音楽ってやっぱ楽しいものです



自分の好きな音楽が誰にも理解されなかろうと、好きな音楽は目の前に存在していて、誰にも理解されなかろうと、それを誰かに伝えたくて、誰にも理解されなかろうと思いつつも、誰か一人にでもその良さが伝わったら自分は嬉しい。

こんなに音に素直に楽しめる様子をみていると、音源としてCDとして全国に流通しているものだけが音楽じゃないとわかるはず。でもね、大多数の人にとって音楽は、共通のコンテンツとして楽しめることが優先されるんですよね。

悲しいよね、こんなに楽しそうな音が転がってるのに。


楽しそうな音がメジャーである、マイナーであるにかかわらず、自分が反応するタイプの音であったら国も、性別も、時代も、ジャンルも関係なく自分は聞く。音楽に制限を設けること自体が無駄なこと。色々なしがらみから離れてもっと自由になればいい。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ