小型Android低スペック低価格路線のCoviaが好き

Androidの高速メモ帳というアプリがシンプルで良さそうだったので試しにスマートフォンでブログ記事の下書きを作成して更新してみようと思います。

現在、CoviaのFLEAZ POPという機種を使っている自分ですが使えば使うほど自分に合っている端末だなぁと思います。

なぜこの機種がいいのか購入当時も考えていたのですが、その購入理由が明確になっている感じです。

まず、自分はスマートフォンは両手持ちでqwerty入力をします。通常はフリック入力だと思うのですが、両手持ちqwerty入力だと端末を抱え込むようにして持って、画面中央に両手の親指が簡単に届く必要があります。そうなるとベストサイズは4.5インチから4.7インチです。

多分ハイスペックで間違いないを求めるならXperia Z5 Compactでしょう。これを買えば自分の求めてることは満たされるには違いありません。でも、オーバースペックなんですこれ。

スマートフォンのカメラはQRコードを読み込むために存在していればよく、写真を撮るならデジカメを使います。カメラが高性能である必要はありません。

現時点で一日安心してバッテリー切れを気にせず使えるスマホはASUS Zenfone MAXでしょう。Freetelの大容量モデルはバッテリーこそ大きいですがCPUが省電力なタイプではありません。

個人的な画面許容サイズは5インチで、MAXはその点で検討落ち。

バッテリーが余裕で一日持たないのであればモバイルバッテリーは必須で、そうなってくるとPOPのようにバッテリーが極端に持たない機種だろうが持つ機種だろうが同じなのです。この際に重要なのは急速充電 (Quick Charge 2.0)に対応していること。

050で通話するアプリを入れてるのでLTEはあったほうがいい。無くても良いけど、pingを考えると3GよりもLTE優れているのは間違いありません。

ここまで上げた条件で全て満たしているのがPOPで次に買い換える機種が出るとしたら次の2つのうちどちらかです。

Snapdragon 600番台に期待かな。

候補1

4インチから4.7インチのサイズ
5,000mAhくらいで余裕で一日使えるスペック
CPU、カメラ性能控えめで廉価
CPU省電力タイプであること
クラウド前提でストレージ最低でOK
Android6.0

候補1

4インチから4.7インチのサイズ
2,000mAhくらいで軽量
Quick Charge 3.0対応
CPU、カメラ性能控えめで廉価
CPU省電力タイプであること
クラウド前提でストレージ最低でOK
Android6.0

POPは最近一万円近くまで値を下げていてかなりお得感がありますね。こういう機種を出せるのはCoviaくらいな気がするので画面サイズ大型化の流れの負けずに、小型Android低スペック低価格路線で頑張ってもらいたいものです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ