようになっているのだと感心。味噌は熟成が進むらしいので、できればかなり小さいタイプを選びたいところです。

このページのトップに戻る

麺屋 匠 の たくみラーメン (岡山)

XE1S5214.jpg

最初の予定には入ってなかったのですが、岡山在住の人に美味しいよとオススメされたなら行かないわけにはいかないでしょう。 ということで、岡山駅ビル「さんすて岡山」内にある、麺屋匠に。

さんすて岡山は、「サンステーションテラス岡山」のことで、日照時間が短い秋田とは対極に、ガンガンネーミングでアピールしています。

XE1S5218.jpg
たくみラーメン (820円)。

和風だしを加えたとんこつWスープということですが、そこまで濃厚な雰囲気はありません。

このページのトップに戻る

自炊 : 牛スジ煮込み

XE1S5153.jpg

確か長ネギと、もう食べられない寸前の人参が余ってたから作ったんでしたっけ。

参考レシピは、圧力鍋で牛スジ煮込み。ゼロ活力なべでこの分量で作ったら濃くなると思ったので、かなり調味料を少なくした記憶はあるのですが、まったく分量バランスを覚えていません。

XE1S5154.jpg

煮込むとこうなる。

XE1S5156.jpg

相変わらず細く切れないネギを乗せて、ネギを無事消化でしたね。

このページのトップに戻る

気になるブログ