無駄なことに時間をかけないというのが行動指針

基本的な行動指針はこれです。

お金をかけない生活を模索するのではなく、どうせお金をかけるならそれがどうしたら最適化出来るのか考える。

最適化というのは、お金をかけたことによるバックを大きくする、例えばポイントサービスだったりクレジットカードの使用によるお得感だったりもそうですが、クレジットカードを使うことによる金額の流れの把握が容易になるなど、時間効率を上げることについて考えることも重要です。

高いものを買ったからといって、その価値が自分で見合わないと判断すれば、それは良い買い物ではありません。

食も同じですね。どんなに美味しいものでも、それが自分が認められる付加価値がなければ、それはただ高いものになってしまいます。

所有することによってそれに時間を奪われることが嫌なので、物の所有は最低限です。モノが少なければ、環境を維持する時間が少なくなります。

人生お得に過ごすというよりは、無駄なことに時間をかけないというのが行動指針としてあるので、必要だと思うことにはお金を使います。節約という行動は、現状を見直したことによる最適化の一つです。

生活をすればどうやってもお金がかかります。どうせお金がかかるのだったら、どうしたらもっと今よりも生活が自分にフィットするようになるのか考えるほうが重要です。

生活の質を向上させるというのは決してお金を大量に使うことではありません。お金をかけても管理・制御する能力が乏しければ、ただ金額の高いものを所有しているだけ、サービスを利用しているだけとなります。

最適化する過程には自分の惹かれるポイントが隠れています。それを見つけられるように日々模索することが、楽しい人生に直結すると思うのですよね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ