秋田県大館市で一人できりたんぽが食べられるお店を探してみた  4.まとめ

合計8軒のお店を2日で回ってきたアホなブログ管理人なのですが、人間の一日の限界たんぽ量は4たんぽということもわかりました (※体壊しますので真似しないでください)

今回行ったほとんどのお店がクレジットカードに対応しておりますので、手持ちがなくても支払いすることが可能です。一人でなくても、会社の人と友人ときりたんぽを食べに行ってみるのも面白いでしょう。

DSCF2739_20160211194710c06.jpg

きりたんぽはお店で食べるだけではなく、地元のいとく大館ショッピングセンターなどで持ち帰りギフトとして購入することも可能です。

たくさんの会社からきりたんぽの商品が出ておりますが、この「本場大館きりたんぽ 玉手箱」という商品は、その中でもかなりプレミアム度が高い商品となっております。

DSCF2741_20160211194710fd9.jpg

DSCF2742_20160211202029aee.jpg

素材を買い足すことがなくきりたんぽが味わえるのは嬉しいですね。

DSCF2744_20160211202150461.jpg

野菜はフリーズドライ加工、乾燥されてます。

DSCF2747.jpg

きりたんぽをレンジで温めて、他の具材を鍋で煮込んで10分で出来てしまう手軽さ。

DSCF2748_2016021120215335a.jpg

こちらの専用スープは、大館市民500人以上の試食会を経て完成したスープのようです。自分が分量通り作った感じでいくと、少し濃い感じがするので様子を見て薄めても良いかもしれません。

DSCF2749_20160211202143263.jpg

盛り付け下手くそ、ライティングダメダメなのですが、レトルトなきりたんぽにしてはよく出来ています。野菜はもう少し改善の余地がありですが、全国どこでもこのクオリティーのきりたんぽが食べられるのであれば良さそうですね。



地元大館では「本場大館きりたんぽまつり」が大々的に行われており、2015年に11店舗の味自慢のきりたんぽ審査を抜けてグランプリを獲得した「比内ベニヤマ荘

きりたんぽグランプリに輝いた本場大館の味を日本全国に届けたい」との想いから、地元では珍しいクラウドファンディングを使って寄付を募っております。寄付をしてくれた方には、グランプリに輝いたきりたんぽお試しセットのお返しや、ペア宿泊券を配っているそうです。

秋田の郷土料理であるきりたんぽ。地元の人もこの記事から地域の魅力を考えなおすキッカケとなっていただけたら嬉しいです。

きりたんぽまつりも応援しているので2016年も良いイベントになればいいですね。


【追記】

そうそう、なんでこれをやろうと思えたかというと、弘前駅前ディープ飲み屋巡りをしていて知らないお店に入るのに抵抗感が薄くなったからなんです。こんなどこでも行くような管理人でも行きにくいと思うお店は山ほどあるのですよね。


秋田県大館市で一人できりたんぽが食べられるお店を探してみた  1.企画説明
秋田県大館市で一人できりたんぽが食べられるお店を探してみた  2.リーズナブル
秋田県大館市で一人できりたんぽが食べられるお店を探してみた  3.本格派
秋田県大館市で一人できりたんぽが食べられるお店を探してみた  4.まとめ

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ