人に興味がないというのは利点もあるんだなと感じた

自分は人に対してあんまり興味がない。人がやったことには興味がある。

その人が自分に対して何かをしたというなら、その物事については深く考えるけども、その行動がその人と密接に繋がっているかというのは最初からあんまり考えない。そもそも、人というのはその時の状況によって良くも悪くも判断が変わるし、態度が変わる生き物だと思う。

自分にとって不快なことをされたときに、その人が苦手だという感情を持ってしまうのはあり得ることだと思うのですが、その不快な行為はなぜ引き起こされたのか考えるのほうがより前向きになるのではないかと思っている。まあ、なかなか難しいのですが。

生理的に受け付けないを除けば、自分の目の前にある状況を自分で負の方向に判断していることが原因です。


人に興味がないから自分から一定の距離を縮めようとしないので、相手から負の感情を持たれることが少ないというのはつい最近気付いたことです。距離が近いと、そこから印象を決めつけてしまわれがちです。

第一印象がすごく良いとはいかなくても、それが負でなければ人は相手の行動の意図を考えることを投げ出さないと思うので、負な印象を持たれないように維持する努力は大事なのではないかと。考えてもらった結果「合わない」と判断されたならそれは仕方がないことで、第一印象で決めつけで「合わない」と判断されるのは結果は同じでも過程が違う。


多分これからも人については興味が薄いままだろうと思うけども、目の前に判断が必要なことが出てきたら、しっかり考えてから行動したいと思う。感覚的に雑にレスポンスすることは経験上良いことがない。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ