MIX - Drivin' 26

最近、ほぼ音楽関係の話題しか話さないTwitterを再開しまして、そこでフォローしたくろーむさんが新曲をリリースしたことで触発されて、久々にMIXを作りました。現場でプレイする機会はかなり減っていますが、相変わらずハウス・ミュージックは好きで楽しんで聞いています。

各曲の視聴はTraxsource等にリンクを貼ってあります。トラックリストは次の通り。



1. Over Reachin - Hapkido

女性ボーカル。インコグニートそのまんま使いネタですね。元々は1981年にThe Jones Girlsがリリースしたアーバンソウルナンバー。MAWのハウスアレンジも90年代にリリースされてますが、この曲のほうが新しい雰囲気感じますね。

2. Sweet Rain - Jazztronik

女性ボーカル。昔なら絶対和製ハウスってMIXに入れなかったけど最近はマルチに対応出来るようになりました。流行りましたねこの曲。

3. Closer (Matt Early Remix) - DJ Jogador

インスト。ベースラインが完全にMatt Early節。前の曲からボーカルをフランジャーで引っ張ってノリをそのまま引っ張りました。

4. Never Said (Richard Earnshaw Remix) - Gary Des Etages

男性ボーカル。昔ながらのRichard Earnshawのソウルフルハウスってこういう雰囲気ですよね。最近はプログレッシブ的なサウンドに切り替わってきていて純粋なソウルフルハウスとは違う路線になってきていると思います。Aメロのギターのさり気ない刻みに、エレピが支えるシンプルサウンド。ピアノやストリングス、ブラスがいい味出していて、こういうのは心地よいですね。

5. Lets Say(Jask's Thai-Soul- Iuric Dub) - Mister O., Sierra

インスト。Vocal Mixがカッコイイんだけど、あえてサックスソロが炸裂するdubバージョンをチョイス。Jaskってやっぱ渋い曲たくさん作ってますね。

6. Hold On Love (Original Mix) - Clothed Music

女性ボーカル。くろーむさんの曲。前の曲からサックスをグイグイ引っ張ってピーク!!!にするつもりが前の曲をTRAKTORのDelayのFEEBボタン (?)で飛ばしたら、なんかスッキリとした繋ぎになってしまいました(笑)

王道ソウルフルハウスって感じですごく良いです。

7. More - Kiko Navarro feat. Omega

女性ボーカル。ずっと自分がもっているこのMIXをオリジナルだと思っていたのですが、Amazon MP3で試聴するとなんかイメージ違うような? ってことでオリジナルかどうかちょっとわかりません。

独特の浮遊感あふれるトラック。前の曲とコード進行はほぼ同じ。

8. Rock With You (Original Mix) - Rocco Careri & Arturo Macchiavelli

女性ボーカル。実に美しいハウスアレンジモノ。間奏部分の間に曲の後半にあったソロを移し、ソロの後に最後のサビがくるように構成変更しました。

9. Sugar (Joey Negro Mix) - Roy Ayers

男性ボーカル。無理やり前の曲にブッコミ。ちょっとKey下げすぎました(笑) 美しいディスコナンバー。

10. Give Me One More (Original) - WhiteNoise

インスト。ギターとディスコループを楽しむ曲です。


MIXをダウンロードする (117MB / 51分26秒)
リンクを開いて左上の矢印からダウンロードできます。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

MIXサイコウです!
ヘビロテしてます~~~~素敵~~から★

>> momo さん

ヘビロテありがとうございます。

コメントの編集

いやあカッコいいミックスですね。
わたし、むかしからファンの&-さんのミックスって年に一度くらいの楽しみで、今回も満喫しちゃいました。
ミックスにはムードのある曲が並んでますけど、&-さんのミックスにはトーンがあって、それってたとえば恋人とドライブしてる時間とか、わすれられない体験を思い出してるときの感触だったりします。

>> らいん さん

嬉しくて涙が出そうです。ありがとうございます。

このMIXはある一定の心地よさを維持したMIXが発見できず、自分が心地よくドライブできなかったことがキッカケに作り始めました。

曲の関連性を考え、前後で共通点を感じさせるようにするのはもちろんの事、その曲の雰囲気を壊さないように不協和音を作らない、もし不協和音になりそうなら無理して繋がない (このMIXでいうTrack3→4)というコンセプトで作っていますので、「恋人との時間」というあっという間に過ぎ去ってしまう無理のない心地よい時間とは似たような部分があるのかもしれません。

クラブのフロアで踊るためにはもっとシンプルな曲のほうが踊りやすいのですが、Drivin'シリーズでは、心地よく時間が流れることを重視して作っていますので、毎回こんな感じになりますね。

コメントの編集

今回もいただきました。ありがとうございます。

適度なビートと、気持ち良いメロディー私は飛行機の中で楽しんでます。
新しいmixも頂いたし次回のフライトが楽しみ。

コメントの編集

>> Hiro @hiroshima さん

いつもありがとうございます。
最近MIX作りしておりませんが、冬には作ろうと思っていますのでその際にはまたよろしくお願いします。

コメントの編集

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ