名川チェリリン村 (三戸郡南部町)

XE1S2157.jpg

まったく聞いたことがない名前だけれども、Googleナビにしたがって大館に戻っている途中に看板を発見したので寄ってみました。どうやらチェリリンというのは、チェリーから来ているようで、このあたりがさくらんぼの生産地となっているらしい。

6月の後半くらいから1,000円/40分にてさくらんぼ狩りをやっているところもあるみたいですよ。

XE1S2158.jpg

駐車場の灯りが、さくらんぼの形になっていました。

XE1S2159.jpg

時期なると人の数が増えるのかもしれませんが、昨日はあんまり人は居なかったなぁ。

下にある、きのこたけのこ戦争を思い浮かべる屋根はなんだろうと思ったら、ツリーハウスという非常にユニークな作りの宿泊施設らしい。これはとっても面白そう。

XE1S2161.jpg

なんだろうこれは。だいぶ年季が入っている。

XE1S2162.jpg

どうやら、リンゴジュースの販売機らしい。このときは入っていないけど、昔使っていたものなのか、今も買えるのかは不明。

XE1S2160.jpg

あら、先にいけない。外国人観光客も来るのか英語でも書いてある。

XE1S2163.jpg

かつて遊べたらしい、龍神タワー。どうやら先ほどの自販機ではかつてはりんごがそのまま売っていたらしい(笑)

2008年の時点で、アスレウォーズ(アスレチック)は閉鎖されていたようで、龍神タワーがその後閉鎖になったのはいつのことなんだろうか。

XE1S2166.jpg

そのままナビの指示するまま向かうと看板に出てきたのは、長谷ぼたん園の看板。時期としては5月くらいが見頃らしい。

このあたりは道が狭く、写真を撮った位置から振り返ると集落になっている。地域の方に迷惑をかけるといけないので、本来であればあまり長居しないほうが良い場所であると思うのだけれど、その集落の入り口のあたりの景色が絶景だった。

XE1S2167.jpg

もし天気がよければ見える景色はとても美しいのだろう。雨がぱらつく中でも美しいと思って車を止めたくらいなのだから、地元の人にとってはこの景色が宝物に違いない。

地元にある自然の風景を日々発信している「のんびり阿仁合」の方は知り合いだけれども、当たり前の風景を贅沢である とか 素晴らしい と発信できる人っていうのは感性が素晴らしいと思うんです。

地元大館にはどんな美しい風景が眠っているんでしょうね。29年間住んでも自分にはまだまだわからないことだらけです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ