秋田県大館市の映画館 "御成座 (オナリ座)" 2014年にフィルムオンリーの名画座が復活 

2015年4月現在イベントを考えております。実現できるかどうかはわかりませんが、興味ありましたら反応がほしいです。

御成座でイベントをやってみたい - &-'s Blog | 秋田県大館市から更新のブログ




DSCF6182_20140710183722763.jpg

大館に映画館が無くなってかなりの年月が経過しました。

現在26歳の自分が映画館としての記憶があるのは、田町の坂のところにあった「中劇」です。大館駅からすぐの場所にあるこちら御成座は、閉館する間際はオトナのための映画が上映されている印象が強く、当時小学生だった自分には近寄れる建物ではありませんでした。そんな感じで、詳細を全く知らない映画館「御成座」が2014年7月18日に復活します。

御成座ホームページ / 御成座ツイッター


このブログでは今まで取材という形を取ったことはありませんでしたが、とても興味を持ちましたのでお願いして、御成座を復活させる 切替さん にお話を聞かせてもらうことにしました。大館の地方紙でもオープンのことは取り上げられているとは思いますが、それと合わせて読んでいただければ良いかと思います。

DSCF6183.jpg

DSCF6219_201407101937196d7.jpg

DSCF6205_201407101937164fa.jpg

実はこの建物は2010年に大館のアート団体「ゼロダテ」の手によって期間限定での復活を果たしているのです。

大館 オナリ座 (御成座) 復活 - ゼロダテ/大館展2010 - &-'s Blog



名画座、いわゆる旧作映画を主体に上映する映画館。全国的にもそういう形態の映画館は減っているらしく、その中で「御成座」はオープンします。昔の御成座の雰囲気は残しつつ、長い間放置されていて使えなくなった部分を改修しての復活。

現在映画上映の主流はデジタルになっているそうなのですが、御成座はフィルムオンリー。フィルムとデジタル両方を導入してのオープンはまだあるらしいのですが、フィルムオンリーで今の時代にオープンするのは大変珍しいそうです。

DSCF6184_201407101837447e6.jpg

建物の中の雰囲気はレトロそのもので、自分の知らない世界がそこには存在します。

DSCF6186.jpg

2010年に開放されたときに行った方は覚えてるかもしれないのですが、床が全面的に張り替えられました。トイレにはタイルが残っておりますが、手が加えられ改修されたとのこと。

元々事務所として御成座跡地を借りて、色々な経緯があって映画館復活という流れになったそうなのですが、かなり状態は酷く使える状態に戻すのは大変だったとのこと。昔の人の話によると、御成座が閉館する間際でも相当な老朽化が進んでいたようで、一度閉館したのはやむを得ないことだったのかもしれませんね。

DSCF6187_20140710183748e1d.jpg

映画館の客席に入るドアはものすごく低い。これが昔の主流の規格だったのかはわかりませんが、身長170cmでは少し屈まないとドアを通れないという面白い光景に。

非常口→出入口に直されています。

DSCF6190.jpg

映画を上映するのは金・土・日。そしてその他の平日はイベント会場として貸出するとのこと。

大館には文化会館の中ホール/大ホールがありますが、それよりも規模が小さく、ステージがあることから小規模での催し物の開催場所としての活用が期待されます。

DSCF6221_20140710191433b12.jpg

DSCF6226.jpg

オープンしてすぐに、バーディーグリーンミュージック主催「大館のど自慢大会」が開催決定。さらに、桂宮治さんという方の落語の独演会も開かれるそうです。

両方とも入場無料になっておりますので、この機会に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

(*のど自慢大会は事前に観覧整理券が必要になります)

DSCF6194.jpg

客席に設置してある時計も実に雰囲気があります。

DSCF6193_20140710192305c62.jpg

DSCF6195.jpg

DSCF6198_20140710192310f99.jpg

DSCF6200.jpg

DSCF6202_201407101925016fc.jpg

今回映画館をオープンするにあたって音響関係を大幅リニューアルしたそうです。
アルテックA-7、A-5を導入しているとのことだったのですが、わからなかったので調べてみました。

アルテックA-7/A-5は、ボイス・オブ・ザ・シアターと名付けられた劇場用に開発されたスピーカー。アメリカ製ユニットとしてJBLと同じくらい人気があったメーカーのようで、このシアター用のスピーカーを今でもオーディオ用として楽しんでいる人がたくさんいるみたいですね。

音響屋さんに設定を頼んだ後とのことでしたが、十分すぎるパワーそしてとても綺麗な音が出ており、ライブなんかで使ってもかなり音が良く出てきそうなユニットだと感じました。レトロな映画館にはとても合うユニットだと思いますし、見た目がカッコイイです。

DSCF6208.jpg

今後二度と入ることの出来なくなる映写室も撮らせていただきました。

DSCF6209.jpg

これで映画を写します。デジタルで上映するところではスペースの関係でフィルムの映写機を撤去してしまう映画館が多くなってきているらしく、将来的にもっと珍しくなるんでしょうね。

DSCF6212_20140710193625841.jpg

映写室から下を見た写真。大きすぎず小さすぎず結構な広さがあります。

DSCF6213_20140710193626cf7.jpg

今回音響のスピーカーと合わせて導入されたというドルビーシステム。
昔の御成座は音が悪いという話が結構聞かれたようなのですが、リニューアル後はかなり期待できそうですよ。

DSCF6216_2014071019362806f.jpg

今の映画館って座った時に足元狭い印象しかないんですが、かなり広めにとってあります。足を伸ばしても大丈夫なくらいあいてるので、すごく楽な姿勢で見ることができそうです。

DSCF6217_201407101937173a2.jpg

当面の上映スケジュールが映画館入り口に貼ってありましたのでこちらにも載せておきます。

7月18日~  「ル・アーブルの靴みがき」 LE HAVRE
8月1日~ 「鉄道員」 IL FERROVIERE
8月22日~ 「フレンチ・カンカン」 JEAN RENOIR
9月5日~ 「真夜中のカーボーイ」 (予定) JOHN SCHLESINGER
9月19日~ 「ひまわり」 VITTORIO DE SICA



夏休み・冬休み期間中に子供向け映画も流すことも考えているそうです。ただし、フィルム化されているものしか流すことが出来ないという話なので、どういうものが流せるかは検討中とのことです。

1952年に開館、一度火事で焼失するもののすぐに新築され、そして2005年に一度閉館。2014年7月にまたこのような形で復活を果たす「御成座」。名画座が2014年にオープンするというのは大館のみならず全国的にも珍しいと思うので、良い形で利用させるといいですね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

ちょくちょく覗いておりましたが
今回の記事はとても嬉しいお知らせ!

弘前市のマリオン無き後
映画館に足を運ぶといえばこども向け、になってましたが
お隣の秋田県、車で1時間もかからない大館市でこのような素敵な映画館が復活とは。嬉しいです。

>> ままろん さん

レトロな建物を少しだけ直して、昔の趣きそのままで再開というのはなかなか珍しいような気がします。

お話を聞いていると色々やりたいことはあるようなので、公式ホームページやツイッターでチェックされると良さそうですね。

ツイッターでもFacebookでも結構な反響がありますので、今の時代にこのような映画館が栄えたら素敵ですね。

コメントの編集

初めましてでもないんですが…(;^ω^)
素敵な記事を書いていただき誠に有難うございます。
週末はお忙しいとのことですが、是非お時間のある時には鑑賞してください♪
大館がもっともっと盛り上がってくれることを願ってます☆

>> 御成座スタッフ さん

今後の展開楽しみにしていますね♪

コメントの編集

はじめまして。弘前在住の者です。とはいえ1年前からで、弘前のこともまだ知らないことがたくさんあります。
映画が好きで青森市へよく行っています。かつて弘前にも映画館があったと聞きましたが、今はその匂いすらありません...
昨日初めて御成座へ行き、映画ではなく平田オリザの演劇を鑑賞しました。
弘前からも近いですしまた何度も伺いたい場所です。

自分で写真に収めることができずざんねんだったのですが、こちらのブログを拝見してとてもステキだなあと思いました!

コメントの編集

>> sae さん

こちらの記事に辿り着いていただいたのが嬉しいです。

地元に古くからあった映画館がこの時代に復活し利用される。映画館だけではなく、古いものが新しい流れで注目されるというのはなんだか嬉しい部分があります。

スポットの浴びにくい部分に焦点をあてて、隠れた魅力を再発見するというのはこのブログのコンセプトの一つとなっていまして、自分の知らない視点をどんどん発見できたら生きていて楽しいのではないかと毎日ワクワクしながら過ごしています。

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ