違いを尊重できる会話が出来ること

自分は人とコミュニケーションを取るのが苦手です。

人と話せなくなってコミュニケーションを取れないのではなく、大体の場合、自分はこういう考えを持っていますというのを説明しすぎて、キャッチボールのバランスが取れていないのを感じてしまいます。

答えが一緒になることを喜ぶことよりも、考え方の相違を楽しむことが好きなのですが、なかなかこのような考え方を持ってキャッチボールを続けられる人がいません。

一方的にボールを投げているつもりはまったくないのですが、会話を振り返ってみると、実際にそうなっていることがかなり多い。

で、毎回凹む流れ。

-------

「なぜ、この人はこの結論に落ち着いたのだろう」と常々会話の中で考えていて、そこに至った過程が知りたい。このような思考は特殊らしく、面倒くさいと捉えられて会話が終了してしまうことも多いように思います。

それぞれ生活が違うから、考え方が違うのは当たり前。だからこそ、その相違を楽しみたい。 って単純なことなんですが、言葉選び や 会話の振り方が適切でないのかもしれません。

趣味はなんですか? と言われたら、表面上は色々答えられると思いますが、結局のところ「考えることが好き」というところにたどり着くのだと思います。

「自分はそうとは思わないけど、その考え方は面白いなぁ」といった感じの、違いを尊重できる会話が出来ること。そういう会話が楽しいよね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る