意識しないうちにさらに物が減っている

DSCF4964_20160531064145a8f.jpg
(2015年8月時点での部屋の写真)

2015年8月の記事を読んでいたのですが、気づいたらこれよりもかなり物が減ったことに気付く。断捨離の過程ってある程度までは意識するものの、一度癖がついてしまうと、そこに意識を置かなくなるみたいです。

現在ではテーブルはない、座椅子もない、大きすぎる14インチパソコンもない、DJ用ヘッドホンもないし、飾りとして持っていたフィルムカメラもないし、たくさんあった本は半分くらいになって現在別の場所に置いているので、壁からも本を立てる場所が消えた。

物がなくなっていくと、収納スペースが無駄にしか思えなくなる。そこに置くものがないのだからそもそも不要なのです。

こんなに物が減っても、不便するどころか生活が心地よくなっていくのは、自分がそういう生活が合うからなんだろうなぁ。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ