マクロ専用機としての1/1.7型センサーカメラ XZ-2

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS XZ-2 1200万画素 裏面照射型CMOS F1.8-2.5レンズ ブラック XZ-2 BLK

最近APS-CのX-M1を買ってからというものの、高級コンデジと言われる部類のカメラにはあまり興味を示さなくなっている。ダイナミックレンジが広くないため白飛びしやすいというのが大きな理由だけれども、1/1.7型のXZ-2が22,000円まで値下がりしているのは実に興味深い。

XZ-2は、手ぶれ補正付き望遠マクロで20cmまで寄れてF2.5でシャッタースピードを稼げた上で、センサーの"小ささ"から被写界深度を深くできるといったAPS-Cでは三脚がないと実現不可能な撮影が容易に出来る。

前に使っていたFUJIFILM X10は望遠で近づくことができず、それは現行機種のX30でも改善されていません。

レンズ側面にあるハイブリッドコントロールで露出補正も出来ますから、上面に露出補正ダイヤルがなくても使い勝手は悪く無いと思いますし、マクロ撮影域だけに絞って考えるならこのカメラをサブとしても悪くないのかなぁとは思います。 (多分マクロ撮影域以外では焦点距離がステップズームなどで止められないので、単焦点慣れてしまってからでは違和感がある)

プログラムシフトがあるのでAモードに固定する必要もないし、液晶チルトができてNDフィルターまで内蔵なので、これ一台でフィルター等なしにマクロ撮影が出来てしまうのは面白いかなぁと。

色合いはFUJIFILMが大好きなんだけど、FUJIFILMというだけで自分の中で良いカメラのイメージが拡大してしまっているので、サブはそういう枠組みから脱却していいのかもしれないと思いつつもある。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ