詳しくないと相手にされないのではないかっていう感覚

PAK85_notepc20150319202127500.jpg

多分10年ほど前からこの感覚は自分の中にあって、行動するときに無意識に考えてしまっていると思います。

自分は話すのが嫌いでもないし聞くのも嫌いではないのですが、初対面で一定以上の距離を縮められたような人の間では壁を作ってしまうことがあります。

お店の人との会話ではある一定の距離感が確保されているため、かなり楽しく会話ができるのですが、例えば同じくらいの歳の人で友達の友達経由で紹介された状況のように初対面の距離感が近いと、そこから仲良くなるまでに、ものすごく時間がかかります。

自分で初対面が苦手という意識をずっと小さい頃から持っているので、何でも突き詰めて自分にとって会話の材料を探してしまうという行動は、実はその苦手意識から来ているものではないのかと考えるようになりました。自分の興味を持つ幅、さらには知識量を増やすということは、相手と会話をするうえで取っ掛かりになりやすいですし、会話のキャッチボールを続けるのに損はないと思います。

そう考えてみると実は自分の「好き」というのは、ネガティブ面を補うための「好き」であって、心の底からの「好き」ではないのではないかという点が気になるようになりました。それって「好き」ではないと思うのです。

心を許せる友人は自分が熱く何かを話してもウンウン聞いてくれる人が多いのですが、もし自分から熱く語れるものを抜いたとしたら自分の魅力とはなんだろうと考えてしまうのです。極端な話ですが、ブログをやめて、このブログに書いているような趣味に興味を持たなくなり、ただ日常を過ごす人になった場合、自分の魅力とはなんなのかということなのです。

やめてしまったら魅力がなくなるのではないかと考えているうちは詳しくなり続けようとするだろうし、自分という人間を他の点で認めてあげるようにしないと永遠ループする話題だなぁと思いました。


------------
*現時点の好きなことは楽しいですし、辞める気もありませんが、例えばの話です
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ