最高のレトロ感 石六商店 の 自家製あんドーナツ (大館)

DSCF0609.jpg

こちらのお店ある方から聞いて知ったのですが、素晴らしいレトロ感でした。大滝温泉郷にあるのですが、時代が止まり過ぎでニヤニヤ感がハンパないです。

DSCF0606_2014030421101415a.jpg

レトロベンチ。

DSCF0599_20140304210947f7b.jpg

魅力ある配列。

DSCF0601_20140304210951b2a.jpg

選び放題な駄菓子。

DSCF0603.jpg

十和田湖観光が盛んだったと思われる頃のおみやげ品。大滝のあたりは栄えたって話しききますからね。

DSCF0604.jpg

もう勘弁して下さい(笑) この棚の中のカップラーメン欲しくなるに決まってるじゃないですか。スーパーのよりも断然よく見える。

DSCF0605_201403042109529ab.jpg

音楽好きを燃えさせるテープ。値札の貼り方がイイ。

TDKとSONY。ノーマルテープとハイポジ。10分/46分/50分などなどたくさんありますね。
SONY HF-S (ノーマル)は1985年にはもうあったそうで、CDixシリーズは90年代に流行ったシリーズ。TDKのAD1/AD2のADはACOUSTIC DYNAMICの略らしいです。

自分の中学校はMD世代ですし、高校ではMP3普及時期だったもので、テープというのは小学生の時に少し触れた程度ですが、今考えてみるとこのあたり相当ディープな世界っぽいですね。

ダイナミックレンジの広さはメタル>ハイポジション(コバルト被着酸化鉄タイプ。以下同じ)>ノーマルの順であるが、中低域の実用最大出力レベル (MOL) はメタル>高級ノーマルテープ≥ハイポジション、ノイズ特性はハイポジション>メタル>ノーマルの順で優れている。


Wikipediaによるとこんなこと書いてありますが、音楽詳しくなった今でもさっぱりよくわからない。出力レベル気にしなければハイポジが良かったってことなのかな?

脱線したので本文に戻ります。興味がある方は各自調べてみてね。

DSCF0612.jpg

石六商店で売っている自家製あんドーナツは普通のあんと白あんの二種類があって両方とも80円です。小ぶりで食べた感じは至って普通ですが、お店の雰囲気も相まって個人的にはかなりの好印象。素敵です。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ