自分の判断能力の曖昧さ

自分の判断に自分自身で芯がないなぁと思うときがあって、HP ProOne 600 と M-AUDIO Keystation 61esを購入したばかりだというのに、既に飽きが来ているような感じがあります。

自分が一番最初に作曲機材を買ったのはいつのころだったでしょうか。

Sequelというループを組み合わせるタイプの作曲ソフトを買ったのが最初で、再インストール時につまづいて使えなくなりました。そのあと、Ableton Liveを買ったり、Studio Oneを購入したりするわけなのですが、作曲をはじめると圧倒的に自分のセンスがないことに気付きます。これは今に始まったことでなく、機材を買ったり売ったりして再開するたびに思うのです。

心地よいコード感というのはわかるのですが、8小節くらいを作ると途端にその先の展開が思い浮かばなくなって、メロディーすら浮かばないのです。

自分はソウルフルハウスという音楽が好きで、理想としてはそういう音楽を作りたいのですが、自分の作ろうとする曲はまったくそのような音楽とはかけ離れたものが出来上がってくる。出来上がってくるといっても数小節しか出来ていないのだから、完成にはほど遠いし、一度も出来たことがありません。

DJに関してはある程度自分の理想通りのプレイを出来ると思っているのですが、作曲に関してはやる度にやる気を失っていく。完成する気がしない、時間がどんどん奪われていく、一曲完成するまでの気力が持たない。


デスクトップ機を購入したのは、作曲を諦めきれずにまたやってみようと思ったからなのですが、2月18日に購入して、3月11日の時点で飽きるというのはどれだけ自分は飽きがはやいのでしょうか。デスクトップを買ったら良くなるかもしれないと思った判断能力の曖昧さが嫌になってくる。

デスクトップは確かに高性能であるし、マルチタスクをするにはとても素晴らしいものですが、いざ作曲をしないとなると所有意味が自分の中ではなくなってしまう。DJ用に持ち運びしているWindowsタブレットでも、ブログは書けるし、写真編集は出来るし、スペックが必要とする作業というのはほとんどないのです。

ダメな買い物をしてしまったわけではないと思うのですが、久しぶりにWindowsタブレットを起動してブラウジングしたり、ブログを書いたりしているのですが、小さいものは心地よいと改めて感じている自分がいます。

小さいものに触れているとすごく安心感があって、そのミニマルさを含めて愛らしさを感じる部分あるんです。21.5インチのデスクトップと10.8インチのタブレットではサイズ感が全然違うのだけれど、迷わず10.8インチのほうが所有したいと感じます。

所有してみては、買わなくても良かったのではと思うことが多くなってきたのは、現在の所有レベルが最小限に近いことを意味しているのだと思います。増やす選択肢を選ぶと、最小限が崩れてしまう。神経質な状態からは脱出したとは思うのですが、作曲という目的で買ったパソコンで作曲が上手く出来ないとなると、所有する理由は薄れてしまいますよね。。。

急激にやる気を失いつつあるので、また信じられない所有期間の短かさで新しく買ったものを手放してしまいそうです。購入する時の自分の判断能力は当てになりませんけど、手放して後悔したことってほとんどないんです。

ミニマリスト”しぶ” さんのような部屋が理想に近いかなぁ。

このページのトップに戻る

ミニマムとは何かを考えるにはカプセルホテルが最適 田町ベイホテル

XE1S1112.jpg

JR田町駅から三田方向へ。隙間を効果的に使った広告とはまさにこういうことですね。後ろ側に隠れているホテルなのに、表側にあるよりも主張されています。

XE1S1143.jpg

田町ベイホテルは、自分がよく利用している高級カプセルホテル 安心お宿とは逆のコンセプトの非常にミニマムな作りのカプセルホテルです。

後精算するような仕組みは一切なく、どれだけ手間を省いて、最小限で寝る場所を提供するかだけに特化しているカプセルホテルになっています。

例えば、支払いはフロント前の機械で行い、クレジットカードなどを通すことで支払いが完了します。レシートに部屋の番号が書いていたり、説明を出来るだけ省くように作られています。

ラウンジスペースは最小限で人が数人入れるスペースしかありません。大浴場はなく、シャワースペースのみでアメニティーも最小限。カミソリが必要であれば、フロントから持っていく必要があります。

飲み水などの提供もなく、カプセルホテル入り口にあるエレベーター前の自動販売機を利用します。

XE1S1151.jpg
(枕元にUSB充電ポートありはかなり便利です)

この施設は日本人向けというよりは、海外の方向けに設計しているのだろうと思うのですが、館内の掲示に英語表記が日本語と一緒に書かれています。

荷物が多いことを想定しているのか、ロッカールームのロッカーはかなり広めな作りです。他のカプセルホテルだと基本的にロッカーは狭く、多い方のみ別ロッカーを開放という形を取っているので、これが効率が良いかどうかは微妙なところ。

ゴミ箱は一つだけ設置しており、スタッフが後でゴミの種別のわけるようにしているようです。日本人だと少し抵抗感ある部分だと思うのですが、海外の方にしてみると一緒でも良いというのは楽でしょう。

館内で使うスリッパや、タオル、館内着を入れるボックスが動線的に改善余地があると思いましたが、シンプルゆえに目立つだけですので、普通にカプセルホテルを利用するだけであれば気にならないかもしれません。

2016年11月に出来たばかりのカプセルホテルということでかなり綺麗ですが、カプセルの作りはややチープで、素材上音が響くような気がします。快適な睡眠をするにはややグレードが下な感じがしますが、2,500円/1日泊まれるホテルですので、値段を考えると十分すぎる気がします。

あと有名なカプセルホテルとしては、ファーストキャビン や ナインアワーズがありますから、あとで泊まってみたいですね。

このページのトップに戻る

全国各地の日本酒×絶品スペアリブ おいで升。 [OIDEMASE] (東京都港区芝)

XE1S1124.jpg

日本酒置いている店なら最後に寄ろうということで、「おいで升。 (OIDEMASE)」に。

XE1S1129.jpg

お通しがこれって、日本酒を楽しむために全力投球感が出てますね。

XE1S1130.jpg
チャンジャ (390円)。

最近本当にチャンジャが好きです。

XE1S1131.jpg
おでん (大根 120円 / 玉子130円 / 厚揚げ 150円)。

東京も思ったよりも寒いなぁとこの日は思っていたのですが、地元帰ってきたら0度でやっぱ寒さのレベルが違いました(笑)

XE1S1125.jpg
亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL24 (90ml / 500円)。

お酒は90mlか180mlからオーダーできます。

日本酒はお店の方が独自の味マップを作っており、これはウマ辛に属していましたが、お米が八反錦ですし、もうめちゃくちゃ好み。

XE1S1133.jpg
東洋美人 純米吟醸 大辛口 (90ml / 450円)。

ウマ辛。

XE1S1138.jpg
賀茂金秀 特別純米 (90ml / 450円)。

ウマ甘。今までウマ甘な日本酒が好きだと思いこんでいたのですが、どうやら自分が好きなのはウマ辛な日本酒らしく、新たな発見をすることが出来ました。

XE1S1134.jpg

日本酒のお店だと思いこんでいたら想像以上のお肉がきて驚きました。

XE1S1136.jpg
スペアリブ (890円)。

量はそんなに多くないんですが、味付けが甘めにしてあって、塩をつけるとその甘味とのバランスが最高なんです。火の通し具合も文句無しで、この美味しさは最高だなぁ。

個人的にかなり好きな味で、お酒と一緒に楽しむことが出来ました。

このページのトップに戻る

リニューアルオープンした 雰囲気の良い Kushiage ぴん (東京都港区芝)

XE1S1113.jpg

東京に住んでいる方なら当たり前の感覚かもしれないのですが、最近気づいたことがあって、羽田空港にアクセスの良い街というのは、「浜松町」と「品川」だけではないということ。

ざっくりとしたイメージとして、モノレールと京急があるというくらいの事実しかわからないと、この2つの主要駅から乗り換えて他の場所へ移動するイメージが強いのですが、蒲田駅からは羽田空港まで格安でバスが出ていますし、今回宿泊した田町には、JR田町駅のすぐ近くに、都営浅草線 三田駅があり、そこから 都営浅草線エアポート快特が出ているので一本で羽田空港まで行けるのです。

所要時間こそ違いはあれども、空港まで乗り換えの少ない路線を覚えておくと、東京での移動が楽になりそうです。

田町の付近はビジネス街のイメージが強いのですが、駅を三田方面側に移動すると、大きな道路を渡った先に、慶応仲通り商店街という実に雰囲気のいい商店街・飲み屋街があります。慶應義塾の三田キャンパスが近くにあるということですよ。

XE1S1114.jpg

ふらふらノープランで移動してたら目についたのが「Kushiage ぴん」。

2月までは「食匠厨房」というところが経営していたらしく、将来的なスタッフの独立・起業を支援しており、本人の希望で店を譲渡しているという記事がありました。

検索したところ、リニューアルオープン、独立した2017年3月からは以前の体制とは大幅に変更して営業していくというコメントを発見しましたので、ちょうどよいタイミングでの入店だったのでしょう。

隣のお客さんも、"オープンおめでとう"と駆けつけていたようです。イイですね、そういう感じ。

XE1S1119.jpg

XE1S1118.jpg

XE1S1120.jpg

XE1S1121.jpg

手ブレで写っていないものがありますが、新鮮野菜盛り合わせ (6本)で800円。

串揚げ専門店のようなところは地元にはないので初なのですが、揚げたてのものを一本ずつ目の前に出してくれます。普段が大食いなのでパパっとなくなってしまうのがお恥ずかしい限りなのですが、ほんとこういうのって美味しいんですね。塩だけでいくらでも食べられる!

マスターが若い方のようなのですが、こういう若い人にはどんどん頑張ってもらいたい。

XE1S1122.jpg

オススメということでレバー。

XE1S1123.jpg

レバーの印象が「臭い」で頭に残ってしまっているのは、普段美味しいレバーを食べていないからなのでしょうね。こんな美味しいレバーなら大歓迎ですね。

カウンターも落ち着いていて雰囲気がいいですし、三階まで店舗があるということで大人数でも利用できそうですね。

とても良い時間を過ごせました。ありがとうございます。

このページのトップに戻る

純米吟醸が半合から格安で飲める パラダイス食堂 鶴亀 (大館)

XE1S1152.jpg

鶴亀にはよく一人で飲みに行くのですが、つい最近日本酒を半合で頼めることを知りました。
日本酒好きな人なら、純米吟醸が一合でこの値段というインパクトでの、半合の凄さがわかりますね? (詳しい値段はお店の方にお聞きください)

XE1S1154.jpg
(ちょっと写っちゃってますが、載せちゃいます)

両関の純米吟醸 美山錦 G の半合。
美山錦と美郷錦が同じくらい好きで、一番好きなのは八反錦。そんな自分ですから、かなりこのお酒は気に入りました。

これ、限定流通酒らしく特定の居酒屋でしか飲めないようですので、ぜひ飲みに行ってみてくださいね。

XE1S1161.jpg

鶴亀チャーハン。最近この量が多くなってきたのですが、複数人で食べるのが当たり前なのだからそれが当然なんですよね。。。

XE1S1159.jpg

チキンタルタル南蛮 (580×2人前)。このメニューが好きすぎて、定期的に鶴亀に行ってしまう。

このページのトップに戻る

煮干中華あさり の 味噌煮干の油そば (大館)

XE1S1165.jpg
味噌煮干の油そば (大 / 800円)。

期間限定メニューですって。

煮干しの粉がかかっており、麺も普通の油そばとは違うものを使用しているとのことです。

XE1S1166.jpg

ねっとりした食感が強めで、少し辛めな仕上がりですね。

自分はラーメンの作り方とかまったく知りませんけども、いつも間違いないものを提供してくれるから、ここのマスターには信頼感があります。

このページのトップに戻る

正直や の 目玉商品 寒ブリの刺身 に惹かれてフラフラと (東京都港区芝浦)

XE1S1095.jpg
(手が届きそうにない位置ですが、誰か手で触りました?)

自分のブログはあんまり記事内にリンクを貼らなくなりました。

リンクを貼ることは、情報にアクセスしやすくなる手段を提供することが目的であると思うのですが、果たしてそれが読んでくれる人にとって良い行動をもたらすかと言われたら決してそうとは思わないのです。

検索すれば誰でもヒットする情報を、自分が補足してしまう、情報を検索する楽しみを奪ってしまうのは自分はもったいないと思っちゃうんですよね。このブログは検索が楽しいと思える人に読んでもらいたいし、比較検討する材料であってほしい。

読んだ側と書いた側の考え方が違うのは当たり前のことですし、比較検討しなくても大体わかってしまう鵜呑みにさせる情報は危険で、それだけで完結してしまう情報は押し付けを感じるので。押し付けるのも嫌いだし、押し付けられるのも嫌い。

読んで、あらためて自分で考え直す過程に、過度なリンクは必要ないと思うんですよね。検索し直したときに、何を探せばいいかの手助けがあればそれだけで良くて、答えのショートカットを用意する必要はないと思うんです。

リンクが貼られていなかったら探さないのだったら、そもそも、さほど興味が無いんですよ。


事前情報がなくとも、周りを見渡せば面白いものは転がっているもので、駅のスピーカーがJRロゴだというだけでテンションあがりましたけどねぇ (変人)

他の駅ではBOSEを導入していたので、導入されている場所には差があるみたいです。

電車の到着、アナウンスを伝える上で小型スピーカーで出せる音域があれば十分に人はそれを認知出来ると考えると、スピーカーは大きさは適材適所というのが認識できると思います。狭い部屋の中で大型スピーカーを置いて、それを鳴らしきれるのか。小型スピーカーで音量をかけたときと、大型スピーカーで低音量のときではどちらが良い音がするのか。

ただ、電車を待っていた間にそんなことを考えてしまうのです。

人生には疑問がつきないもので、その疑問を積極的に解決しようとする限りは、どんどん楽しくなっていくと思いますね。

XE1S1096.jpg

新橋から移動してついたのは田町です。

田町はオフィス街というイメージで、あんまり観光で来るような場所ではなさそうなのですが、個人的につながりがある場所ですので、田町という場所自体の印象は頭の中に強く残っているのです。

とりあえず駅の芝浦口から出てフラフラ歩いてみます。こちら側はあまり居酒屋がないイメージでして、路地沿いに「正直や」というお店を発見。

XE1S1097.jpg

基本的に、もっと怪しそうな店が好きなので、この佇まいではスルーしてしまうところなのですが、目玉商品の寒ブリに惹かれましたね。

こういう目玉商品を掲示する店って、ある程度人通りが確保できないと駄目なのかなぁと思いつつも、田舎でも継続して実施できるのであれば、集客効果はありそうだなぁと感じましたね。

クレジット会計可能です。

XE1S1102.jpg

お通しはキャベツ。350円の席料。

店員さんは外国の方がいたのですが、マスターと思われる男性の方がペラペラで対応していてかっこいいなぁと。自分は日本語以外話せないのですが、もし外国語を話すことが出来たら、もっと交流が広がりそうで憧れはあります。

XE1S1101.jpg

天狗舞 (純米酒旨酵 / 650円)。

石川県のお酒らしいですね。食中酒としてグッド。

XE1S1106.jpg

これが本日の目玉商品 寒ブリの刺身 (200円)。

最近日本酒が飲めるようになってから思うのですが、ガッツリ一品メニューを食べるよりも、こういう小鉢的な料理を何品かつまめるほうが嬉しかったりします。しっかり刺身美味しいですし、ここは隠れ家的なイメージもあって素敵かなぁ。

大館では価格帯や料理の雰囲気こそ違えど、一品料理が美味しい食・呑 まんまやがイメージ近いかも。

XE1S1110.jpg
新竹の子天ぷら (499円)。

この形からすると多分モウソウダケでしょうか?

たくさん食べ歩いているのに食材の違い等がまったく判別付かない味覚を持っているのですが、秋田では、ネマガリダケという竹の子が主流なので、モウソウダケはポピュラーではないのです。

XE1S1104.jpg
岩中豚飯 (名古屋名物ひつまぶし風 / 並 / 780円)。

あーこれすごーく美味しい。時間があれば名古屋付近には行っていたいと思っているので、こういう料理が食べれるなら期待できるなぁ。

XE1S1108.jpg

スープを入れて二度美味しい。

このページのトップに戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ