あなた - 明日、照らす [2013 / ONE BY ONE RECORDS]

あなた

まったく違うんだけど、初めて聞いて思い浮かんだアーティストイメージは、スムルースとback number。なんでなのかは自分でもよくわからない。

CDで聞くとロック系なのにマスタリングがしっかりされてて、ウルサクなく聞けるのは好印象。結構これ系のCDってドラムの迫力出すとかっていってハイハットがガチャガチャしているのが多いのですが、やっぱまとまってるほうがいいね。


僕のコートニー・ラブについて - 明日、照らす

昔好きだった女の子が白ワンピースを着ていて、それがコートニー・ラブのようで、その時僕の履いていたボロボロのジーンズがカート・コバーンに見えた、「もしかして僕等はお似合いなんじゃないか? 」と勝手に思った気持ちを書いた曲(カートとコートニーは夫婦)。人を好きになると眠らなくても平気になるし、むしろそれが楽しくなってくる。 ([ototoy] 特集: 明日、照らす『あなた』 から引用)



イントロからAメロ入るまでの間の開放的なコード進行がいいですねぇ。繰り返しなんだけど気持よく響く。


東京サーモグラフィー - 明日、照らす

「恋愛で一番難しいのは温度差である」と昔読んだ本に書いてあって、そう思う出来事があって、作った曲。どれだけあなたが愛する誰かの為に行動しても、相手にも同じほどの愛がなければ、それは成立しないし、その逆もあり得る。結局、あの日僕には彼女の体温が目で見ても分かるくらい静か冷めていくのが分かりました。 ([ototoy] 特集: 明日、照らす『あなた』 から引用)



Aメロでギターが抜ける音楽作りはいいですね。間は音楽を引き締める。


泡の日々 - 明日、照らす

すごく日本的なメロディーがとってもいいです。グワッと引き込まれるスローチューン。考えられているコードが気持ち良いです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ