ケラケライフ - ケラケラ [2013 / ユニバーサル ミュージック]

B00EL9X35A

スターラブレイションが好きすぎて期待していたのですが、アルバム自体はあんまりパッとしない感じですね。


スターラブレイション - ケラケラ

王道的なJ-POPな感じはいきものがかりを想像させます。わかりやすすぎるメロディーやストリングスの使い方はキャッチーで大好きですね。ソウルフルな音楽も好きなのですが、基本キャッチーなの好きなのでこういうのは良いですね。

ところで、なんでこの曲こんなにマスタリング酷いんでしょうか。CDで音量あげると、とにかくボーカルがうるさく主張して聞くに耐えない音質です。ベースラインはのっぺらして生き生きしてません。いきものがかりの「ありがとう」のイントロのベースも酷かったけども、日本の商業音楽ってもうちょっとマスタリング考えないとほんとダメになりそうです。ちなみに「ありがとう」も曲は好きなんですよ。

聞く層に合わせて年々マスタリングが変わっていっているのかもしれませんが、海外のアーバンソウル系のアーティストのボーカルの分離感を聞いてからだと、音のバランスの悪さには危機感を感じます。マスタリングしている人はアーティスト本人たちじゃないとは思うのでそこは責められませんが......ガッカリです。

これは無料でyoutubeで音楽が"聞ける"ようになった弊害なんでしょうか。でも海外のアーティストだったり日本のインディーズアーティストは別に音のバランスは悪くないんです。音が良くないと"聴けない"よね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ