最近気になったブログ記事 2014/03/03

今日は飛んでくる情報が多くて気になって結構読んでました。

Wata Igarashi―リズム・マシン&DAWを組み合わせたハイブリッドなDJ&ライブ・セット! (RandoM)


機材・配線大好きなのでこういう写真を見るだけでテンションあがりますね。ミキサーに出力をいれてエフェクトのセンド/リターンやEQを用いて音色をコントロールってあたりが実に興味深いセッティングですね。

ネットの音楽オタクが選んだ日本の2010年のアルバムアーカイブの採点方法、参考記事、ノミネート作品一覧
ネットの音楽オタクが選んだ2010年の日本のアルバムアーカイブ ベスト200→151 (pitti blog)


商業的に売れた作品がランキング上位に来てしまう意味のない時代。個人でこういうまとめをされている方がいるのは大変興味深いことです。音楽の世界ってすごく幅広いものだからもっと貪欲に色々な音楽に触れたら楽しい発見がそこにはあると思うんです。

カルナバル (二勝三敗)


写真から伝わる雰囲気。補足される情景。まったく知らない土地なのにすごく気になってしまう。

若さと年を取るということ (マミオン有限株式会社)


『保守的とは、「間違いを予見し、なるべく避ける事」だと思う。新しいことを始めたいけど、なるべくその結果が想像できるものであってほしい。』
こういう面白い考え方を聞くと唸ってしまう。

Gunosy 4.0 に思う情報の偏食 (指揮者だって人間だ)


こんなに狭い大館だってまだまだ何も知らないし、新しく気付くことが多いのです。情報というものは気になることを全て取得するのは絶対に不可能。だからこそGunosyっていうサービスは面白いのです。自分が気になった情報に近いものを勝手に取得してくれるサービス。

この選択された情報もいわばフィルタリングされた情報なわけで、そこからの取捨選択は絶対に必要になるんです。ちなみに自分はGunosyはメールで飛んできたリンクしか見てません。

キン肉真弓 (嫁の弁当作ります)


友達でもなんでもないのに「あーそうそうわかるわかる」と共感してしまう文章をかけてしまう人は本当にスゴイ。確かに飛び抜けたネーミングセンス。

美郷町のラベンダー芳香剤 お披露目(日テレNEWS24)


テレビで取り上げられていて、名前を聞いた瞬間美しいと思ってしまったルームフレグランスの「美郷雪華」。地域の特産品となると比較的簡単に想像つく食べ物にいってしまいがちだけど、こういうアイディアはいいと思った。昔からリネンウォーターに興味があって、このルームフレグランスはそういう風に利用できないのか気になるところ。

誰かの信じる「普通」や「常識」は、他の誰かにとってそうではない (ぐるりみち。)


見る幅が狭いと個人の価値観を常識だと思ってしまいがち。これは過去の自分がそうだったという部分も含めて、主観を省いたときにどう見えるか、また立ち位置を変えるとどう見えるかっていうのを大切にしたいと思う。やりすぎると疲れてしまうのだけど、一点から見るよりは物事がさらに面白く見える。

インターネット白書ARCHIVES


『本サイトにより、日本のインターネットの黎明期からの技術、産業、市場動向、社会との関係などの変化を読み取ることができます。ますます重要性を増しているインターネットの進展と、今後の社会の発展に寄与できればと願います。 [aboutから]』

なんて面白いサイトなんだろう。時間があるときに隅々まで読んでみたいものです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ