試行錯誤

(ただ、書きたいことを書くだけの文章です)

普段と違うことをやってみて、その差異を考えてみること。そんな感じの小さい変化を楽しむことがここ数年で楽しいことです。

自分は生まれたときから運動が嫌いで、最近友人とどこかに出かけると、体力が無さすぎてまったく歩けないので、途中で疲れて諦めたくなることがあります。春になったら歩いて、体力を少しでもつけようと思っていた冬の時期の意気込みはなんだったのでしょうか。今年に入ってから自主的に歩いたことがありませんでした。

今日は一日予定がフリーな感じだったので、いつでもあれば直行するであろう車のエンジンをかけず、近場の施設まで歩いてみることにしました。片道たった10分くらいのところなので、歩いたうちに入らないのかもしれません。

自分は普段、お弁当を入れるようなランチトートを常に持ち歩いており、今回はそれを持たずにスマートフォンと部屋の鍵、財布だけを持っていくことにしました。そうして、普段しないことをすると、車の鍵というのは持ち運ぶ上で案外スペースを取っているのだなぁということに気づきます。

男性の方は手ぶらで歩くといいますが、実際どうやって鍵を持ち歩いているんだろう。普段と違うことをすると新しく疑問が増えます。



朝は寒い気がするのに日中はかなり暑いくらいの天候で、日差しが照りつけるような感じですが、普段車で移動すると、この暑さの感覚も受け取れていないんだなぁと思いましたね。

自分が現在住んでいるアパートは、昨年夏に入居しており、その頃からエアコン無くとも涼しい環境を維持できる場所にあります。よって、今くらいの時期ではまだ朝方はストーブをつけていることがあり、今日のウォーキングで、その気温差を体感として理解した部分があります。頭ではわかっていても、実際に体験してみることは大事なんだなぁ。

年中、避暑地にいるような感覚。生活環境も静かですし、この場所が本当に好きです。



普段から、パソコンに依存する生活を送っているわけですが、今日は通信できる手段はスマートフォンしか持っていません。

クラウドにアップしたブログ記事を乗せてみたり、ブックマークしていた気になった音楽を購入できるように各購入サイトのカートにいれてみたり、そのようなことがスマートフォンで出来るか実験していたわけなのですが、出来なくはないが、画面を行ったり来たりで非常に疲れるという結論に。長時間スマホの画面に向かって、作業すると姿勢的にもツライです。

特に音楽ファイルの整理は、タイトルをコピーして、購入サイトで検索→カートに入れるという流れなのですが、その際に気になった曲が入っているアルバムやアーティストの他の曲も聞きます。バックグラウンドで再生し続けられるパソコンと違って、Androidスマートフォンではバックグラウンドにすると音が止まってしまうサービスが半分くらいで、これがストレスとなるようです。

ブログ更新に関しては、FC2で出しているスマートフォン用アプリもありますし、WEBでログインするとスマートフォン用UIで投稿が出来るのですが、この3つが同じ仕様になっておらず、例えば画像一つ文章に挿入するにしても、どれも違ったタグが貼り付けられます。パソコンの場合は、プレビューというボタンがあって、別のタブで、実際の完成像を見ながら文章が書けるわけですが、スマートフォンではそれが出来ません。 (裏技として、スマートフォンでPC表示にすれば出来ますが、文字が小さいので現実的ではありません)

スマートフォンはマルチタスク (バックグラウンドで処理)を行うには向いていないんだなぁと。パソコンはそのような使い方をすると生きるんだなぁと。でも、高性能が要らないんだったらWindowsである必要はないなぁと。色々なことを考えるわけです。

本当は管理すべきものを少なく出来ればいいんですが、あらゆる組み合わせを考えても自分の興味のあることを実現しようとすると、環境がスマートにならないんですね (他の人よりはかなり少ないと思いますが) こういう問題に対して、すっきり解決する方法を見つけたいなぁと思います。


試行錯誤すること、本当に好きだなぁ。あーでもないこーでもないやってるときが一番楽しい。一般的なやり方以外に、もしかしたら自分にとって最適な答えがあるかもしれない。その感覚がワクワクするんですよね。

このページのトップに戻る

CRACKER で サザンカンフォート を (大館)

20180522143107744.jpg

何年ぶりのクラッカーでしょうか。

短い時間でしたが、サザンカンフォートロックで楽しい時間が過ごせました。

このページのトップに戻る

UQモバイル で SIMフリー端末に おサイフケータイ iDを設定する

XE1S5482_1.jpg

「UQモバイル で SIMフリー端末に iDを設定する」については、記事後半で説明しますので、そこを読みたい方は前半を読み飛ばしてください。




ようやくたどり着いたメイン・サブクレジットカードの最終案。

クレジットカードに求めるもの

・ ポイントに左右されて使う店を極力選ばないこと
・ 使わないとポイントが失効するようなカードは避ける (無期限 もしくは 実質無期限になるもの)
・ ポイントの使いみちが豊富なこと



今まではメインカード「エポスゴールド (VISA)」、サブカード「リクルートカード (JCB)」にしておりましたが、利便性の関係から、UCカードの「FreeBO! (Master)」にすることとしました。


まず、メインカードであるエポスゴールドの運用方法から。

選べるポイントアップショップの仕組みで「モバイルスイカ」「昭和シェル石油」「ETC利用」を設定しています。登録すると、常時1.5%還元になります。

昭和シェルでは、Shell EasyPayを作成しており、店頭割引とクレジットカードポイントを両方獲得できるためかなりお得です。

モバイルスイカはAndroidでは年会費がかかりますが、Amazonの支払いなどにも使えるので利用頻度を高くすれば、年会費分は相殺できるくらいのメリットがあると思います。メインの支払い方法をSuicaにすることによって、エポスカードの弱点である決済毎200円1ポイントの縛りから抜けることが出来ます (チャージ時にキリの良い単位でモバイルスイカにすればムダが出ない)

また、エポスカードは毎月28日~5日の間にリボ料金をコンビニから入金することによって、リボ払い手数料をほとんど発生させない状態にてポイント還元率を高めることが出来ます。上記ポイントアップショップと組み合わせると2%還元のカードとなり、年間100万円利用ボーナスも含めると3%還元となります。

これがエポスゴールドをメインカードにする理由です。決済ブランドがVISAというのも個人的に気に入っているところです。


さて、これの足りない部分を埋めるカードとしてリクルートカードを運用してきました。

・ローソンをメインに使うため、リクルートカードで最終的に交換できるPontaポイントと相性が良いこと
・月額利用料に対して1.2%のポイントがつくのでムダにならないこと
・QUICPayモバイルが使用できる (JCBブランドのみ) こと



これを理由に使っておりました。

今回乗り換えたいと思った理由

・iD決済を使いたい
・取得ポイントを見るサイト (リクルート)と利用額照会サイト (JCB)が別で使いにくい
・JCBから勧誘の電話がかかってくる



総合すると悪いカードではありませんが、元々JCBは利用実績が少なく、利用限度額が低く設定されてしまいます。別にメインカードではないため問題になることはないのですが、たまーに勧誘の電話がかかってくることがあり、なにかトラブルが発生してしまったのでは? と心落ち着かないときがあるので、勧誘電話は辞めてほしい。


というわけで、今回発見したのがネットで実際に使った人の評価がかなり少ない、UCカードの「FreeBO! (Master)」です。

フリーボの特徴
・リボ払い専用カードですが、ポイントが2倍 (1%)
永久不滅ポイントなので、サブカードでも安心
・ショッピング補償保険が自動付帯
・セゾンポイントモールが使える
iDモバイル型 / QUICPayモバイルが使用できる



通常1%還元の同様のカードを検討すると、Orico Card THE POINTにたどり着くと思います。Orico Card THE POINTは様々なメリットがあるカードではありますが、ポイント期限が1年というサブカードにするには致命的なデメリットがあります。

メインカードがあるわけですからサブカードはメインカードで出来ない決済、またメインカードが使えなくなったときの予備としての機能が求められるわけで、自分の場合は年間10万円にも満たない決済額になると思います。

ポイントが交換できないとポイントは失効してしまうわけですから、還元率0%です。使う意味がありません。

永久不滅ポイントはセゾンカードでも溜まりますが、ポイントが2倍になる特典があるフリーボのような特徴のカードはありません。それでもたった1%ですから普通の人には選ぶ価値がないカードなのですが、iDモバイル型 / QUICPayモバイルが両方使えるカードで、サブカードとして所有しても損しない (利用額が少なくても大丈夫 ) とすれば話は別です。

今どきICカードがないやる気のないカードなのですが、VISAはシルバー券面、Masterはゴールドっぽい券面という違いがあります。Masterの券面は公式ホームページの申込みに載っておらず、ネットで検索して少しヒットするくらいマイナーです。

uc1.jpg

カードを申し込むと、申込み確認の電話が携帯にありました。
ほとんどの会社では本人確認を受けたことがないので、不思議な感覚。発行から到着までは1週間ほどでした。

アットユーネットにログインして、まず "リボお支払いコース" を変更します。ネット上では設定可能上限が6万円と書かれているサイトがありますが、利用可能額の上限額に設定できますので安心です。

三井住友カードのマイ・ペイすリボの実質1回払いと同じ原理です。設定を忘れると手数料地獄に陥りますので、確実に設定します。

uc2.jpg

iDとQUICPayはカードが届いてから申請するパターンです。申請から到着までは1週間くらいかかりますから、モバイル決済を使いたいとすれば、カード申し込みから半月から1ヶ月くらいの余裕は必要でしょう。

アットユーネットは比較的シンプルで、低速回線でも読み込みがはやくて好印象。

XE1S5536.jpg

自宅に登録コードが書かれた紙が届きます。同時に二つ届きましたから、UCカード側で手続きし、すぐにコード発行できるものなのかもしれません。

Screenshot_20180519-160342.png

で、ここからタイトル本題です。

現在使っている携帯は、SHARPのSH-M04で、iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)の対象となっており、通常であれば何も問題なく設定出来るはずでした。

ところが、アプリ自体がダウンロード出来ません。

「お使いの携帯通信会社ではこのアイテムはご利用できません。」というエラーから判断するには、現在刺しているSIMカードがUQモバイルのau回線であることが原因かと思います。

このときに問題になるのが、iDアプリの挙動がどうなっているかです。

① au系SIMではそもそも使えない (docomo系SIMを刺せば使える)
② 初回認証時にdocomo系SIMが必要で、後はau系SIMでもOK
③ 実はau系SIMでも問題なく使える



調べてみたところ、③のau系SIMでも問題なく使えることが判明しました。そもそも使えるのであれば、この時点でダウンロード出来ないようにする理由はないと思うのですが、何かしらau系に使わせたくない絡みがあるのでしょう。

Screenshot_20180519-172241.png

APKPureのようなサイトで、apkを取得してインストールします (※何があっても自己責任)
一応au系が弾かれる可能性も考えて、初期設定時はWIFI接続環境で行いました。

Screenshot_20180520-074048.png

無事登録完了。

万が一決済できない可能性があると困るので、3店舗くらいで試してみましたが、どこも問題なく決済できるようです (UQモバイル、4G通信ON環境時)

これでSuicaが使えなかったときに、iDとQUICPayを使える環境が出来ました。

このページのトップに戻る

ごじょうめ朝市plus+ は日曜午前9時からゆっくり (五城目)

XE1S5538.jpg

ごじょうめ朝市plus+ (プラス) 名前は以前から聞いたことがあって存在は知っていたのですが、朝市という名がつくので、てっきり9時くらいで終わると勘違いしていて、その時間帯で終わるとしたら大館からは行きづらいなぁと勝手に思っていたのです。

正しくは、9時スタート12時で終わりという、かなりゆったりしたような朝市の時間帯です。

五城目では 日付の下一桁が 2・5・7・0 の付く日を定期朝市として開催しているようで、そのうちの日曜日を朝市plus+と名付け、出店条件を緩和して開催しているようです。定期朝市の場合は朝7時からと早いようですよ。

間口1mにつき、町内の方は110円 / 町外の方は210円 とのことで、かなりお安い値段設定になっているよう。
ごじょうめ朝市plus+出店申請書」を提出すれば、業態は問わず (※飲食の場合は注意点あり) とのことで、面白い試みがある人は可能性が広がると思いますね。

毎週日曜日開催なわけではありませんので、ご注意ください。

XE1S5558.jpg

五城目朝市には行ったことがありませんでしたが、そういえばこの高性寺 には過去に行ったことがあるのでした。もう9年くらい前になるのですね。

旅するマーケット ~ 高性寺 Jazz Impression Vol.2 - &-'s Blog | 秋田県大館市から更新のブログ



XE1S5540.jpg

だまこマンファミリー とは。。。

XE1S5555.jpg

おばあちゃんも歓迎してくれていますが、ごじょうめ弁で勝手に説明されています。

XE1S5553.jpg

結構混んでいます。雑貨を売っている人も多かったですねぇ。

XE1S5541.jpg

XE1S5542.jpg

上は、種のバラ売りでしょうか?

XE1S5550.jpg

多分、ゴミ箱だと思われるのですが、こういうさりげないアピールというか、地域全体での一体感っていうのは何よりも大事なんじゃないかと思います。普段意識しないところで、ここが朝市なんだよって目に入るというのは重要じゃないかなって。

XE1S5543.jpg

朝市で出品されているものに興味を惹かれるのも当然大事なのですが、「そこでやっていること」ってもっと大事じゃないかと思うんです。周りの雰囲気ある建物があって、その朝市の雰囲気がさらに楽しいものになるんじゃないかなぁと。

CHOGEN.BLG.

多分ビルディングだと思うけど、そうだとしたら普通はBLDG. じゃないかな。面白い。けど、検索すると BLG. でも結構ヒットするので、どちらでも通じるのかもしれません。

XE1S5554.jpg

レトロを感じるタイルと、色あせた消火栓。

XE1S5548.jpg

見た瞬間、au の INFOBAR 2 の触り心地と同じそうなラウンドを感じた看板。ああ、触りたい。

XE1S5549.jpg

最近、新しいカフェが出来たようで。テイクアウトだけとのことで寄りませんでしたが、どうやら08COFFEEさんの豆を使っているみたいですね。店内オシャレなようで、時間があったら行ってみたい。

XE1S5544.jpg

歩いていくとあるのが、一白水成でお馴染みの福禄寿酒造。本来はこちらが朝市の入り口のほうになるのかもしれません (大館側から285号を通ってくると、駐車場の関係で裏のほうが先に目に入る)

XE1S5547.jpg

日本酒を買ったり、テイスティングできるようになっている「下タ町醸し室HIKOBE(したまちかもしむろ ひこべえ)」。

もともとタンス屋さんだった建物をリノベーションしたそうで、オープンな雰囲気の作りの店内は居るだけで心地よいですねぇ。コーヒーや酒粕を利用したお菓子もあるとか。

XE1S5546.jpg

最初、この販売しているHIKOBEさんの位置がわからなくて、蔵の裏側に行ってしまったんです。
そしたら、すごいオーラを出しているお店を発見。

XE1S5545.jpg

ディープ、五城目。 2016年の時点では営業しているようですね。

このページのトップに戻る

余白を大事にすれば、きっとどれを選んでも楽しい

ミニマリスト的な生活をして数年経ちますが、実に快適な生活を送っています。

どうして「ミニマリスト」という世間一般からみればストイックな生活が自分に合うのか考えてみると、物を無くしていくプロセスの中で、自然と本質に近づいていくことと、物を少なくすることで、今まで雑多で見えにくかった部分が余白に変わり、そこから様々な空想が出来るからではないかと思います。そして、持たない生活が根本的に好きだからこそ、状態を維持できるのです。

物には設計段階で想定されていた姿があるとは思うのですが、それを狭めてしまっているのは「思い込み」「当たり前」が大きいような気がして、その枠を取っ払うことが出来ると、目の前の日常が大きく変わって見えるような気がします。

なにかについて正解を "決めつける" つもりはありません。日々、制約の中でどれを選んだら最適であるか考え続けているだけで、これはプライベートでも仕事でも同じことだと思います。今ある状況を把握できなければ、下した判断がその時点で最適ではない可能性が高くなります。

どうしたら、単純化できるか。ネックとなっている問題はなにか。なぜ、自分はそう思うのか。日々考えることを続けることで、小さな気付きをたくさん拾えるようになると思います。考えついたメリットもデメリットも考慮して、後はどのような行動を選択をするかだけです。

ミニマリスト的な生活をするようになって「完璧など存在しない」ということが強く感覚としてわかるようになりました。物事には二面性があって、片方を選ぼうとすると、もう片方は成立しなくなります。それを限りなく自分の好みに合うような物を選択しようとしても、相容れない性質のことに興味を持っていれば、それらを一つに統合するのはムリです。

こういう問題に出会ったときに、無理に物を減らす必要はないということにも気づきます。それを一つにすることで大幅なメリットがなければ、減らすことに固執して頑張って一つにしたところで、特に生活は変わりません。大事なのは、いかに考え方を柔軟に持てるかどうかです。

デメリットが気になってしまって、今どうしても結論として着地しないことがあるでしょう。そういうときは、スッと受け入れられる時期が訪れるまでゆっくり待てば良いのかも。決断しないことが出来るのは、余白の存在を認めているからなのでしょうね。

自分の考え方次第で見え方は変わっていくと思います。




文章力が足りなくて、上手く表現出来ませんけど、この記事が書きたくなったのは、このお二人の文章を読んだからです。

私は、わりといいカニを食べてきたと思います。だけど、「もしカニがなかったら私の人生は今よりも価値が低いものだった」なんて思いません。カニがなくても、私は今と同程度に素晴らしく、今と同程度にくだらなく、今と同程度に面白く、今と同程度につまらない人間だったでしょう。カニあり/カニなしの人生の間に生じる差異は、価値の高低ではなくただの方向性です。

私にいえるのは、「私が食べたカニは美味かった」という事実それだけであって、他人にとってカニが美味いかどうかは知る由もないし、ましてや「人生にはカニが必要」なんて絶対にいいません。この人生においてカニを食べて良かったと思っているし、いいカニだったのでなかなか美味でしたが、なきゃないで、私は楽しくよろしくやってるのではないでしょうか。
(私は恋愛の素晴らしさを滔々と語るヤツが大っ嫌い - 3ヶ月だけください)



「答え」を「知って」しまったら、「不思議の余白」がなくなってしまう。知れば知るほど疑問はうまれるものだけど、その余白を埋めていく速度は、ゆっくりでいいんだな。

「不思議の種」がまかれたら、求められない限り、そっとしておこう。うっかり私が過剰に肥料をあげてしまわないように。
「不思議の余白」と静かに戯れる時間が彼女にもたらすもの、育むものを、私が奪ってしまわないように。
(◎不思議の種と、不思議の余白。 - 未来を編む。blog)



「不思議の余白」と静かに戯れる時間の楽しさ。そして、別にどれを選択してもきっと楽しいということ。

このページのトップに戻る

湯の台食堂 の 中華そば / チャーシュー飯 (にかほ市)

XE1S5281.jpg

湯の台 (ゆのだい) 食堂。

にかほ市の7号線沿からは外れたところの山の中にある食堂という名のラーメン屋。無化調らーめんとして人気があるようで、開店と同時にかなりの席数が埋まっていました。

XE1S5282.jpg
中華そば (並 / 720円)。

独特な味のするスープです。なんだろう。
レアっぽいチャーシューが印象強い見た目ですね。

XE1S5283.jpg
中華そば 塩 (並 / 720円)。

自分はこちらを食べました。麺が変わっているのですが、自分は好き。最後まで飲み干せてしまうスープですね。

XE1S5284.jpg
チャーシュー飯 (200円)。

売り切れ次第終了らしいチャーシュー飯。ボリュームよく、濃いめの味付けでグイグイ食べられる。

このページのトップに戻る

炭火焼の店 ひろた の ハラミ / カルビ / ホルモン など (青森市)

XE1S5393.jpg

青森駅東側は飲み屋が多く栄えていますが、西側は住宅街が多いイメージです。

XE1S5394.jpg

「炭火焼の店 ひろた」は地元の人が利用するタイプのひっそりとした焼肉屋です。

XE1S5396.jpg

XE1S5397.jpg

XE1S5402.jpg

XE1S5398.jpg

店内が暗かったのかなぁ。なぜか絞り開放気味で撮っていて、ボケボケ。

最近はハラミを好むようになってきたのですが、久しぶりにカルビを食べたら同い年の友人と「カルビっぽさ」になぜかテンションが上がるのでした。たくさんは要らないけど、少しだと美味しいですね。

XE1S5399.jpg

よかったら食べてよ ってことで生きたままの状態で出てきました。

このページのトップに戻る

気になるブログ