情報ツールとしてFacebookを見なければない状況はどうも好まない

Facebookでの情報発信が強くなってきていることは事実であり、現在では様々な情報がFacebookページで発信されています。また、TwitterやInstagramでの情報発信も見逃せないものとなっており、フォローしなければその情報を逃すことが増えている気がします。

自分は昔の考え方の人間なので「情報は検索すること」という気持ちが未だに強いのですが、「情報は登録したものを受け取る」という形にシフトしてきているのがどうも好みません。

自分もブログのFacebookページを持っていて、このブログのコンテンツを紹介するのにプラスして、管理人が興味を持った事柄を投稿しますが、それは自分にとってはブログに保存しておきたいと思うストックする情報ではなく、意図的に賞味期限が切れたら流したい情報なのです。

ブログにメリットがある・ないという話ではなく、興味を持った人が検索したときにその情報にたどり着かない (たどり着いたとしてもSNSの中からまた詳しく探さなくてはいけない状況) というのは不便であると思うのです。

発信側からしてみたらFacebookで発信するといいねされるたびに拡散されていくので伝達ツールとしては確かに便利なものであるかと思うのですが、FacebookにしてもTwitterにしてもInstagramにしても検索サイトからの流れで使うようにはなっていません。Twitterはサービス内を検索できるのでキーワードで探しやすいですけどね。

気になったイベントがあったとして自分が知りたいのはイベントのことであって、イベントを主催している人のことではありません。最終的に主催者がどんな人が気になることはあるかもしれませんが、情報としてほしい順番が違います。

公式ホームページがありつつ、SNSしか更新してないのは実にもったいないと思うし、自分はあんまりいい印象もちませんね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ