カラスは真っ白 の ぶっ飛び方がたまらない





多分ダメな人はまったく受け付けないカラスは真っ白。サウンド的にはドツボではないのですが、ファンクバンドのようなストイックさの中にポップス要素が入りまくっててなぜいつも成立するのか面白くて聞いてしまう。

動画二つ目ではボーカルがギターを持ってるんだけど、バッキングのギターはうるさいくらい動き回ってるのにボーカルのギターはコード弾きなんです。

このコードの押さえ方って、キーボードがいるバンドのエレピ的なポジションを担ってると思っていて、楽曲におけるグルーヴの成立には、前に出てくるパートと主張しないパートがないと成立しないんじゃないかと昔から思ってます。

自分の好きなハウス・ミュージックだって分解して聞いてみるとほとんど動かない伸ばしているだけのパートって結構ありますしね。それが音楽の美味しさに繋がるんです。


ヒズムリアリズム - カラスは真っ白

この曲もすごいなぁと思うんだけど1番Aメロはコードが繰り返しでダークなまま進むのに、一度明るいサビを挟んだ後の2番Aメロはコードが動いて哀愁的なんです。

Aメロ-Bメロ-サビっていう流れの中に明確な変化をつけても成立させてしまうサウンドセンスの高さ。


ヒアリズム

アルバム、ヒアリズム収録の「night museum」なんかはおしゃれ系トラックだけど途中でグルーヴがガラッと変わるなど、やっぱ普通でいくことを拒む感じがこのバンドの持ち味なんだと思う。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ