言わなくてもいいことをグッと飲み込めるようになりたい

自分は何か気に入らないことがあると「それは自分にとっては好きなことではありません」とすぐに言ってしまう。

もちろん理由もなしにそれについて言及することはないけども、それについて触れる必要性って特にないのですよね。なぜ触れなくてもいいことに触れてしまうのか自分でも不思議で、それについて深く興味を持っていて自分と違う考えを否定したいだけなのかと思い込んでしまうと自分が嫌になる。否定して相手よりに優位に立ちたいとかそういうつもりは全く無いのですが、自分の文章を読み返してみると、書いたときには気付かないトゲがあることも多いのです。

自分の根本的な考え方にトゲがあるのか、単に言葉の選び方が悪いがためにそう見えてしまうのか、どちらにしても自分の望んでいることではないし、改善が必要です。

興味があったとしても言わないほうが良いこともたくさんあるはず。それを自分が上手くコントロール出来ていないというのは自分自身がわかっていることです。関わらなくてもいいことをスルーできるようになったら、自分は一歩先に進めるんじゃないかと思う。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ