APS-C と 2/3型センサーで食べ物を撮り比べる

DSCF9713.jpg
(X-M1)

APS-Cで料理の写真を撮るには距離を縮めすぎてはいけない。被写界深度が浅くなると料理が美味しく見えない。

DSCF9715_20141110223002af6.jpg

(X-M1)

ISO感度があがってしまうけども、APS-CだとF5.6やF6.4あたりの絞りで撮影することが多いような気がします。

DSCF0049_20141110222356015.jpg
(X-S1)

一方2/3インチセンサーだとこんなに近づいても被写界深度は十分深い。EXR CMOSはダイナミックレンジ拡張で800%や1600%が使えるので心強いですね。

X-S1ホワイトバランス暖色に振ってるけど、ノーマルでも良い気がするなぁ。ちょっと派手かも。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ