誰が言ったかではなく、何を言ったかを大事にしたい

自分は誰かのファンにはなれません。
人の言ったことはすごく気になるのですが、誰が言ったかには興味がないからです。

「この人はこうである」と決めつけた上で相手の話を聞くということは、純粋に話を聞けないということを意味します。

影響力のある人が話したことはすごく共感できるのに、同じことを影響のない人が話したときに共感出来ないとしたら、それは話し手が誰かをかなり意識していることになると思います。自分の中に良し悪しを判断できる基準が定まってないから、さも影響力のある人が話したことを理解した気になって相手の判断を自分がそう考えたと錯覚しているだけな気がするのです。

何を言ったかを大事にするということは、相手の印象を決めつけないということにも繋がると思っています。

例えば一人の人間と一つの場所のみを使って関わったとします。その人に見えている相手の姿というのは、その場所で見ている一面であり、その人を構成する全ての何割を出しているかはわかりません。もしかしたら、その一面は本心を隠して振舞っているだけかもしれませんし、逆に全てをさらけ出しているかもしれません。

この人はこうであると決めつけずに、その人の考えることをしっかり聞くこと。偏りをもたないために大事にしています。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ