最大限を引き出す使い方をするモノとの接し方

生活スタイル的にはシンプルライフ+デジモノ好きみたいなのが理想なのですが、物の所有に関してはミニマリストな側面も自分の場合強いように思えます。

今までサブパソコンとして使っていたものを実は手放そうと考えています。

このパソコンは日常的に使用頻度が高いもので、決して嫌な部分があるわけではなく、メイン機としてはスペックが足りないという理由でサブ機の位置付けになっているモノでした。

このパソコンが生活に与えた影響は大きくて、外出先でブログを書く頻度が増えました。また、普段の作業はサブパソコンでこなすようになりました。


さて、ここで個人的に大きな問題が発生しました。サブ機ばかり触ってメイン機を触らなくなってしまったわけです。

サブ機は元々メイン機とは被らない作業を行うために補助的に買ったもの。でも、メイン機で本来行うはずだった作業も遅いですがサブ機で行うことも増えました。でも、サブ機はメイン機の作業を全てこなせません。


サブ機でやりたい作業を考えてみたらブラウジングと、ブログの下書きくらいなもので、よくよく考えたらそれはスマホで代用できるのではないかと思い始めました。

スマホは外出先で情報を受け取るための最低限の使い方をしていますが、サブ機の役割をスマホでこなすことは可能なようです。


モノが持っている能力が最大限生かされる環境を作る、複数のものに作業を中途半端に分担するのではなく最適な個数を考えてモノの所有と役割を考えていく。

こうやって煮詰めていった作業の先に、行動を自分で縛ることのない自由な時間が生まれてきそうな気がします。

断捨離したものは大体買い戻せる。だからこそ、一度試してそこから得られるものをどんどん取り入れていきたいですね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ