ELECOM の EHP-AHR192GD を購入

XE1S5588.jpg

ELECOMのEHP-AHR192GDを購入。Amazonで購入したのですが、元々2万円以上の製品が1,878円。
合わせて、microUSB(メス)-USB・A(オス)コネクタも購入。海外から発送、送料込みで199円。

ハイレゾには全く興味がなく、Windowsに挿せる小型USB-DACとして使用するために購入。

スマートフォンは使える機種と使えない機種があるようですが、手持ちのSH-M04では不安定で使い物になりません。使ってみた感じでは、Radsone+アプリ内EQの組み合わせが一番綺麗に聞こえるようです。

Windows10の最新パソコンであれば、接続するだけで使用することが出来ますが、これもまたスマートフォンほどではないのですが不安定です。連続視聴する道具としては向かない印象です。

音に関しては、特段良いとはいいませんが、購入金額を考えれば十分お得と言えるものでしょう。Windowsでは、Equalizer APOを使用してシステム全体にイコライザを適用させています。昔は、foobar2000に音響補正系のVSTを導入していたのですが、動画と音声のアプリをMedia Player Classic Home Cinemaで再生したいため、統合することとしました。

現在、Media Player Classic Home Cinemaは開発終了しているはずなのですが、K-Lite Codec Packの中に含まれるバージョンはNightlyのせいなのか、ビルドは2018年4月となっていました。別に、基本機能しか使わないので新しくある必要はないんですけどね。

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る