古遠部温泉

やっと行くことができました。矢立峠の隣にある、坂梨峠(282号)の途中にある山奥の温泉。大人280円。

hurutoobe.jpg

道路からの目印は、東北道の橋。その横から狭い道を進んで行くと1kmほどのところに建物があります。狭く道が悪いため、車高の低い車や運転が苦手な方は避けられたほうが良いかもしれません。

hurutoobe (4)

山奥にこじんまりとした建物が一軒。ここ、何がすごいって建物横から下をみるとすごいんです。

hurutoobe (1)

この色が違う部分、使ったお湯を外にかけ流しているために、成分で色が変わってみえます。冬期間はここだけ雪が積もらないとか。

hurutoobe (2)

道路の上のほうには、蛇口があり勢いよく出ていましたが、これが温泉なのか水なのかは不明(触るのを忘れました)。

hurutoobe (3)

浴室です。すごい量のお湯が浴槽からオーバーフローしていて、かけ流しになっています。今まで行ったことのある温泉の中では一番の贅沢なお湯の使い方だと思います。

ちょっとだけピリピリして、重めな印象の少しにごりのあるお湯です。温度は適温よりも少し熱めで、深めの浴槽。秋田は足を伸ばして入る温泉が多く、大浴槽・小浴槽がある場合は、大浴槽が熱いお湯である場合が多いのですが、青森は逆のところが多いみたいですね。

元々湯治用の温泉なので、蛇口もシャワーもありませんが、私はシンプルで気に入りました。

先に入っていたおじさんに話を聞くと、結構遠くから来るお客さんが多いそうで、日曜はかなり混むそうです。常にお湯が床を流れているせいか、トドになる方も多いようです(笑)
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ