SIWA の 2つ折り財布 で テンションがあがる

DSCF1406_201512021725340da.jpg

ミニマリストの財布という記事は結構ネットで見ているのですが、小さい・最小限・小銭/紙幣一体式っていうものを選ばれている人が多いみたいですね。

財布って愛着度すごく大事だなぁって思っていて、現在ようやくこれに落ち着きました。

山梨県の和紙メーカー大直が工業デザイナー深澤直人さんと一緒につくった毎日使える和紙製品ブランド「SIWA | 紙和」。破れない障子紙「ナオロン」は元々シワがつくと元に戻らない素材だったということで、それを逆手に取って開発されたのがこのブランド。使えば使うほど味が出ていくので、革製品と同じような楽しみがありますよね。しかも、これ軽い。

DSCF1404_20151202172529c72.jpg
(左が以前まで使っていたもの)

SIWAの2つ折り財布は、小銭が入らないスタイルであるため結構薄めで、今までポケットの中に財布を入れると財布の形がくっきり見えてしまうのが好みではなかったのですが、2つ折りスタイルでもそこまで目立たない感じでストレス激減。

自分の日常生活を見てみると革製品ってあんまり持ってないんです。男といえば革製品といったイメージが強いと思うのですが、元々かわいい雑貨に惹かれるのもあって、リネンとか布とか紙素材が好き。

DSCF1407.jpg

小銭いれはこぎん刺しのがま口を使っています。マチがそんなに大きくないので小銭はたくさん入りませんが、普段はクレジットカードメインの支払いをしているのでこの大きさで十分。

逆に考えればこの財布に小銭をパンパンにしてしまうようだと、お金の管理の仕方が甘いということです。

自分の持ち歩く紙幣の量は10枚が最大くらいだと思います。カードの量は常に4枚でポイントカードは持ちません。飲み会の時などお金の予測がつかない時は1万円札なども含めて10枚財布に入っていることがありますが、普段は枚数が多くなったらその都度ATMで入金をして現金を持ち歩かない癖をつけています。

これは使ってしまうからではなくて、財布の中に余計なものが多いのが好きではないから。

財布を買うときは実際にレジに並んだ時の使い勝手も想像しなければいけません。長財布でジッパーが付いているタイプは、小銭を一緒に入れる場合は有効ですが、紙幣だけの場合は不要であることも多いです。1万円でなく1,000円札で管理することで、お釣りとして戻ってくるものは硬貨だけになり、財布を別にしたとしても先に紙幣用の財布をポケットやバッグにしまうことが出来るので、モタモタすることは少ないと思います (※支払いをするときに紙幣+小銭で支払うときは事前に準備が必要となります)

現在はカードの持ち運び枚数は4枚ですが、万が一それ以上増えた場合でも、SIWAの財布はカードポケットが6箇所ありますので対応可能です。お札を入れる部分も二箇所にわかれているので、レシートも一時保管が可能です。

紙幣と小銭の財布をわけているのは、仕事でも使うというシチュエーションを考えた時に、紙幣が必要ないことが多くあるため。さらにいえば温泉に行くときは紙幣の入った財布を持ち歩くのは危険なこと。ポケットにナマのお金を突っ込んでもその場しのぎは出来ますが、利便性とシチュエーションを考えると分けたほうが良いなぁという結論です。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ