logicool K380はかなり使えるBluetoothキーボード



買おうか迷って、一度買うのをキャンセルしたキーボードが手元にやってきました。

Yahoo限定の期間限定のTポイントを消化するために購入しました。



logicoolのK380はマルチデバイスに対応しているBluetoothキーボードで、Windowsでなく、Androidと接続して使うこともできます。

この記事もWindowsで編集した写真をGoogle Driveにアップロードし、4インチしかないAndroidスマホを使って、書いておりますが、まったく違和感なくブログを書くことができますね。



今までのキーボードは1,000円もしない激安なもの。入力には支障がないのですが、やっぱりキーの形状を考えるとカタカタうるさい感じがあって、普段10.1インチのChromebookを使っている自分からするとキーピッチも広すぎる感じがあったのです。



Chromebookと比較しても実に良いサイズ感です。キーが丸いタイプでデザインも良いのですが、打ちやすさには影響がないようです。ファンクションキーがfnボタンと一緒に押さないといけないのはちょっと不便ではありますが、このキーのタッチ感であれば、それを補うほどの魅力があると思います。



キーの幅は10.8インチタブレットと同じくらい。おもちゃのような見た目のキーボードではありますが、そこそこズシッと重量がある感じ。

自分がWindowsタブレットよりもChromebookを使う理由は、結局ファンレスかファンレスでないかという問題が大きいことがわかったので、Surface3なんか買ったら、もしかしたらChromebookとWindowsを1台にできるかもしれません。



ブログを書くだけだったら、スマートフォン+Bluetoothキーボードでもストレスが溜まらずにこなせるようです。

スマートフォンを直接入力すると文字変換でもたつくことがある、CoviaのFLEAZ POPですが、Bluetooth接続で文字入力だとすごくサクサクしていてまるで別物のスマホを使っているみたいです。

外出先でのデバイスの使い分けが変わりそうなそんな予感のするキーボードで、買ってよかったと思います。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ