僕とどうぞ - GOODWARP


僕とどうぞ - GOODWARP

アルバムを聞いたけど、狙ってこういう曲調を作ってるんだろうっていう感じのアーティストで、根っからグルーヴある曲が好きってわけではなさそう。最近懐かしい感じの哀愁グルーヴ流行ってて、そういう流れは悪くないと思うんだけども、真のグルーヴ追求している邦楽アーティスト出てきてほしいよね。


snob beat(でっかく見せろ) - GOODWARP

アルバムで統一されたグルーヴを見せてくれるアーティストってそんなに多くないんですよね。アルバム一枚がどれも良曲なCDに出会えなくなったのは自分の検索能力が衰えているのか、自分の好きなような音楽がマイナーな存在になっているのか、よくわからないなぁ。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ