味処 もん の 元祖 油麩丼 (宮城県登米市登米町)

DSCF5201_20160708160538816.jpg

海老喜味噌醤油醸造元がある、宮城県登米市登米町。

宮城県自体、あんまり行ったことないのですが、興味のあった街。ここには、油麩丼というものがあるらしい。油麩を長い豚肉で巻いてひとくちカツにして食べたりしていたので、自分には馴染みのある食べ物なのですが、それがドンブリになるとどういう雰囲気で提供されるのか気になっていたのです。

DSCF5202_20160708160538f55.jpg

味処 もん。 旅館海老紋の横に位置する食事処ですが、元々油麩丼というのはこの旅館の女将が30年ほど前に考えだしたものだとか。一応元祖とされているようです。

DSCF5205.jpg
元祖 油麩丼 (750円)。

DSCF5208.jpg

卵でとじられている、油麩と長ネギ。カツ丼だと玉ねぎの印象が強いですが、長ネギのドンブリも美味しいですよね。

DSCF5213.jpg

通常食堂などで出されるカツ丼を想像して食べると驚くような味付けで、ジャンキーさ薄めのあっさりドンブリですね。

個人的に油麩と、肉かすは素晴らしい材料だと思っています。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ