無駄にならないことを考えると、自動的に最適化されるのではないか

Facebookページでは興味のない層にまでご迷惑をおかけしているように思うけど、最近はクレジットカード というか決済方法の最適化についてよく考えている。

現在の方法が最適でないから、最適にするにはどうしたらいいのか日々検討して、楽天カードを作ってみたり、JCB Wを作ってみたり、はたまたOrico Card The Pointを検討してみたり。

-----------

昔は自分はTポイントを貯めていたのですが、なぜ貯めるのかを辞めたのかというと、期間限定ポイントが店頭で使えず無駄な買い物をしてしまうから。そこで、楽天ポイントを貯めるようにした。貯まったら使うくらいな意識でいるものですから、安いものがAmazonで売っていればそちらを使う。欲しくもないものに消費をするのは本末転倒。

こうやって楽天に集約するようになると、最終的に楽天ポイントに出来るルートを探し始める。エポスカードゴールドを主軸として、そこに補うカードを付け加える。そこで出てきたのがOrico Card The Pointなのですが、どうもしっくりこない。

JCB Wは一見良いように見えたが、1,000円に1ポイントというポイントが無駄になるシステムと、ポイント還元率が1%になるルートが貯めていないTポイントということで、あまり実用的ではないという結果に。


そんなとき発見した、リクルートカード。リクルートカードといえばクレジットカード雑誌にも取り上げられているくらい有名な年会費無料高還元率カードである。

共通ポイント“Ponta”と提携しているのは知っていたのですが、まさかこのカードにQUICPayの設定があるとは知らなかった。さらにQUICPay利用でも、nanacoチャージでも1.2%還元ときた。これだけなら、まだOrico Card The Pointになびくかもしれない。

なんとこのカード、nanacoチャージをVISAで行える。国際ブランドとして役立つのはJCBよりもVISAだと思っているので、メイン・サブカードともにVISAに出来るのは個人的に嬉しい。nanaco自体はさほど使うわけではないけど、チャージする際に現金を用意しなくてもいいのは大きなメリットとなる。

調べていてとても興味を惹かれた点、このカードの最大の特徴というのはポイントがまったく無駄にならないことである。月額合計金額に1.2%のポイントがつき、小数点以下は切り捨てという計算方法を取っているので、都度100円=1ポイント、月額合計1,000円=10ポイントとくらべても欠点が見当たらない。

どんな場所で決済しても1.2%なのだから、エポスゴールドカードでお得にならないところはすべてこのカードで決済すればいい。モバイルタイプのQUICPayも契約できるのだったら、今のJCB Wカードを置き換えることも出来る。

エポスゴールドだと50万使ってようやく1%。それよりも基本還元率が高いのだったら、常用する理由に十分なる。ポイントが戻ってこないところで使用したから損した (※実際には得をしている) 気分にならないのも良いのではないか。

共通ポイントが楽天とPontaに分散してしまうのだけれども、そもそも失効しなければ分散してもいいのである。Pontaはシェル、楽天は出光と提携しているから、端数分を使って日々の生活に必要なものを補えれば問題ない。問題は貯めたのに使い切れなくて無駄にしてしまう。もしくはお得に見せかけておいて、全然実際に貯まらないということなのだ。

現在寝かしているANAマイルはまさにそのようなもので、実際はポイントシステムとして一番オトクであるのに、使う機会がないのに合わせて有効期限があること というのは不快なことなのだ。無期限で貯められるエポスゴールドのシステムや、実質無期限 (最終加算日から1年) で使える共通ポイントサービスは精神的に楽である。

一番使うコンビニがローソンであるのに、ポイントカードを持ち歩くのが嫌で、今まで共通ポイント“Ponta”を集めることはしていなかった。もし、このクレジットカードを使うとするなら、デジタルPontaカードを忍ばせておけば良いのではないか。

-----------

大館に住むなら iD付きクレジットカード が利便性が高いのではないか」という記事を書いたときとは、ほんとにiD決済が一番楽だと思っていたのですが、すき家もマクドナルドもクレジットカードに対応した今では、iDがあることがメリットになるシーンはほとんどない。

自分に使っているお店にクレジットカード払いが面倒で、QUICPayが楽という店舗があるので、そのためにQUICPayがあると嬉しい。

あと、出張やプライベートで東京に出かけた際にモバイルSuicaを使う可能性を考慮すると、Suicaを決済手段に組み入れるのは自然なことで、SuicaとQUICPayを使えればなんとかなりそう。

-----------

無駄にならないこと。
意識しなくても使える仕組みを構築すること。
行動が制限されないこと。

すべてをクリア出来るのはエポスゴールドと、リクルートカードの組み合わせかもしれません。まだ契約はしていませんが、検討を重ねた中では一番しっくりきています。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ