割烹食堂いそべ の 激ウマドンブリ ずど~ん (新潟県村上市)

DSCF0242.jpg

新潟県村上市は観光で成功している街だと思う。

村上市の観光協会が「むらかみシュラン」というブログを書いているとおり、情報発信に対する感覚がとても軽い。

地域の食材がぎっしり詰まったオリジナルの「どんぶり」を各店舗が自由に考えるという企画自体は、全国どこでもありそうな気がするのですが、村上どんぶり合戦2016春夏編!のすごいところは、参加店が割烹や日本料理、寿司屋などであるということ。

ドンブリ一つにしても手を抜いたものは作らないという感じが伝わってきてプロモーションとしてはとてもインパクトがある。


こちらの「割烹食堂いそべ」は、ずど~んという面白いネーミングのドンブリが有名なお店です。

DSCF0245_2016072620144604c.jpg

DSCF0250.jpg
ずど~ん (900円)。

マグロの頬肉 (ほほにく)、顎肉 (あごにく)、脳天を贅沢に使ったドンブリで、通常の身肉を使ってはこの価格で提供できないものを手間暇かけて美味しく安く提供しているとのこと。

見た目が100点満点超えなのは間違いないけど、質は200点超えしていると思う。少なくとも900円で食べられるドンブリのクオリティーではありません。

DSCF0252_201607262014446d8.jpg

お味噌汁の中に魚が入ってるのも嬉しいことで、こういう細かいところも含めてお店って好きになるんですよね。

ずど~んは限定10食と書かれている記事が多いと思うのですが、多くて10食程度ということらしい。自分が行った時には限定2食で終わってしまったようで、入荷状況によっては食べられないこともあるとか。

当日9時くらいには仕入れから戻ってくるとのことで、どうしても食べたかったら当日朝に予約するのが良いでしょう。事前に電話しても入荷状況次第なので予約できません。

まだ食べた時の感覚が脳内に浮かんでくるけど、ほんと美味しかった。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ