不要になった時点で、物の価値は自分の中では0円という考え方

不要になった時点で、物の価値は自分の中では0円。
この考え方が出来るようになると急激に部屋の中から物が消えていきます。

自分の生活の中で必要ないものを所有していても価値がありませんから、別の人が価値を見つけ出してくれる場所に手放します。

そうすると、自分の中では0円だと思っていたものに思いもよらない値段がつくことがあります。それはその物の状態を考慮して他の人がつけた金額です。自分の中では価値を持たなくても、それを必要としている人にとっては価値があるのです。

だから不要なものは手元からすぐにでも手放して、必要な人の元へと動かしていく。


ある程度物がなくなってくると、不必要な物には手を出さなくなるというのは本当の感覚らしく、最近ショッピングをしてもあれもこれもを買わなくなりました。最終的には部屋に収納家具が一つ欲しいと思っているのですが、まだ片付けが終わっていないのでそれを終えるまでは絶対に買わない。それ自体が不要になってしまうことは避けたいからです。

収納スペースがなければ収納できません。収納スペースがなければ収納する物を考えます。収納する物を考えたら収納スペースを考えたらいいのです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ