大きいものを頼んでしまう心理

食べ物に関して自分は大きい物を頼んでしまうところがある。実際は、そこまで大盛りを食べたいわけではないのに、メニューを頼むときに「大盛りで」というオーダーが勝手に口から出てしまったり、もう半ば癖となっているところがあるように思う。

また、大盛りオーダーをしなくても、胃の中に余剰があったときは2品オーダーをすることも少なくない。これは、同じ店にいくのが次はいつになるのかわからないから欲張りたい心理からのように思える。一度に2品食べると、そのお店の雰囲気をその場でさらに深く感じられるような気がするという勝手なこじつけなのである。

最近食べ物を食べることに対して飽きているのは間違いないのですが、それに反して食べられる量は少しは減ったもののまだまだ現役レベル。

腹8分目がおいしくいただける範囲というけども、満足レベルとしては半分くらい満たされただけで十分なのですよね。

量的に食べられないのではなく食べなくていい。その選択が自分の意志でできるようになりたいなぁ。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ