休日に地元以外の図書館に行ってゆっくり本を読むのは贅沢

XE1S1582.jpg

XE1S1583.jpg

昔なんて、本を読むことになんてまったく興味なかったのになぁ。
今でも文字だけの本は苦手だけれども、それでもかなり昔とは本への向き合い方が変わってきたように思います。


日本最大の図書館蔵書検索サイト 「カーリル」を知っている人はあんまり多くないかもしれません。
カーリルは本のタイトルからどこの図書館にその本があるかを検索できるサービスで、アカウントで自身の行く図書館を登録しておけば、現在借りられているかもチェックできる便利なサイト。

例えば、青森県・秋田県など県単位の一覧でも探すことが出来るので、本を買わなくとも県内のどこかに本が置いてあることは少なくありません。

自分の場合はドライブが趣味なので、どこかに行ったついでに読みたい本を読めば、出かけた先で目的を一つ達成できるわけですね。

大きな図書館だからといって自分の好きな本が置いてあるというわけでもなく、小さな図書館にも気になる本があったりします。大館の場合は、田代図書館に自分の読んでみたい本が結構置いてあるような気がしますね。

基本的に所有欲がないミニマリスト思考を持っているので、買わなくていいのであればそれが一番。

XE1S1584.jpg

今回読んでみたかったのは、伊礼智の「小さな家」70のレシピ (写真右下)。その他にも狭小住宅 [きょくしょうじゅうたく]に繋がりがありそうな本が結構置いてありました。

本を読んで、将来家を建てるということではありません。狭い家において必要なもの、不必要なもの、動線、設計の仕方、大事にしているポイント。そういうのを本から拾い上げたかったのです。

(ここから下は建築知識がゼロの人が本を読んだだけで感じたことです。間違ってたらごめんなさい。)

ル・コルビュジエが作った建築は、様々なアプローチから設計されているらしいので、狭い家だけを作っていた人ではないようなのですが、本の少しだけ流し読みした感じでは、かなり計算して住宅設計をしているように見えました。内容は難しすぎてほとんど読んでいません。

1931年に建てられたというサヴォア邸、まったく見たことがなかったのですが、居住スペースを上に構えるこの構造どこかで見たことがあると思ったら、過去に自分が調べていたエアロハウスブログ記事でした。パット見が似ているだけで構造は全然違うんでしょうけどね。


続いて読んだのが9坪ハウスの本。1952年に建築家 故増沢洵氏によって建てられた自邸『最小限住居』を元にしてデザインをリメイクしたものの、基本コンセプトは変わらない、開放部分がものすごく多い住宅らしいです。著者は萩原修。

本を読んだ感じでは9坪ハウスの中に家族で住んでいる事例が多いようで、一人で住むなら9坪でも大きすぎるのかもしれないと感じました。家の中は基本的に丸見えなのですが、隠れる部分は隠れるように設計されているらしく、オープンな生き生きとした生活を周りに見せれる人ならその部分は問題になるどころか利点になるんだろうなぁと。この人の本は読んでいると面白そうなので買っても良さそう。

なんと、9坪ハウスを岩手県で建てた人が居るそうですよ。


最後に、伊礼智さんの本。この方の作る住宅も狭い住宅であるのは代わりはないのですが、9坪ハウスと違ってかなり周りからの視界が隠れるように作られているみたいです。基本的には天井を低めにして、家具も窓も全ても低めに設計するようですね。本の中に、部屋の天井と窓を同じ高さに設計していた写真があったのですが、実に美しいデザインだなぁと感じました。

同じ広さの部屋があった場合、屋根が低いと全体が広く見えるそうですよ。

丁寧で美しい設計から生まれる心地よい空間とは (新しい暮らし、ここから。) という記事で紹介されているような写真です。

XE1S1585.jpg

天井を低くすることで生まれるメリット。灯りの重心が低く出来ること。これは、目からウロコというか、考え方としてシックリ来ました。

この方の設計では天井に灯りはつけないそうです。ダイニングテーブルを照らすためにそこだけピンポイントで照明をつけ、さらに部屋の各所に灯りを置いていく。全体的に照らさないことによってそこにメリハリが生まれるようで、写真を見ただけで惚れ惚れする感じですね。

実は前々からデザイン的に気になっているペンダントライトがあり、そのライトがある部屋に住みたいなぁと薄っすら思っていたことがあったのですが、この本を読んで気付きました。ペンダントライトがある部屋は、テーブルが部屋の真ん中に常時設置されているのだと。

例えば、自分の求めているワンルームのアパートなんかでそれを実現しようとすると、布団を敷き直しする場合に面倒なことが発生することになりますから、テーブルを常時設置するとしたら壁側になるでしょう。そうするとペンダントライトがテーブル使用時に当たらないのでマヌケなことになります。

寝室とダイニングはわけて考える設計でないと、多分こういう照明の部屋は実現困難で、好きな雰囲気と理想の広さは一致しないものだなぁと思います。

よくよく考えてみればどの建築家も狭い家の中にスペースを確保し、それぞれのスペースで暮らすことを意識したものになっており、狭いスペースをどうやって回していくかではないんですね。アパート一室で最低限といったミニマリスト的過ごし方は建築方面の最小限とは定義が異なるのかもしれません。




休日を消費して贅沢に本を読むこと。自分が普段暮らしているだけではわからない気付きをもたらしてくれるのでしょう。ハマりそうです。

このページのトップに戻る

mt EX at hacchi に行ってきた (八戸ポータルミュージアム / 2017)

XE1S1564.jpg

実は、わたくし八戸ポータルミュージアム (通称 : はっち) って初めて行ったんですよ。すごく好きなタイプの建物です。

イベントの素敵な写真は、戸(のへ)のつく町から... の fourdoor0810 さんが記事にされていたので丸投げということで(笑)

マスキングテープを集めているわけではないのですが、マスキングテープは見ているだけでかわいいので好き。過去に3万円で関西旅行に行ってきたときも、mtの街 倉敷に行ってきたのでした。

XE1S1562.jpg

展示自体はそんなに大きくないものの、東北でmtのイベントが開かれる事自体が嬉しいです♪

上からの写真だけで、近づいてみたくなるそんなオーラが漂っています。

XE1S1559.jpg

記事の最初で、すごく好きなタイプの建物と書いたのは、設計自体がデザイン的に優れていると感じたからです。

普段利用する人は少ないと思う階段ですが、各階を登るまでに三回折り返しが必要になっていて、人が近付くと人感センサーでライトが点灯します。

ライトが点灯するだけならありそうなものなのですが、これまたじんわりとライトが点灯するので階段を利用すること自体に意味が出てきます。

XE1S1558.jpg

折り返し地点には色が塗られており、それぞれ色が微妙に違っているのですが、フロアを表すこの看板には三本の横線が引いてあり、これを見るだけで3Fに近い位置にいるのか、4Fに近い位置にいるのかわかるようになっています。

自分は空港が好きなのですが、空港が好きな理由は、ピクトグラム・サインの考え方が全体のデザインとして統一されて表現されているからです。

ある一定のルールの元、誰が見てもわかるように主張しすぎず特徴を表すのは、同一の前提条件があればそんなに難しいことではありませんが、まったくその前提条件を知らなければ難易度の高いものとなります。

基本デザインの中のフォント設定や、行間や文字詰めなど、意識しなくても素敵だと感じるものには、隠れたデザイナーの意図が存在すると自分は考えています。

もちろん、余白はデザインの一種です。余白を上手く表現できる人のデザインは美しいと思いますよ。

普段見ているものからカラーを除いた時に、その意味が理解できるのか。普段見ているものから説明を省いた時に、どれだけその物について想像できるのか。面白いですよね。

XE1S1560.jpg

階段には手すりがあって、手すりには「踊り場」「階段」の文字が書いてあります。実はこの裏側には点字が打ってあり、この気の使い方も実に気に入りました。

滞在時間としてはほんのすこしですが、この建物を時間をかけて回ると、設計自体がとっても面白いのを発見できそうです。

このページのトップに戻る

御食事処 比内地鶏 とりびあん の 比内地鶏カレー (大館)

XE1S1528.jpg

今日の朝通りがかった時にレストランのような看板を発見。Facebookに投稿したら既にオープンしているという情報を確認したので早速行ってきました。

名前は、「御食事処 比内地鶏 とりびあん」。モスバーガーの通りを大館駅に向かって道路沿い左側にあります。

社会福祉法人 花輪ふくし会 わくわくファクトリーという団体が経営する施設らしいです。毛馬内の比内地鶏 くらみせ、花輪の比内地鶏 ぐりとる、小坂のわいわいも系列店となるようです。

4月1日から営業しているとのことですが、まったく知りませんでした。

現在お店の前は工事中とのことです。6月くらいまでかかるようですが、駐車場はお店の脇の路地を入っていたところにある施設横に止めれば良いようです (詳しくはご確認下さい)

XE1S1533.jpg

この施設見ての通り、ガラスが目立つ作りになっているので、通行している人からかなり注目される作りです。
田舎の人はあんまり注目されることに慣れていないので、こういう作りが正解はどうかはわかりませんが、開放感はありますね。

写真奥に写っている飲み物はドリンクバーで、食事をした方は100円です。飲食メニューにはデザートの設定はありませんが、お店の隅の方には、ギフト品の他にも、パンなども扱っているので、もしかしたらそれらと組み合わせてコーヒー等を飲めるようにドリンクのみオーダーできる設定になっているのかもしれません。 (単品の場合200円)。

XE1S1539.jpg
比内地鶏カレー (750円)。

比内地鶏に惹かれたというよりは、上のトッピングの美しさだよね。少し辛めのカレーと話していましたが、そこまで辛くありません。

他にも、とろ~りたまごの親子丼、淡雪こまちを使ったというきりたんぽ鍋、比内地鶏を使ったラーメンや蕎麦があるようです。淡雪こまちは初めて聞いたブランド名ですが、もち米とうるち米の中間の性質を持った鹿角産のお米のようですね。

過去に、秋田県大館市で一人できりたんぽが食べられるお店を探してみたという企画をやったことがあるのですが、大館駅から徒歩5分ほどのこのお店の立地は観光客にとって嬉しいものになるかもしれません。

こちらは飲食店であって居酒屋ではありません。通し営業で11時~17時半まで (レストラン) 売店は18時までとのことです。

このページのトップに戻る

Pioneer の SE-CE521 が壊れたので K’S 64ohm を購入

XE1S1541.jpg

Pioneer の SE-CE521が販売終了し、現在はプレミア価格で売られています。

リスニング用途として、DJのモニターイヤホンとして使っていたのですが壊れてしまいましたので、別のインナーイヤータイプを探していたところ、K’S 64ohmを発見して購入しました。

レビュー少なめであるものの、上記イヤホンの代わりとなるイヤホンとして紹介されていたので。

XE1S1544.jpg

白のタイプのほうが音が良いとのウワサですが、L字コネクターのほうが好きなので黒をチョイス。1,599円と実にお買い得です。

この人音楽聞くのに興味ないんだな とか この人イヤホンにお金かけない人なんだな と見せかけておいて、実は良い音で音楽聞いてますっていうギャップ感がたまりません。過去にはSENNHEISERのHD25を愛用していましたが、今ではヘッドホンを買う必要性をあまり感じていません。

PioneerのSE-CE521と音の傾向はかなり違います。SE-CE521は、ハイがきらびやかに出るタイプのイヤホンで、低音は控えめなものの、ピアノなどの質感が非常に心地よいイヤホンでした。

一方、このK’S 64ohmは、パワーがあります。インナーイヤータイプとしては珍しく、周りの音を遮断する傾向にあるらしく、低音がかなり出ます。出るといっても、カナルタイプみたいなゴモゴモした感じの低音ではなく、どちらかというとヘッドホンで聞く低音に近い雰囲気です。

全体的に解像感が低い傾向に感じるものの、かなり広めに取られた空間設計のおかげか苦しさはまったく感じません。音は比較的近めでなっているイメージが合って、雰囲気が素晴らしかったSE-CE521とは鳴らし方がそもそも違うような感じです。

SE-CE521は、ポップスを聴くのがよかったのですが、ハイがキツめに作られているクラブトラックにはK’S 64ohmのほうが合うでしょう。ハウスでいけば4つ打ちのキックは間違いなくK’S 64ohmのほうが拾いやすいです。

自分が様々な音響機器を評価する時に使っているトラックは平井堅の "キミはともだち" ですが、前に押し出す力が強いせいか、コーラスなどは繊細に聞こえません。この曲は、ポップスでありながら最後のほうにパンを綺麗に設計したベルトーンのようなコーラスワークが見られ、そのサウンドには程よいリバーブがかかっているのですが、それを上手く表現できているとは感じませんので、SE-CE521ほどの好みではありません。

音量は取りにくいなぁと感じますが、フル音量まであげても足りないとしたら難聴になるくらいのレベルです。音量を上げ目に設定してもハイが抑えめなせいか突き刺さるような雰囲気はありません。

どうやらこのイヤホンは100時間ほどのエージングにより音が変わるタイプであるようなので、楽しみに変化を待ちたいと思います。


結構酷評のように思えますが、SE-CE521にも劣らないコスパの良さがK’S 64ohmにはあります。店頭に並んでいる重低音が出るように書いてあるカナルタイプのイヤホンよりも確実に良い音が出ていますし、買う価値はあると思います。

インナーイヤータイプでは買って間違いタイプのものでしょう。良い買い物しましたね。


-------------------
以下、参考音源


MJ Cole Feat. Laura Vane - Watertight

個人的にはこういう2Stepなサウンドに相性が良い気がします。イントロのコーラスの裏で鳴っているシンセパッドは結構引っ込んでいます。少し乾いた感じのドラムスがキレが良く、ボーカルはちょうどよい定位でなります。その後に入ってくるギターのサウンドもいい味を出していて、少しブーミーな感じのベースラインも相性がいいですね。鳴るところはなってるのですが、まったく苦しさはありません。


カラスは真っ白 "ハイスピード無鉄砲"/ A crow is white "Hi-speed Muteppou" (Official Music Video)

合うかと思ったのですが、サウンドの出方が乱暴です。この曲のイントロはわざと奥まった感じの録音にしてあるのですが、その部分の雰囲気は50点くらいでしょうか。ギターのチャカチャカはよく聞こえますし、ベースはブンブンなりますが、その裏のピアノが完全に隠れてしまっています。ピアノの質感はマイナス評価です。

(他のセッティングで聞くと実に上手く録音をおさめている曲だと思っているのでイヤホンの特性上、やはり解像度が低いのでしょう)


Spangle Call Lilli Line- Mai

この曲以上にボーカルが広がる曲を自分は知りません。この曲のボーカルを柔らかく聞ける音響は自分の好みに合致することがあり、この曲が聞けないほどワイドレンジであれば他の曲を聞くのに影響が出るほど癖があるものだと思います。結構地鳴りするタイプの低音が含まれている曲です。スピーカーであればどれほど低音を上手く処理しているかの参考にもなると思います。

やはり、K’S 64ohmではこの曲のボーカルの質感は活かしたサウンドは出ていないようです。質感を活かせるまで遠くない位置にいるので、EQなど設定次第で化けそうなポテンシャルは持ってると思うんですけどね。そもそも、2,000円以下のイヤホンにそこまで期待してはいません。SE-CE521が (値段の割に) 異常な質感を出せただけです。


Parhelia - Southern Cross

いやー凄いですねぇ。インナーイヤータイプでアトモスフェリックなドラムンベースのベースラインを再生できてしまう。低音再生能力は優れていると言ってもよいでしょう。

抜群に心地よいですねぇ。

このページのトップに戻る

自炊 : にんにく風味の焼きうどん

XE1S1480.jpg
(材料は適当に、調味料配分だけ参考に)

いつも利用させていただいている、地元のパラダイスな居酒屋で焼きうどんを食べてからというものの、焼きうどんの美味しさに目覚めてしまったようです。

自分で真似して作ってみたけれども、うどんがベトベトして美味しくならないのは多分調理温度が悪いのであろうと思っていたのだけれども、もしかして買ってきたうどんは一度湯がいて、水で洗わなければいけないのかもしれない (※わからないので、そのまま袋を破いてフライパンに投入して使った)

最近醤油を、味どうらくの里で同量置換して料理を作ってみてますが、これ自体に砂糖が入っているせいか、福寿の醤油を使うよりも甘めな雰囲気で仕上がる。愛用されている方からすると、味どうらくがあればしっかり味が決まるというけれども、自分が作った料理でそれを実感することは少ないようです。最近気になっている調味料は、米油です。

イロドリとしてのキャベツは実に美しいものであるけれども、一人暮らしをしたと仮定した時にキャベツはなかなか半玉ですら使い切るのが大変。そりゃー毎日食べればなくなるとは思うのですが、毎日キャベツに縛られる人生というのもなかなかツライものがあります。

実用的な野菜といえば玉ねぎと、もやしというイメージ。もやしは1つあたりのパッケージが小さいから使い切れるのがとても良いし、玉ねぎはどんな料理にでも使える便利さが良い。問題点は両方ともイロドリにならない点であり、自炊においてイロドリと使い切れるを両立させるのはなかなか難しいのかと思ったりする。

簡単に作れるうえに、安いし、お腹いっぱいになるし、焼きうどんはとても良い料理な気がします。





↑ 最近、発見してハマっている動画

このページのトップに戻る

友人宅DJパーティー用に 牛すじ煮込みを

XE1S1466.jpg

最近買ってよかったものナンバーワン。

藤井器物製作所 3WAY水切りボールというものなのですが、ボウルの片面に穴があいていて、ザルにもなるという目からウロコな商品。

XE1S1467.jpg

底が特殊な形をしていて、片方に傾けると水が切れる。逆側だと浸したり出来る。

XE1S1468.jpg

500gの牛すじを入れてみる。大きさは申し分ない。

XE1S1469.jpg

前回牛すじ煮込みを作った時にそのまま圧力鍋で煮込んで油っぽくなって失敗したので、下茹でしたのですが、すごいアクの量。
前回はこのアクをそのまま摂取していたと考えると、恐ろしい。

XE1S1470.jpg

流水で流して鍋に戻すときもボウル側を下にすれば問題なく行える。こんな感じで水も入れられるから本当に便利。

XE1S1471.jpg

もう一度沸騰させるとアクがだいぶ少なくなりました。

XE1S1472.jpg

高圧で10分。材料も前回と変わらず

この状態で味噌をいれて煮詰めていきます。

XE1S1476.jpg

ちょっと煮詰めすぎてしまってお肉が溶けてしまったのですが、味はグッドでしたよ。

今回これを作ったのは友人宅でDJパーティーをするときのおつまみとして。

XE1S1478.jpg

3人で飲んで半分くらい残った感じでしょうか。
(訂正) 2割程度しか残ってないそうです

個人的には、北鹿のすずしなが好みでしたが、すずしなっていうお酒を見たのが初めてでした。季節限定酒で、アルコール度:14.8%、日本酒度:-1.0、酸度:1.1らしいのですが、アルコール度数が低めな日本酒が好きなのかもしれません。

上善如水は、飲む温度帯で雰囲気が大きく変わるお酒ですね。スパークリング日本酒は苦手です。

DJプレイ時に愛用していたイヤホンが壊れてしまったので、新しいのを買わなきゃいけないですねぇ。何を買おうか悩み中。

このページのトップに戻る

そうだと感じる認知の最小限

ふと、頭の中に携帯電話(ガラケー)の着メロ3和音が浮かんできた。

自分はその頃携帯電話を持っていなかったし、自分が携帯を買った頃には着うたが主流になっていたから実際に3和音は体験したことがないのですが、そういえば高校の先輩の携帯電話にアンパンマンのマーチをポチポチ手打ちで入力していた。

コンビニでもメーカー別に着メロを作る本みたいなのが売っていた記憶があるし、QRコードから絵文字をダウンロードするような本もあった。

今ではその文化を思い出すこともなくなってしまったけれども、普段聞いている音楽をリズムトラックもなしに3和音で認識できてしまうというのは実はすごいことではなかろうか。

メロディーを含めても非常に少ない音でその音楽を表現しなくてはいけない。音色はもちろん違うし、テンポもシビアに指定できなかった、それでも人間はそれがなんの曲か認識できるのである。

世の中に出回る音楽はたくさんの音が重なってそれがよく聞こえるように調整して、手元に届けられる。

そこからどんどん要素を減らして、このフレーズをなくしてしまったらなんだかこの曲じゃないなっていうのを発見したならば、それがその曲の重要な役割をしている部分なのだと思う。それは音色にしてもそうだし、音のコンプレッションなどもそうだろう。

音楽以外でも様々な要素を減らして成立しなくなる部分を探ることって大事なんじゃないかと。

話は変わリますが、

あまり物は買いませんが、アンドロイドは人間になれるか(文集新書)という本を所有している。

これは、世界的ロボット工学者の石黒教授が自身の作ったロボットに書いている本なのですが「人間らしさとは何か」について、ロボットから考察しているのがすごく面白い。

ロボットなのにそこに人間らしさを感じるためには最低限何が存在すればそう認識するのか。

人間らしい姿なのか、声なのか、動作なのか。

本の内容は書きませんが、最小限がわかると、ようやくその上に乗ってくる要素が生きてくるのが理解できると思うのです。


例えばリッチな生活がしたいという欲求があったとして、あなたの思うリッチとは何なのだろうかと考えたときに、金銭的に高い物を揃えるのがリッチだろうか。

他人からチヤホヤされたいというのが感情としてある場合、リッチな生活というのはそれを実現するための一つの要素にしかすぎないわけです。


最小限にたどり着くためには大体の場合は引き算をする必要がある。今の状態がゼロに限りなく近い状況は少ないから。

事柄を曖昧に捉えるのではなく様々なレイヤーの集合体、さらには多面的であるものとして捉える。そうなったときに構成する要素の分割は必要だ。

似ているものと感じるものには共通の要素があり、完全に同じではないと判断するには何らかの差異が存在するということ。



なぜ自分がミニマリストに惹かれるのか。

単純に物が少ないのが心地よいで済ませることではないと思うんです。

少ないことによって、そのレイヤーが理解しやすくなるっていうのが自分にとって好都合なのだと思います。

こういう面白い本に出会ったり、様々な物の見方を学べば、もっと目の前の当たり前が当たり前として存在していることに感動するようになっていくでしょう。

ミニマリストに興味を持ち始めたときは、幸せの水準を下げることだと思っていたのですが、理解を深めることで表面的なことに誤魔化されないことではないかという気がしているんですよね。

思考することは楽しくて楽しくて、まったく飽きません。



このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ